【寝取られ】彼女が北島康介に似てる男に 【体験実話】

ロンブーの番組で『オレの彼女をナンパしてくれ』みたいな企画ありましたよね?お持ち帰りされるか試すやつ。
あれまだやってんでしょうか。

高校卒業して上京、っつっても実家埼玉なもんで東上線に揺られて南下、数10分てとこですが。一人暮らしをはじめた
おれは某区の映像系専門学校に通ってました。実家からも通える距離ではあんですが、当然大学に進学するもんだと
思ってた両親との関係もぎくしゃくしてたしね。中学高校とずっと内気だったおれには友達と呼べる奴もいなく、
地元に未練はなかったんです。とにかく家を出たかった。誰もおれを知らない場所でなんたらって、まぁよくある話。

高校ん時、部活にも入ってなかったおれの楽しみといえば、ビデオ屋や、たまに池袋まで学校サボって観に行った
いろんな映画。本数観りゃあ、退屈な毎日の何かを埋められると思ってたんだね。とりあえず映画にはそこそこ詳しく
なった。映像関係の仕事に就きたいって夢らしきものもできた。でも何かが足りない。何かがいろいろ足りない。
内向的で、自意識ばっか膨れあがった典型的なモテない高校生だったおれに彼女なんかいるはずもなく、
当然おれは童貞でした。
専門学校に入ってまずおれは性格変える努力をしてみた。つまんねー話にも興味あるふりしたり、人の目を見て

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】大家に寝取られた(完結編ver.1)【体験実話】

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。
私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。でも子供ができず、それが二人の悩みの種でした。
 引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。マンションの持ち主でもあるKさんは50歳代の頭の禿げた、背は高くはないが、がっしりとした体型の人でした。
「東京で生活するのは初めてですか」
「はい、初めてです」
Kさんの質問に私が答えると、
「田舎育ちで何もわかりませんのよ」
と妻も言います。
「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」
そういってKさんは応接間に私達を通してくれました。高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。
「今お茶を入れますから」
どうぞお構いなくという妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れて、お盆に乗せてもってきてくれました。ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。
「奥様はいらっしゃらないのですか」
と妻が聞くと
「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【泣ける】ある女性を助けた男前な姐さんたち 【体験実話】

100:1:2010/09/04(土)16:27:26ID:cU8xbfK30
プチ修羅場?かな。

私子 当時30才 アクセ系のハンクラー 彼氏もちだったけど彼氏は今回関係ない。
A子 当時30才 布系ハンクラー 男前な性格。彼氏なしだったけどそれは今回関係ない。
S男 パフォーマンス集団のリーダー 20代後半くらい。
M美 S男の奥さん 20代前半くらい。

数年前のこと。
アートや手作り系のイベントで、私は昔からの友人でハンクラ仲間のA子と二人で
それぞれ得意なものを持ち寄って売っていた。
二人ともけっこう手の込んだものを持ち寄り、
ほどほどに売れて、買ってくれた人とおしゃべりなんかして楽しい時間を過ごした。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【近親相姦】ほうれん草のキッシュ 【体験実話】

豚切投下。
えーと、わたし女なんだけど、妹の話ならスレチじゃないよね?
あと、時間的にちょい昔の話なんだが。

ありがとう。じゃ投下します。5年前の話。ちょっとフェイクが入ります。
当時わたしは都内の二流私大に通うスイーツ(笑)系女子大生だった。
妹は高3。家計の都合で公立だったけど、勉強はものすごくできた。

129
妹はマジでかわいいぞ。女はわりと誰でもかわいいって言うが、そういうかわいいとは違う。段違いにかわいいよ。
似てる人…というのはちょっと思いつかないゴメン。チャンツィイーと上戸あやと鬼束ちひろを足して3で割って眼鏡をかけてみてくれ。髪は当時セミロング寄りのショート。体型はごくふつう、本人はデブだって気にしてたけど、わたしから見たらせいぜいぽっちゃり(弱)くらい。

続き。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】償い 【体験実話】

「それにしても、すっげえ美人だな」
「足とか細くてめちゃ綺麗じゃなかった?顔も小さかったよね」
「でも、胸も小さくないか?w」
「ばか、それがいいんだよ」
「シャツの張り具合から、乳の無さが分かりすぎて、逆にエロかったよな」

これは僕がとある卸売り会社の営業部に配属された日、同期と交わした会話の一部です。
僕は同族経営のショボイ卸売り会社に入社しました。
会社にも自分の人生にも、何も期待していなかったのですが、
同期の渡辺、庄司と3人で営業第二課に配属され、はじめて自分の席に案内された時、
大きな衝撃を受けました。
部長から僕達の教育担当として、隣の席の女性を紹介されたのです。
その女性こそが、主任として僕達の面倒を見ることになった若葉さんでした。
僕は若葉さんの可憐で凛とした美しさに目を奪われ、すぐに心まで奪われていました。
若葉さんは少し舌足らずの優しい声で一生懸命説明しながら、各部署を案内してくれましたが、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】以前・・・【体験実話】

熟女ってホント最高!
忘れていましたが、最近から熟女を相手にしていたわけではありませんでした。
そう4年前に別れる前に1年半ほど関係を持った女性が居ました。
彼女はKといいます。

