【近親相姦】妹とダンジョン攻略2【体験実話】

の続き

特定されるのも困るので妄想と思ってくれ。

のぼせてきたのだろうか…
ドクンドクンと自分の血流を感じるようになった。
(そろのろ出ないと湯あたりしそうだな・・・)
湯船に浸かりながらボーッと妹が髪を洗うのを見ていた。
俺「おーい、俺そろそろ出るわ。」
妹は俺に背を向けており、振り返らず答えた。
妹「え、もうちょっと居てよ。」
俺「ダメ、そろそろ出ないと湯あたりしそう。」
妹「え〜、ちょっと待って!」
手早く泡を流し、タオルを頭に巻いた。
妹「じゃ、出よっか。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】淫乱妹ゆり【体験実話】

俺は、大学生で高校1年で16歳の妹がいる。妹は、名前をゆりといって、顔は可愛く、胸はEカップの巨乳でスタイルも良く、性格もよく、何の問題もない可愛い妹だ。ま、やはり年頃ということもあり、性に興味がるらしい。そんな妹と一線を越えてしまったのは先月のこと。俺は、時々、オナニーのときおかずでゆりの使用済みのパンツを使って、パンツをチンポに巻きつけてオナニーするのだが、今回「ゆり、ゆり」と妹の名前を呼びながらオナニーしていたら、妹に見つかってしまった。一瞬、ああもう終わりだと思ってしまったのだが。妹は「私、お兄ちゃんのこと男として好きだったの。うれしい!!」といい、抱きついてきた。そして、次の瞬間、俺の勃起したチンポしゃぶってきたのだ。とにかく、俺はびっくり!!でも、すぐにいってしまった。それから後は、俺の部屋のベッドで、やり放題。女子高生の若い体をむさぼりまくった。Eカップのおっぱいをなめ、ぐしょぐしょのオマンコをなめ、ぬれてきたらつき放題。俺は童貞、妹は処女だったので、すっかりエッチの気持ちよさに目覚めてしまい、それ以来、親のいないところではやり放題だ。ただ、最近ゆりがエロくなりすぎて困っている。複数プレイがしたいだとか、輪姦されたいだとか、野外でやりたいだとか、見られながらやりたいだとか、公衆便所女って呼ばれてずっと一生エッチばっかりしてたいだとか困っている。一度、俺の友達4人と5Pをしたんだが、その際もぜんぜん緊張することなく2本チンポをしゃぶり、一本前に、もう一本は後ろに入れてもらってアンアンあえいで、一晩中エッチして、んで複数プレイが大好きになったみたい。あと、AVとかにあるようなコスプレも好きで、よく制服とかブルマとかスク水とかでもエッチしてくれる。本当にエロくてエッチ大好きの最高の妹で俺はなんやかんやいって大好きだ。あー、明日もいっぱいいかせてやるからな、ゆり!!

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】TVゲームに魅せられて【体験実話】

TVゲームに魅せられて

「やったあ! 第二ステージ・クリア!」
 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」
 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、
得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」
 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。
「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く
遊びに来てたのに」
 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔には
まだ幼さの成分の方が色濃かった。
「ちゃっかりしてるな、洋子は」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年1月28日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】大陰唇の膨らみに欲情して【体験実話】

妹が陸上部に入部していて、脚と腰が痛いとのことでマッサージをしてくれと、俺の部屋に入ってきた。
ふと下心がわき、了解した。
妹は着替えてくるといって部屋を出て、しばらくするとユニホーム姿で現れた。
ユニホームは、セパレートタイプで黒いブルマを穿いていた。
妹をうつぶせにして、脚から揉んでマッサージをしていった。
そして、後背位の体位にさせて、尻を突き出すように言った。
俺は急いでズボンと下着を脱ぎ、フル勃起したペニスを手でそえて、
妹の股間のブルマ越しに膨らんだ大陰唇を亀頭でついた。
そして膣口付近にあてがい、ブルマごと一気に突き上げた。
両手は妹のくびれた腰を鷲掴みにし、膣奥深くに差し込んだ。
亀頭が全部入ったところで、しばらく余韻にひたり、
全部挿入したくなったので、ブルマを脱がし、
亀頭を割れ目にそってなぞり、我慢汁を塗りたくった。
膣口に亀頭をあてがい、挿入した。
今度は両手は乳房を鷲掴みにし、突きまくった。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ブルマ越しの大陰唇のその後【体験実話】

俺は乳首を母乳が出るかと思うくらい吸いながら、膣奥深くに射精した。
頭に中は、孕ますことでいっぱい。一滴にこらず精子が妹の膣内に入り、
精子が卵子に向かって無事受精しているのを思い浮かべた。
ペニスを妹の膣から抜くさいも、精子が垂れ流れないように膣口を天井にむけて抜いた。
とにかく一滴も膣外に出したくなかった。
俺の体液を膣で吸い取ってほしかった。
逆に俺のペニスに付着した妹の愛液を体内に吸収したく、鈴口に塗りたくった。

その後は・・・・の続き

妊娠することに期待したが、生理が来てしまった。
俺は再び妹に種付けをするべく、行動を開始した。
家で種付けするのはリスクが大きいので、
郊外のラブホテルへ行った。
妹には当然、陸上部のユニホームを持ってこさせた。

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【体験実話】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」
姉はあきれ返った様に俺に言う。
「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」
俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。
このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。
姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。
その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。
同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。
そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。
「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?
 早く、次の問題っ!」
「わ、わかったよ…」
と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。
「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、
 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】大好きな洋平お兄ちゃん【体験実話】

