【近親相姦】変態ロング動画なら完全無料で見える【体験実話】

変態なロング動画なら完全無料で安全に見えるんです!

ダウンロードも可能なので、何度でも見えますよ。

簡単な方法なので、良かったら見てください。

ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。
どんな趣味も見つかると思います♪

女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/
ハメ撮り/痴女/熟女/クンニ/近親相姦/妊婦・母乳/若妻/
手コキ/CFNM/センズリ/脚・足コキ/足裏/パンスト/ブーツ/
フェラ/潮吹き/オナニー/相互オナニー/立ちオナニー/淫語/
こすりつけ/乳首・おっぱい/巨乳/中出し/ニューハーフ/ナンパ/
尻コキ/ブルマ/レズ/しみパン/SM/スカトロ/M男・金蹴り/

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従妹へのいたづら 4【体験実話】

親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。
昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、
しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。
夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。
少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。
すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、
ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。
夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。
ボーッとしながら3本くらい吸って、もう戻ろうかと玄関へ向き直ると、
ちょうど玄関から出てきたE美と鉢合わせた。窓から俺が外に出るのが見えたので、
ちょっと話がしたくて出てきたという。なんだか昨日のこともあってドギマギしたが、
「まぁちょっとあのへんに座って話そうか」と叔父の作業場へ通ずる階段に座るよう促した。
E美の格好は昨晩と同じでタンクトップに短パンで、
上から部活のものらしい薄手のジャンパーを羽織っていた。
夜明かりに白い脚が眩しく、タンクトップの襟元からのぞく胸元も色っぽい。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉の妹に…【体験実話】

Aには、妹(仮にBとする)がいる。つまり、Bも僕のいとこ。年が13だったと思う。ちょっとした膨らみが胸にある程度。
Aとやった翌日にAと共にリビングに降りていった時(その日はまだやっていない)、親は誰もおらず、Bが炬燵で仰向けで寝ていた。するとAが何を思ったかいきなり、僕に「Bってどう思う?」と聞いてきた。「可愛いし、好き」と言うと、「じゃ、おとついと昨日にした事、やってみない?」と言った。僕が「えっ!?」とかえして、「でも寝てるよ」と言うと、「寝ててもいいから」と言うので、「やる」と言った。すると、Aが出て行こうとするので「するんじゃないん?」と聞くと、「1人でやってみ」と言った。「無理だよ」と言うと「大丈夫」と丸め込まれて1人ですることになった。
まず、Bにキスをした。まだ起きない。次に胸をセーター越しに触ったが、反応なし。反応がないので、服を脱がし、上半身裸にして胸を揉むと反応した。起きたかと思い、手を離し、顔を見たが起きない。パンツも脱がせ、全裸にした。脱がしただけで一旦離れ、僕も全裸になった。そして、Bの体を起こし、口をこじ開け、チンチンを入れた。チンチンを入れると頭を持ち、出し入れををしていると、あれを口の中に出したが、溢れて顔全体に掛かった。その瞬間、Bが「ゴホ、ゴホ」と咳き込み、おきた。Bに「何してるん?」と聞かたが、答えずに乳首を舐めると、「い、いや、やめてー」と叫んだ。(今になってはその叫んでいるのもいいんだが)当時はうるさくて、手を伸ばし、口を塞ぎ、舐め続けた。ここで初めてイッタ。やがて、叫ばなくなった。そこで僕は口を塞いでいた手を離し、同時に舐めるのも止め、その代わりにキスをし、舌を入れ、手でアソコを舐めた。舐めた瞬「ん、ん、ん」と声になり、イッタ。そして、口を離し、喋れるようにしたが、大人しく、涙目で「も、もう、やめて」というが、関係ない。無視してアソコの入り口を探し当て、チンチンを入れた。入れた瞬間イッタ。僕も出した。そのまま、突いていくと何かに当たった。そこから無理やり突くと、Bが「ひぎっ」と言った。そこでも出してしまった。出して引き抜くと、どろどろの見慣れたものと赤いものが出てきた。よく見ると血だった。が、構わず、Bを四つんばいにさせ、入れた。その時、何を思ったのか、教えられてもないのに、入れたままBの体を引き寄せ、首を舐めた。その時、肘が当たり、繋がったまま後ろに倒れた。結果的に尻餅をついた。手をアソコに回した。ずっと「い、い、か、げ、ん、や、め、て」ていっていた。繋がったままで、アソコには左手、右手で顎を持ち、口を口で塞いだ。塞いだ後、右手は胸をもんだ。ひとしきり済んだ。後でチンチンを口で掃除させ終わった。途中でBを拭かなかったから、体中どろどろでした。
疑問にのこるのは、あの血。Aに聞くと「たぶん処女膜」と言う事だった。つまり、誰ともやっていないらしい。
誰にもこの事は言わなかったらしい。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった 【体験実話】