Kとは職場で知り合いました。
何でも結婚していたのですが、旦那からは
「子供が20歳になったら離婚して、お互いにその後の人生を好きなように楽しもう。」
と冗談みたいに言われていたそうですが、40歳も過ぎて43か44の時に子供が20歳になったら
ホントに離婚届を突きつけられ、仕事と住処が見つかるまでが同居期限と宣言されたそうです。
しかも猶予は1年。

とにかく旦那は頑として撤回せず、仕方なく仕事を探し家を出て行く決心をしたそうです。

職場に入ってきた時のKはオバサンだけど、物凄いセクシーでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月6日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【修羅場】頭文字D 【体験実話】

156名前:1[sage]投稿日:2011/02/02(水)11:56:010
もうずいぶん昔の話になるけど、
頭文字Dってマンガ知ってる?
内容は山を車で走るって話なんだけど、
主人公の恋人が援助交際してて、
その相手が同級生の父親って設定だったのね。
で、そのマンガと同時進行で、
うちの父親が私の同級生A子と付き合ってた。
知った時は発狂しそうだった。
今もそのマンガは大嫌い。
両親は離婚した。
お正月に同窓会があって
A子が今度結婚するんだ〜だって言ってきた。
お祝いしてね!って。
私が知らないと思ってたらしい。

体験実話集関連タグ

||||

2014年1月3日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【寝取られ】幼なじみの恋人と友人カップルで5 【体験実話】

隆と俺はこたつの中で、お互いに相手に彼女を寝取られるという経験をしたことで、今まで以上に仲良くなっていた。
特に隆は寝取られ性癖が強いので、しきりに俺に由貴ちゃんとセックスするように誘ってくる。
俺としても断る理由はないのだが、涼子とほとんど同棲している状況では、なかなか時間が作れないでいた。

しかし、相変わらず4人では食事をしたりカラオケに行ったりしていた。
由貴ちゃんは、隆に俺との一件を白状させられているので、特にぎこちなくなったりはしていないが、涼子は由貴ちゃんに悪いという気持ちが強いのか、俺に悪いという気持ちなのか、隆がいると妙にぎこちない。
そういう、嘘がつけない感じが涼子のいいところでもあり、見ていてなんか微笑ましい。

そして由貴ちゃんは、薄々と涼子と隆に何かあったと感ずいている気がしたが、今のところ何も言ってこない。
ただ、由貴ちゃんは俺の事をかなり好きになってくれているようで、隙があるとアイコンタクトや手を握ったりしてくる。

そういうスリルは嫌いではないのだが、由貴ちゃんはそのスリルにはまっているように見えてしまう。
今日も隆が歌っているときに、涼子が画面に出ている歌手本人映像に気を取られている隙に、由貴ちゃんも画面を見ながら俺の手を握ってきた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月2日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】男との思い出は、海外への旅費へと消える【体験実話】

357 恋人は名無しさん sage New! 2007/04/15(日) 01:32:43 ID:5NTxMB1v0
ムカーシ話ですが、投下。
【登場人物】年齢は全て当時。
俺(22歳)
Y子(18歳)彼女。
K(18歳)前々彼
T(18歳)前彼
Y子はバイトの後輩。俺はその店の立ち上げからいた最古参だから俺が色々教えているうちに仲良くなる。
そのうち当時の彼(T)との相談とか乗ったりしてるうちに、彼と別れ、告白された。
悪からぬ、どころか好意は持っていたのでお付き合いが始まりますた。
彼女が父親と折り合いが悪いとのことでウチに入り浸り半同棲状態に。
数ヵ月後に家の周りに不審人物がウロウロしだした。彼女に注意するように言うと、
彼女「その人どんな感じ?」
風体を説明したら「あ、それ前々彼・・・」(゜Д゜)ハァ?
問いただしてみると、中学時代から3年ほど付き合っていたが、全てにだらしなさ過ぎるため

体験実話集関連タグ

||||||

2013年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】開発【体験実話】

由紀子です。この掲示板に経過を書き出してから、すごく大胆になっていくような気がして、ちょっと怖いようにも思うし、私自身がすごくエッチだったこと? が解かりました。
 学生の頃は、それほどセックスに興味もなく、ごくたまに自慰をする程度で、今の私の積極的な行動が信じられないくらいです。主人との行為も、子供を作るためと割り切って(?)していたのですが、、、。
 昨日、午前に彼からの電話があり、またホテルへ行きました。
 やっぱりやましい気持ちはあるのですが、すごく逢いたくて、それに、、、誘惑かな?
 セックスに対する好奇心も日ごとに募って、すぐにして欲しいと思うようになっています。
 逢ってすぐに、ホテルへ向かい、そのまま我慢できずに私からキス。
「由紀ちゃん、どうしたの? 今日は?」
「、、、、。」
「いつもと違うね?何かあったの?」
「、、、。なんだかして欲しくって、、、我慢できないの、、、はやく気持ちよくして。」
「じゃあ、今日はシャワー一緒に浴びながらしようか?」
「!、、、うん、じゃあ脱ぐから待って、、、」
「いや、僕が脱がせてあげる」って言いながら、脱がせてもらいました。
 ブラを外しながら、オッパイを少し触りながら乳首を吸われたときは、思わず声が出てしまったほど興奮していました。
 そのまま下のほうへ向かっていき、パンティの上から触られたときには、もうクチュクチュ音がするくらい濡れていて、「パンティが汚れるから、脱がせて。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2013年12月27日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