【近親相姦】Hな薬を手に入れたので【体験実話】

ついに、ついに女の子がHになる薬(媚薬)を手に入れちゃいました。
まず最初に俺の餌食になったのが2つ上の姉ちゃん。
童顔で結構かわいいのに姉ちゃんはもともとエロイ女でして、風呂上りにバスタオル一枚で歩くのはもう日課。
普通に谷間見えてるし、3日に1回は毛も拝めるくらいガードがゆるい。
きっとオナニーも大胆なんだろうけどいまだ見た事がない。
何度かノックなしの部屋突入をかましたが見事に全部ハズレ。
そこで俺を助けてくれるのが媚薬様だ!
夕飯準備を手伝うふりして、母親の目を盗んで姉ちゃんのお茶に媚薬を混ぜる事に成功!
その日、姉ちゃんはご飯前にお風呂に入っていた。
最高だ!こうゆう日は姉ちゃんバスタオル巻いたままの格好でご飯食べるのはお約束。
お父さんがいたら怒るんだけど、まだ帰っていない。
姉ちゃんがHな格好で風呂から出てきて、そしていつも通り俺の横に座った。
風呂上り喉が渇いてたんだろう、お茶をいっき飲み。
ありがとうございます!心の中で叫んだ!
しばらくして効果が表れた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年12月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姓年時代【体験実話】

小学2年生の頃に近所のお兄さんと工場裏地でエロ本を見つけ読んで以来、元々あった性欲に火がつきました。

学校から帰ると、チンコ弄りやエロ本よんだり

当時はグラビアやちょっとしたエロ画で妄想しながら抜けました☆

日中夜問わずチンコをつまんでオナニーに耽り、精通もないのでつまみすぎて痛くても日に7回くらいは逝ってました(笑)

僕には3つ下の妹がいて性欲は段々妹の方へ…

まだお互い幼いのでお風呂や寝るときも一緒で妹にエッチな事をするチャンスはいくらでもあった。

お風呂では玩具を持ち込んで長湯して遊んでたので遊びに夢中な妹の股の間に興味身心でした。

生理的にチンコが立っても特に妹は気にせずお互い遊び続けていました

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】みーちゃん (姉は爆乳ロリ天使)【体験実話】

<>303:231です:2011/07/29(金)01:39:43.87ID:fWqIxmKu0<>
俺が大学生の頃の話だ。俺にはオカルト道の師匠…(ry
こんな始まり方してみたかったんだすまん。

実家から100キロくらい離れた土地でひとり暮らししてた頃の話。
同郷から進学してきた腐れ縁のアキラ君が俺のアパートに入り浸り、
ダメ大学生にありがちなマージャン、パチンコ、ケイバとギャンブル三昧に明け暮れる。
留年こそ辛うじて免れつつ、大学三年目の春を迎えていた。
新歓コンパがどうだの、サークルの新入生が可愛いだの、自分の未来を
見据えたもっとマシな会話が必要だったが、相変わらずグダグダだった。
アキラ:「そういやシュンスケ(俺)、オマエの姉ちゃん、今どうしてる?」
アキラ君がなんの脈絡もなく姉の話題を出してきた。
幼馴染なんで俺の姉ともちろん面識はあったのだが唐突過ぎる感じ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】まさか、姉が…(2)【体験実話】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。
家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。
なので気持ちはけっこう余裕がある。
姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、
のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。
そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。
見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。
それが何の話か解ったのは、
祖母の入院から2週間経った頃。
祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、
退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。
単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。
ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。
なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。
そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】チビ姉【体験実話】

俺がまあそこそこの熱意を持って柔の道を歩んでいたころの話。
その日は地域交流もかねた近隣校柔道部の練習試合で、
夏の総体連(本戦)がまじかに迫る七月のクソ暑い空気の中、
百数人分の漢臭が充満する町内道場で俺はヒィヒィ言わされていた。
変な意味ではない。
凄まじい練習メニューを強いられた上での、各校のクラブ顧問達との試合形式。
それはもう、練習と言うよりイジメに近い。
「イィーッポン♪」
こんな軽〜い調子でバシバシ畳みに叩きつけられ続けて早十数回目。
「……ちょ……先生……も、マジ……カンベンして、下さい」
「そやな。ワシも疲れてきたし、五分ちょい休憩な」
―――クソジジイ。汗一つかいてないやろが。
しかし、やっと訪れたクーリングタイムにホットホットしていては本末転倒なので、
俺は水道水を貪るべく水飲み場へと向おうとした。
そこで

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年12月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹・みゆ【体験実話】

