【近親相姦】裏切り・妹凌辱遍【体験実話】

妹は俺を嫌っていた。
おそらく、事情を知っているのだろう。
学校で会っても無視するし、声をかけても睨んでくる。
そんな奴に情けをかけるわけがない。
俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。
まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。
妹は可愛かったからかなり売れた。
そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。面白いほどうまく進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。
そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるのでそれを盗撮してまた売った。
その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。
まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)
それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。
集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。
俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。
こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】俺と従姉妹と友達と【体験実話】

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「○ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。
俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」
母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」
当初は本当にお守なんか面倒だった。

当日、新宿駅まで迎えに行く。
人ごみの中、○○を探していると
「☆兄!」

日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、○○だった。
○○と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは○○がまだ小学生のときだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹と友達が遊びに来た【体験実話】

登場人物(仮名)
俺 : 哲也 福井県出身 都内大学に通う二十歳 
愛子: 哲也の従妹 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 陸上部
香 : 愛子の友人 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 テニス部
昌也: 俺の弟 愛子の従兄 高2
浩司: 愛子の弟 俺の従弟 小6

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「愛ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって
言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】彼女が旅先で味わった超肉食絶倫4Pセックス(続) 【体験実話】

前回↓

翌日、南国の空は見事に晴れ渡っていた。

まさに海水浴日和。

「ねぇ直樹、本当に大丈夫なの?」

「大丈夫大丈夫!もう熱も下がったし、太陽の光浴びてさ、海で遊んでれば風邪の事なんか忘れちゃうよ。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】従姉妹の姉ちゃんと【体験実話】

<>62名前:従姉のあれをみて投稿日:04/07/1503:50ID:8c3pm7ly<>
何年か前の話です。俺は夏休みと冬休みは、ど田舎の母の実家で過ごすのが習慣でした。
祖父母はもう亡くなっていて、伯父、伯母と従姉のM姉ちゃんがその田舎でいつも俺を迎えてくれました。
M姉ちゃんはいつも髪を肩ぐらいで切りそろえていて、ちょっと切れ長な感じの目の、きれいな(俺にとっては)人です。
怒るとめちゃくちゃ怖く見えるけど、小さい頃から俺のことをかわいがってくれて、俺は大好きでした。
M姉ちゃんが高1で俺が中1の夏でした。それまでは毎年、お盆の何日か前に両親と一緒に伯父さんの家に行って、お盆が終わると父が帰り、俺と母はさらに一週間後くらいに帰っていました。
しかしその夏は中学生になったということもあり、俺は夏休みが始まるとすぐに一人で伯父さんの家に行きました。
田舎のほうの友達といつもより遊べるのが楽しみでしたし、何よりM姉ちゃんに早くあいたいと思っていました。

<>63名前:従姉のあれをみて投稿日:04/07/1503:52ID:8c3pm7ly<>
最寄の駅(それでも伯父さんの家から車で40分はかかる)で、伯父さんと一緒に迎えに来てくれていたM姉ちゃんが
「Yちゃんよく来たね。待ってたよ〜」と笑いながら言ってくれたとき、俺はなんとも言えず嬉しく感じました。
M姉ちゃんは白のTシャツとキュロット姿で、相変わらず細い体でした。でもTシャツの張りを見ると、冬休みにあったときに比べて胸がちょっと出てるような気がして、俺はドキッとしてしまいました。
伯父さんの家は農家だったので、俺は毎日午前中は伯父さんを手伝って、午後に田舎の友達と遊んだり、M姉ちゃんと一緒に学校の開放プールに行ったりしました。
いつも晩ごはんの前にM姉ちゃんと飼い犬のペスの散歩にいって、近くの田んぼ道とかを歩きながらいろんな話をしたのですが、その時間が俺は一番好きでした。

体験実話集関連タグ

|||||

2015年2月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉の娘【体験実話】

去年の夏、従姉の娘が東京見学にウチに泊まりにきた。昔から良く懐いてたルカ。
TDLや遊園地、プールなど色々と疲れたけど見返りもあった。
夜は一緒に風呂です。昔から一緒に入ってたんだけど勃起したチンチン弄らせ
たりルカのマンを悪戯したりして遊びながら入浴してたんだけど、ルカも
JS6なので期待はしてなかったけどルカも楽しみにしてたみたい。
「あのね、クラスのマリちゃんがエッチしたんだって」
と勃起君を触りながら言い出した。
「こんな大きいの良く入るよねー」と言ってました。
「ルカも入れてみるか?」と驚いてましたが嫌がった様子はありません。
「まだJS6だよ~」『友達もエッチしたんだろ?』「痛いんでしょ?」
『最初はね』「んーどしようかな?」『俺とは嫌?』「ううん」
『ルカも入れようと思ってた?』エヘヘとルカも期待してたようです。
「でも、こんなデカイって思わなかった」『毎年みてるじゃん』
「うん、でもクラスの男子のは小さかったから」と恐ろしい事をあっさりと
言い出しました。聞けば大人しい男の子のを友達達と一緒に裸にしたそうです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】小1の女の子とハードないたずら【体験実話】

