【近親相姦】従姉妹の美奈さんに悪戯手コキされたw【体験実話】

>サイト:経験談26〜42回投稿分よりコピー

高校の夏休みに東北の親戚の家に泊まりに行った。
夜遅く母親と二人で駅からタクシーに乗って行った。

玄関で親戚のおばさんと、いとこの美奈さんが向かえてくれた。
美奈さんは女子大生で高一の俺より4歳年上でなんといっても
とっても可愛いかった。

実は彼女目当てで母親についてきた。

彼女がいなければせっかくの夏休みに母親と
こんな田舎に来ることはなかった。

家にあがると、お茶を出されて、世間話になった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】真・抱き枕【体験実話】

俺の名は、新井武(仮名)。
俺には、妹がいて名前はりな(仮名・女優の逢沢りなに似ているのでりなにします。)といいます。
そして、今から、俺とりなの昔話に少し、付き合ってもらいたい。

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、
興味を持った俺とりなはとても欲しがったんだ。
でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い
交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。
最初は妹が「抱き枕役」で、俺がりなに抱きついて寝てみた。
当時りなは中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。
日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、
どうこうしようとは考えてなかった。
りなの隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。
確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。
目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス 【体験実話】

俺は浮かれていたんだと思う。

中学高校と暗い青春時代を過ごしてきた俺は、大学入学前に心に決めていたんだ。これからの大学生活は絶対に楽しく充実したものにするんだと。

地元から離れてわざわざ遠くの大学を選んだのは、全てを1からスタートさせたかったから。

初めて住む街、初めての1人暮らし、ここには過去の俺を知っている人間はいない。全てが新しい。

過去を脱ぎ去って、生まれ変わりたかったんだ。

大学に入学して、俺は自ら周囲にいる人達に積極的に話し掛けた。

明るく振る舞って、早く大学の雰囲気に馴染もうとできる限りの努力をした。(出しゃばり過ぎて大学デビューだと思われないように、その辺りはコントロールしながら)

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【体験実話】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月16日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った 【体験実話】

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。
なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。

僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。
一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。

僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。

僕は身長175cm、体重60kgと痩せ型で、顔もごくごく普通だ。
そんな僕に対して、真美は本当に可愛いと思う。最近消えてしまったが、グラドルの山真美に似ていると思う。

どうして僕なんかを好きになってくれたのか、未だに謎だ。僕といると安心すると言ってくれるので、ありがたいことだと思ってる。

ただ、一つ心配事がある。真美がまだ大学生活を送っているということだ。ゼミの飲み会、サークルの飲み会、心配の種は尽きない。でも、真美は見た目のエロさとは違い、すごく恥ずかしがりで、貞操観念もしっかりしていると思う。そこは、信じるしかないと思っている。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】狙われた妻 【体験実話】

僕の妻は独身時代に少しモデルをしていた事もあって、美人で子供を二人産んだ今も出産前と同じ体型です。
僕たちが今住んでいるマンションに、同じ職場の同期も引っ越してきたんですが会うたびに「お前んとこの奥さん綺麗だよな〜」「うちのとは偉い違いだよ」と言われ、飲んだ時には「○○ちゃん(妻)とパンパンしてぇ〜」と言われ、素面に戻ったあと「悪かった」と言われました。
他にも既婚者とは思えない言動ばかりです。
僕は医療関係の仕事をしているのですが、僕が仕事で同期が休みだと、同期は家にくるみたいです。
妻は気持ち悪がってます。
同期に何度注意しても聞きません。
同期に「奥さんに言うよ」と言ったら「いいよ。あんな女いらないし。金ならいくらでもあるから慰謝料だって1000万でも2000万でも払って別れるよ」と言われました。
でも言っていいものか未だに悩んでいます。
意見下さい。