<>131:なまえを挿れて。:2009/09/27(日)00:31:10ID:hwpZRd0W0<>
とりあえず、体験談うpしていいですか?
今じゃ俺も妹も30前後で、もうずっと昔の話だけど。
ずっと心の中に重く残ってた負の記憶なんだけど
先週妹が結婚し、なんか安心したのと、なんだか凄く寂しいってのがあるので
メモ帳に書いてみました。
短時間に分けてうpしたいのですが、
あんまり連続でやると、連続投稿で規制されてしまうと嫌なので、「ネタくせえ」でもなんでもいいので定期的にレスしてくれると助かります。
<>133:なまえを挿れて。:2009/09/27(日)00:32:50ID:hwpZRd0W0<>
そういう関係が始まった時期ははっきりと覚えてはいないんだけど
俺達が二人とも中学生だったので俺が中二か中三の頃の事だと思う。
それから数年間、俺達は裸の男と女だった。
妹とは年子で一つ違いで、その前からそれなりに仲は良かった。
俺からすれば憎たらしいと思う事も結構あったけど
小さい頃から何でも俺の真似をしてやたらとついてくるので

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】まさか、姉が…(1)【体験実話】

たぶん、長くなります…
ボクが幼稚園の頃、父親は他界した。交通事故だった。
家に残されたのは母親と祖母、ボクとボクの姉。
まだ幼かったボクは、住み込みで働き始める母についていくことになった。
姉のユキは、実家で祖母と暮らすことになった。
ボクが小学校2年生になってからは、
夏休みや冬休み、春休みなど学校が長い休みになると、
その期間だけ実家に戻ることになった。
ユキねえと呼んでいたボクの姉は、 ボクより3歳年上。
5年生のユキねえは、ボクの宿題を見てくれて、
宿題がよく出来ると、ユキねえはちゅうしてくれた。
「まこと(ボク)、すごいねー!ちゅっ」
それが嬉しくて、宿題も頑張った。
ボクが3年生になっても、同じような休みを過ごしたけど、
6年生になった姉は自分の勉強に一生懸命になっていたので、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年12月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】のぞき2【体験実話】

半年くらい前にここのサイトに親父と妹のセックスを目撃してしまった事を
投稿した晟です。あの投稿の後、その後が気になるという返事をかなり貰い
ました。なかなか報告が出来なくてすいませんでした。というのもあの後暫
らく二人が距離をおいていたっぽいんです。前回の投稿を知らない方にも説
明すると家は俺18歳、妹15歳、親父42歳の三人家族。当時14歳中学2年の妹
華と警察官の親父がセックスをしていた。。初めは俺が家にいない時だけだ
ったんだけど次第にエスカレートし始めて夜中やってるときもあった。一応
気がついていない振りをしていたけど明け方便所に行こうとしたとき親父の
部屋から出てきた華に会っちゃったりして段々感づかれるのを避ける為二人
は暫らくの間何もないようにしていたんだと思う。もしかしたら俺の知らな
いところではやってたかも。(多分そう思う)次第に俺もあんま気にしなく
なり何ヶ月も過ぎた。でも夏休みに入ってすぐの日曜日彼女と海へ行ったと
き、信じられないことに親父と妹もそこにいたんです。綺麗な海のほうが良
いから日本海側の海へ行ったんですがまさかこんな所でまで、と本気でビビ
った。幸い彼女を家に連れてきたことはなかったので気づかれずにすんだけ

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】友達の家でねーちゃんを【体験実話】

あれは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。
レイプは友達と二人で友達の家でねーちゃんを犯してしまった。
友達と言ってもねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。
一緒にレイプした友達は悪友ってやつだ。

ねーちゃんの弟とは縁がなくなってもう会ってない。
勿論、弟は何も知らないよ。
もし知ったらどんな顔するだろうな。
もうそのねーちゃんも今では33歳くらいだが…
レイプした、ねーちゃんの弟とは高校の時の同級生で、その弟は当時は
大学2年になったばかりで19歳の春だった。
一方、俺と一緒にレイプした友達は高卒で就職。
まあ、今で言う低学歴のDQNって奴だ。
糞会社に勤めてたけど、俺たちは一応は社会人。
俺たち高卒組と違って、その友達は大学に進んだのでそれなりに一目

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹と海水浴【体験実話】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。
唯一、海へ泳ぎに行った位だった。
それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。
事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。
仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…
まあ、とにかく海に行く事に決まった。
で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。
それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。
そこで早速その知人に連絡すると、今年は忙しくて別荘には行っていないとの事だった…が、知人は折角だからと自由に使ってと快く貸してくれた。
俺は直ぐに知人宅へ伺い別荘を借りる上での場所や注意事項、万が一何かが起きた場合の対処に管理会社への連絡等など、色々と至れり尽くせり、やってもらった。
翌日、2泊3日の予定で俺達は知人の別荘へ向かった。
途中買い物がてら昼飯を食べて13時頃別荘に着いた。
その別荘は管理地内にあり部外者は簡単に立ち入る事が出来ないプライベート別荘地であった。
そして知人の別荘に着くと、なんと裏庭が海!しかも完全プライベートビーチ!岩山に挟まれた幅約100メートル程の白いビーチが別荘の裏に広がっていた。別荘から岩山に向かってそれぞれフェンスと垣根で仕切られて中に入るのも中を覗くのも簡単に出来なくなっていた。
また、そのフェンス沿いを監視するカメラも設置してあり不審者らしき者が映ると直ぐ様、管理棟からパトロール隊がやってくると言う、そんなセレブな所がこの日本にあったとは驚くばかりであった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