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。
こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。

嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。
そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。
こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。
きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉「さ、寒い……」【体験実話】

姉「暖めて」
弟「え?」
姉「うー、ぬくい」ギュッ
弟「ちょ、止めろよ姉ちゃん」
姉「やだ。春になるまでこうしてる」
弟「止ーめーろー」

姉「はぁ、落ち着く」
弟「止めろって。寒いなら服着込め」
姉「人肌の温もりが欲しいの」
弟「彼氏に頼め」
姉「彼氏いないもん、弟だけが頼りだもん」
弟「あぁ、分かったよ勝手にしてくれ」
姉「サンキュ」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】復讐だったのか?【体験実話】

〈母子物・レイプあり・閲覧注意〉

その日、仕事を終えて帰宅すると、家の灯りが消えていた。

「…ったく、玄関の照明くらいつけとけよ」

普段と何となく違う雰囲気を感じながら、靴を脱ごうと身を屈めた瞬間、
頭にゴツンと強い衝撃を覚えた。殴られた部位を押さえる前に、
強い力が首根っこをつかむと、うつ伏せにして顔を床に押し付けてくる。

「うぐぐっ…」

何が起きたか理解できず、呻き声を漏らすしかなかった。
誰かが背中に座り、今度は俺の体を反らすように顔を引っ張り上げる。苦しい。
無理やり猿ぐつわを噛まされ、その上から何重にも粘着テープが巻かれる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉とお風呂で【体験実話】

僕が小4の時の事で僕には高2のお姉ちゃんがいてすごく優しくて大好きなお姉ちゃんでした。
ある日両親が町内会で1泊2日の旅行になったと聞き僕たちに「2人で大丈夫かな」と聞いてきて姉は「うん大丈夫だよね」と僕に聞いてきて「うんお姉ちゃんがいるからいけるよ」と会話が続きました。
当日両親を送り出してから姉と二人きりで過ごした。アッという間に夕方になりご飯も食べ姉に「お姉ちゃん先にお風呂入るよ」
姉は台所で洗い物しながら「一緒に入ろうよ」と言ってきたので「えっ」と思ったが姉はどうやら本気だったようで僕は
「じゃあ先に入っとくから」と言い一緒に脱ぐのが恥ずかしく先に行って下にタオルを巻き入っていると姉が来た。
「入るよ」姉が入ってきた姿を見て目を疑った。
なんと全裸でタオルも巻かず僕は目を逸らすと「な~にタオル巻いてるのよ兄弟なんだから良いでしょ」
僕のタオルも無理矢理取られた。僕の目は自然と姉の胸にいくと姉は「私の胸に興味があるの?」
「うん」と返すと
まさかの「触ってみる」と言われゆっくり揉んでみると柔らかかった。
姉に「あんた勃起してるね」と言われ「勃起なにそれ?」と返すと「エッチなことをしたり考えたりするとこうなるんだよ」と言われた。
今度は姉に「舐めてみる」と言われ舐めてみると母乳はもちろんでなかったけどすごく甘かった。
僕のチンコはは大きくなっていて姉に「治してあげようか?」と聞かれ「治るの?やってと言うと姉は僕のチンコに近づくとフェラをし始めた。
姉に「私のも舐めたい?」と聞かれた。
「うん」と言うと2人で脱衣場のところに行き69の体制になりお互いに舐め合いっこをしました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年10月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【体験実話】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】デカチンを妹に生挿入 【体験実話】