私は、今高1の女の子です。私には大好きな恋人がいます。それは、3つ離れた洋平お兄ちゃんです。恋人同士になってから3ヶ月ぐらいですが、今ではバンバンエッチしてます。家は、親が共働きなので夜遅くまで帰ってこないので、やり放題です。今も私のオマンコには、お兄ちゃんの大きなチンポがささっています。お兄ちゃんは、私のFカップのおっぱいが大好きで、いつもいっぱい攻めてくれます。お礼に私はお兄ちゃんのチンポをいつも攻めてあげます。すると、お兄ちゃんは「あーゆみ、気持ちいいよ。」といって喜んでくれます。お兄ちゃんは、パイズリも大好きです。お互い、処女と童貞だったので今はエッチの気持ちよさに夢中になってます。今日は、土曜日で学校が休みだったので、朝からいっぱいエッチしちゃいました。まず、寝てるおにいちゃんのチンポをフェラで起こしてあげて、それからおにいちゃんが私のオマンコをいっぱいペロペロなめてくれました。あとおっぱいをいっぱい攻めてくれました。それだけで、私のおまんこはびしょびしょに濡れてしまったので、「お兄ちゃん、チンポちょうだい、もう我慢できないよ」といったら、「ゆりはエッチだなぁ、今そんなにエッチなら将来どうなるかわからないなぁ。本当に淫乱だな。」といいつつ、チンポを入れてくれました。もうそれだけで一回いっちゃいました。それから、バンバンチンポをお兄ちゃんがついて、中だしして熱い精子をいっぱいくれました。気持ちいいので最近は避妊もしてません。あと、お兄ちゃんは少し変態さんなので、コスプレも大好きなんです。看護婦さんで患者さんと医者の病院プレイとか、ブルマとか制服で学校プレイとかいっぱいしました。あと、夜には二人で公園で露出プレイもしました。すごく、スリルがあって興奮しました。これからもいっぱいエッチしたいです。私は、お兄ちゃんのチンポが大好きな変態さんだから、いっぱいいっぱいお兄ちゃんのチンポが欲しいです。あと、お兄ちゃんには寝取られ願望があるみたいなので、今度お兄ちゃんの友達4人とお兄ちゃんの前で複数プレイをすることになりました。チンポ4本も味わえるなんて、今からかなり興奮してます。楽しみです。また、終わったら報告しますね。洋平お兄ちゃん、大好き!!!!!

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年11月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お姉ちゃんのブルマーをもう一度【体験実話】

俺にはブルマーフェチ&姉萌えの性癖がある。
実は姉のブルマーを隠し持っていた。
姉が中学生時代のものだ。
姉は今はもう19歳の大学生だ。
俺は今でも、姉のブルマー姿を思い出して
そして姉のブルマーを穿いて、オナニーをしているのだ。
その日も、オナニーをしようと思ってタンスからブルマーを取り出し
ズボンを脱ごうとした、まさにその時だった。
姉がノックもなしに部屋に入って来たのだ!
俺が手にしていたブルマーが見つかってしまった。
「ちょっとォ、○○、何?それェ?」
「な、何でもないよっ」
慌てて隠したが間に合わなかった。
「ヤダッ、それってブルマーじゃないッ。
どうしたのよ!○○、そんなもの。よく見せなさい」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹アコ【体験実話】

あれは僕が中1で、妹が小5の頃からでした。
両親は共働きで、必然兄妹で過ごす時間が多かったのです。
2人でいる時間が多いせいか結構仲のいい兄妹でした。
中学に進学し、だんだんとHなことに興味を持ち始めていた僕。
それに合わせるように体が発育していく妹、アコ。
自然、興味がどんどんとわいてきていました。
実際、小5くらいになると胸もふくらみはじめ、お尻やふとももの質感なども、子供から脱却してきはじめる時期です。
アコはそのころは少しぽっちゃりした体型でしたので、よけいむっちり感がありまた。
顔は普通でしたが、笑うとすごくかわいい女の子です。
ただ、当時は「SEXしたい」なんて考えは毛頭もなく(ていうよりそういった知識がまだなく)「おっぱいさわりたい」や「お尻きもちいいだろーなー」といったまだかわいげのある妄想でした。
だから、両親がいない学校から帰ってきてから夕方までが僕の「いたずらタイム」でした。
手口としては、アコがなにかまずい事(宿題やってないとか親に言われた事をやってないetc)があると、アコの部屋に行き「お母さんに言うぞ!」と言って脅します。
(脅すというほどじゃあないけど・・)
相手は小学生、「お願い、内緒にしてて!」となります。
内心、ニヤリとして「じゃあおっぱいさわらせろ!」最初は「え〜、やだ〜!!!」と大きな声で反抗しました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年11月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】過去話【体験実話】

昔の話ですが、妹が小6から高1まで、ほぼ毎日夜這いしてました。
そっとキスから始まり、次第にスポブラずらし乳首触ったり舐めたり、股開か
せ、パンツの横から○んコに指入れたりしていました。
小6で中指が根元まで入れられました。爆睡タイプで全然起きなかったです。
でも眠りが浅い時は、パジャマのボタンを外す途中やズボンのゴムに指を掛け
た位、または布団をめくっただけでも寝息のリズムが変わるんです。
そんな日は諦めて脱衣場で妹の脱ぎたてパンティの満カスを舐めるか亀裏に塗り
付け、シコシコ。
その頃から妹のパンティとブルマはいて寝、朝返すようになりました。穿いて寝
るとよく夢精してました。

初めて挿入したのは妹が中二の夏。部活の遠征の疲れからか乳首吸ってもびく
ともせず、簡単にパnツ下ろせられました。
足を開かせ満舐め、指も入れた後、震えながらチムポねじ込みました。しかし童
貞の限界、亀頭だけハマったとこでドクドク発射。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年11月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