ヤッてはないからスレ違いなんだが長文置いていきます 

随分昔だが、俺が小5〜6くらいの話
夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった
外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなった
タメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった

家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた
二人とも良い子でよく懐いてくれ、居心地よくて楽しかった

夜、3兄弟と俺は同じ部屋で寝ることになった
Aちゃんが「○○くん(←俺)と一緒に寝るー!」と布団に入ってきた
Aちゃんの母親は「ほんとに○○君の事好きなのね〜^^」と笑っていた

4人でしばし談笑の後、消灯

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】未亡人になった妹【体験実話】

<>538名前:512[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:21:47.67ID:WTXWPqm/0[1/15]<>
とりあえず書いただけ。
誰かの影響をだいぶ受けているんでどこかで聞いた事があるような文になっているのは
許して。あと大分脚色付きで書いてみた。面白くなかったらスイマセン。

<>539名前:未亡人になった妹[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:23:51.46ID:WTXWPqm/0[2/15]<>
うちの妹は私の事を昔からずっとお兄ちゃんと呼んでくれています。
妹とは高校、大学時代と男友達のようにスポーツ観戦や食事に出かける事が多かったと記憶しています。

去年の夏、妹の旦那が事故であっさりと亡くなってしまいました。
四十九日が過ぎて形見分けって大げさなものではないけれど遺品を親しかった人間や親きょうだいなどで分けると
いう事で私達夫妻は妹のマンションに行きました。私は亡くなった方の服や時計とかは何となくイヤだったので電化
製品なんかが良いななんて思っていました。

近いだけあって来るの早いw。お兄ちゃんたちが一番最初、どれでも好きな物持っていってイイよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】祐子【体験実話】

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。
祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小学生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、
たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。
俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。
「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」なんて半泣きになりながら俺のうしろにかくれたりすることもあって、
性的な対象として見ることこそなかったものの、俺はなんだかんだいって祐子のことを気に入っていた。

俺らはほんとの兄妹じゃないかと思うぐらい仲がよくて、
お互いの家に連泊したり、一緒に旅行行ったりすることなんて多々あったぐらいだ。
そして、3人とも同じ高校に進学。
ってわけで、俺と正樹は高校3年生、祐子は1年生。

祐子は活発で友達付き合いも良く、クラスでも部活でもひときわ目立ってた。
胸はDぐらいあるし、顔も可愛くて、男からもわりとモテていたみたいだ。
そして、俺が祐子を「女」として意識してしまう出来事が起こった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】おねいさんが・・・【体験実話】

小学生3年生くらいの時、家族や親戚で旅行に行ったことがあった。
泊まった旅館は、季節のせいか、ほとんど貸しきり状態で、オレ以外関係者はいないようなものだった。
大人達が朝から食事会をしている時、オレと親戚のおねいさん(当時18#12316;20くらい)、と
親戚の知り合いの人の子供(小1くらい)で、温泉に入りに行くことになった。
そこの旅館の温泉は2つあって、片方は露天風呂で、もう片方は、室内の温水プールみたいな温泉だった。
遊ぶのが目的だったので、オレ達は温水プールの方に行った。オレと男の子は裸だったけど、おねいさんは水着を着ていた。
行ってみると中には誰もいなくて、オレ達3人の貸し切り状態だった。
しばらく遊んでると、お互いの体をくすぐり合う遊びになって、おねいさんと一緒に、男の子の体をくすぐっていたら、
気持ち良かったのか、その子のちんぽが完全に勃起状態になった。それを見たオレが、そのことを言うと、
おねいさんがなぜ大きくなるのか知ってるかとオレ達に聞いてきた。
オレ達が知らないと答えると、気持ちがいいと大きくなることを教えてくれた。そして実際にやってみることになった。
おねいさんが仰向けに寝て、オレとその子がおねいさんの太ももの上にまたがり、ちんぽをこすり付けた。
するとちんぽが気持ちいい変な感覚で、大きくなった。
夢中でこすり付けていると、おねいさんがもっと気持ちいいことをしてくれると言い出した。
ただしゲームをして勝った方だけ、と言う条件だった。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年12月22日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