『「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」』と…

そんな会話があったのが去年の夏の終わる頃の事、俺は26歳リーマンやってる…妹23歳フリーター…
で、親父が5年前に転勤で青森勤務になって、お袋も一緒について行って横浜の自宅は俺と妹の二人暮らし…
ま、そのうち帰って来ると思っていたのだが、どうも永転…左遷って言った方が合ってるのか?早期退職を蹴った親父に対する会社からの嫌がらせだな…
で、退職まで残り僅かなのに転勤先が豪く気に入っちまったのか、向こうで安い中古住宅を買っちまって今は退職してお気楽な隠居生活を土いじりしながら楽しんでる…
時々採れた野菜を送ってきたりする…
それで、こっち…横浜の自宅は俺が譲り受ける事になってさぁ…この歳で家持ちになっちまったってワケ〜(笑)
だけどそれが色々大変でよ〜電気ガスの光熱費やら町内会費やら何やかんや…その殆どが俺の支払よ…
妹は毎月の食費程度しかよこさねぇーから大変だよ…(涙)
ま、フリーターじゃ仕方ないけどな…
で、話戻すと、そんな妹との二人暮らしも4年ともなると結構自由気ままで、家族で暮らしてた時もそうだったけど妹は更に大胆?オープンな振る舞いをするようになって、夏なんか風呂上がりに全裸で自室に戻る事が多々有って、それが俺に見られても平気らしく「お風呂先したよ〜」なんて、何処も隠さずに擦れ違い様にタオルで髪を拭きながら言ったりしてさぁ〜こっちは目のやり場に困る訳よ…(苦笑)
そうなると俺も真っ裸でウロウロするのに抵抗が無くなり、同じ様に風呂上がりは妹の前でもフニャチンぶらぶらさせてウロウロし出す始末…妹も気にする事無く普通にしてたけどね…(苦笑)
それが夏も終わる頃、夜が若干涼しく感じ始めた週末の事、何時もの様にブラブラさせて部屋に戻ろうと、浴室から居間の横を通って行くと、ソファーに座って携帯を弄っていた妹の姿が見えたから「風呂空いたぞ〜」と声を掛けると、こっちを向いて「うん…」と返事をした後「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」と恥かしげも無く(まぁ全裸でウロウロする仲だから…)言ってきた(苦笑)
そこで「そうか?」と自分のブラっと垂れ下がってるチンコを見ながら言うと、妹が傍に寄って来て「平常時でこの大きさは私はお目に掛った事無い(笑)」と言うので「それは、凛子が経験少ないからだろ?」と言うと「そうかなぁ…これでも両手両脚指分のチンポは扱って来たけど、ここまでのサイズの人は居なかったよ」と平然と言って来た(苦笑)

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年10月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】最高のSEXの虜になった私 【体験実話】

今から3年程前の出来事です。

私は当時30歳、小さめのIT企業に営業職として勤めていました。
結婚して2年目になり、そろそろ子供を作りたいなと考えていたので、
妊娠したら今の会社は退職し、家庭に入ろうと思っていました。

旦那は29歳と年下でしたが、そこそこ稼ぎも良く生活には不自由していませんでしたし、
出世コースを進んでいた事もあり、将来の結婚生活は安泰な状態でした。

そんな折、中途入社で1人の男の子が入社して来ました。
名前はS君といい、長身でスラッとしていて今時のイケメンといった感じで、歳は3つ年下の27歳という事でしたが、どこか大人びた雰囲気もある不思議な子でした。

「○○さん、よろしくお願いします」
「あ、はい・・こちらこそよろしくお願いします」

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

このページの先頭へ