体験実話集関連タグ



2015年1月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた 【体験実話】

嫁の優香とは、結婚してもう17年も経つ。まだ20歳だった優香を妊娠させてしまった私が、責任を取って結婚した形だった。

優香は、大きな総合病院のナースだった。当時30歳の私は、その2年前に独立起業して、自分でも驚くほど順調に業績を伸ばしていた。そんな中、趣味のフリークライミングで指を酷く脱臼してしまい、治療に行った先の病院にいたのが、優香だった。

まだ見習いみたいな感じだった優香は、あまり上手とは言えない手際で、私に包帯を巻いてくれたものだった。
思っていた以上に重傷だった私は、結局半年以上も病院に通い、優香とはすごく親しくなった。
頼りなかった優香が、どんどんしっかりしていき、ナースとして成長していくのを見て、若干親心みたいなものを感じていた。

優香は、おっとりした顔をしていて、優しそうなイメージだ。でも、色々と話していると、芯が通った負けず嫌いの頑張り屋さんだった。
優しそうな雰囲気で、ルックスもかなり可愛く、おまけにけっこう胸も大きかったので、ちょくちょく他の患者さんにセクハラめいたことをされたりもしていたみたいだけど、けっこう強烈に反撃したり説教したりして、病院でも怖いナースとして有名になってきていたようだった。

でも、普通に接している分には、本当にいい子で、私は多少下心を持ちながら、食事に誘ったりするようになった。

最初は、
『高橋さんは、そういうキャラじゃないですよ! セクハラしたら、私怖いからw』

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された2 【体験実話】

図書館で、大学のレポートを書いている僕。友達も少ない僕は、いつも一人で寂しくそれをしていた。
でも、ふと顔を上げると、同じようにレポートを書き続けるさとみさんがいる。
相変わらず、オシャレとは縁遠い眼鏡に、毛玉の浮いたセーターを着たさとみさん。そんな野暮ったいさとみさんだけど、生まれて初めて僕に出来た彼女だ。僕はレポートを書く手が止まり、ついつい見とれてしまう。

こんな風に、図書館に行ったり、公園で散歩をしたり、映画館に行ったりするくらいの、本当に地味なデートばかりだが、僕は幸せだった。

すると、さとみさんも顔を上げた。そして、見つめていた僕の視線に気がつき、少し驚いた顔をしたあと、ニコッと微笑んでくれた。
『サボっちゃ、ダメだよ』
さとみさんは、少しはにかむように言う。そんな仕草が本当に、可愛いと思う。

僕は、慌ててレポートを書き始める。でも、レポートを書いていても、さとみさんのことばかり考えてしまう。
公園を歩いているときに、恥ずかしそうに手を繋いでくるさとみさん。緊張で、すぐに手のひらが汗でベタベタになるさとみさん。
そんなことばかり考えてしまう。

そして、ふと顔を上げると、さとみさんは僕を見つめていた。目が合うと、慌ててレポートを書き始めようとするさとみさんに、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】まさか、姉が…(2)【体験実話】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。
家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。
なので気持ちはけっこう余裕がある。
姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、
のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。
そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。
見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。
それが何の話か解ったのは、
祖母の入院から2週間経った頃。
祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、
退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。
単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。
ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。
なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。
そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】IQ低い奴にはIQ高い者を理解することはできない 【体験実話】

◆IQ192の米国人男性、養生のため1日に38種の薬剤を服用

アメリカ人男性リック・ロズナー(54)さんはIQ192で、
世界で2番目に頭の良い人だと言われる。

英紙「デイリー・メール」の取材を受けた際、健康な体と頭の良さを維持するために、
毎日38種の薬を服用していると語った。

IQが高いが、失業中のリックさんは毎日大量に薬を飲み、本を書いたり、
体を鍛えるために5回体育館に行ったりしている。

常用薬の中でカフェインやアスピリンのほかに、脳のゴミを取り除く効果のある実験薬も
含まれている。

リックさんによると、毎日たくさんの薬を服用しているが、本当に効き目があるのは

体験実話集関連タグ

||

2014年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

このページの先頭へ