【浮気・不倫】初3Pによだれが出ました【体験実話】

溺れた私を書いたものです。
皆に鬼畜だの酷評され、凄く疼きました。
私の体験談で1人でも抜いた人がいるかも知れないとか想像したり
感想を読んでかなり興奮してオナニーしました。
ただ、最後まで読んで欲しいので改行はします。
改行の酷評は燃えませんから。
こんなことを書くと、また酷評されると思いますが身近に私がいたら
かなり楽しいと思いますよ。
自分でもそんなにルックス悪くないと思ってますし・・。
夫君にはAV女優の萩原さやかチャンに似てるっていわれます。

自分でも少し似ているかなと思います。
オッパイはCカップで大きくはありません。最近少し垂れて来ましたが
夫君に言わせると人妻っぽいエロい垂れ具合だそうです。
ヒップから足にかけてはかなり自信があります。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月17日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】溺れた私4【体験実話】

前編:溺れた私3

翌日の朝母に起こされました。S君からの電話よと・・・。断るのも不自然だし電話にでました。怒られる・・と思ったらS君が謝ってきました。昨日はサイズの一件で彼女とセックスレスで溜まっててどうにかしてたと・・・。謝られると可哀想になってきて許してあげる事にしました。その時昨日のことは夢で全部が元に戻った様な気がしました。そしてお詫びの食事をしようと誘われました。絶対なにもしないと言うし、昼間だし、昨日のことは私も悪いところがあったし・・と思いOKをしました。でもそれは罠だったと思います。また私はあの甘美な世界に引き込まれてしまいました。車に乗るとSクンが昨日の話を始めました。さっきとは変わって強気な感じでした。よく覚えてはないけどこんな会話だったような気がします「昨日れいこは凄かったよ俺の巨根を根元まで咥え込んで・・何度もいきまくって!」「旦那がいるのに淫乱だな!」「どうだったんだいって見ろ!」「旦那と俺のチンポどっちが凄いか言ってみろ!」言われているうちに昨日のことをリアルに思い出しSクンの言葉に感じてる自分がいました。Sクンのオチンチンを入れたくなってもう彼のいうがままになりました。「どうだ、れいこ入れて欲しいか?」「ああもう駄目入れて欲しい・・入れて!」「いかせてほしいか?」
「いかせて・・」「いかせて下さいだろ!」「はい・・いかせて下さい」私、夫クンとこういうプレイしたことあって結構萌えるほうなんです。「じゃ、ホテルにつくまで自分でオナニーするんだ!すれ違う車や歩く人にもたっぷり見て貰うんだぞ」ってかなりはまりました。私はクリでオナニーするんですけどホテルにつくまでの20分くらいで5回位いきました。ホテルについたらいろんな場所でいろんな体位で昨晩の言葉のプレイを
命令調にSMチックに・・・携帯の夫クンの画像を出されその前で何度もいかされました。今回もかなり興奮させられ数えきれないほどいかされ、もの凄く気持ち良かったです・・・。もう身も心も離れられないなと思いました。帰るとき私はSクンの奴隷になることを約束させられました。他に夫クンとは今まで通りのペースでSEXすること(ばれない一番の秘訣だそうです)等約束させられました。今は月に1〜2回のペースで実家に帰りSクンとSEXをしています。特に肉体的なSMはありませんが精神的にSMをさせられます。今度詳しく書こうと思いますが富士急ハイランドに家族で遊びに行ったときSクンがこっそりついて来ていて夫クンと子供と乗り物に乗ったとき等を利用してはぐれたフリをしてトイレでSEXしたり、その夜ホテルでみんなが寝たあとにと・・・色々やられています。私はもうメロメロです。夫クンと離婚しようとも思いましたがSクンが許してくれません。今のままが燃えるそうです。SクンとSクンの彼女とも3Pをしました。最初の話は嘘だったそうです。彼女のアソコもSクンの尾チンチンをしっかり受け止めていきまくっていました。少しむかつきましたが奴隷になった私には怒れる資格はありません。レズプレイもさせられました。彼女とSクンの2人のSEXには苦しいのだけれども興奮させられました。彼女にマゾ呼ばわりされてSクンにかされまくりました。とても良かったです。彼女は23歳で私よりずっと年下ですが私を可愛がってくれます。特のピンヒールを履いた足を舐めると凄く褒めてくれます。私も彼女が大好きになっているようです。最初は普通の生活と今の私とGAPに悩むこともありましたが最近は慣れたのか子供や夫クンに対する罪悪感が無くなってきています。Sクンの命令で夫クンとのSEXが最初は苦痛でしたが最近はSクンとのSEXも夫クンとのSEXも両方楽しめる様になりました。男の人が風俗に行くっていうのはこんな感覚なんでしょうか?最近新しいプレイでオアズケをよくされます。オアズケされることがあんなに苦しくてたまらな甘美で感じてしまうものだとは思いませんでした。今週か来週にまた実家に帰りますがSクンが新しいゲームをしてくれるそうです。彼の友達と4P(1VS3)をしていったらオアズケらしいです。いくのを我慢出来れば入れてくれるそうですが、無理です。結果はもう判ってます。今から興奮してます。Sクンからその話を聞かされてから毎日オナニーしてしまってます。結果はまた書きます。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年2月18日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】変貌する妻 【体験実話】

45才のサラリーマンです。妻は38才で、高校生の息子がいます。
話は私の行きつけのスナックに妻といっしょに行ったことが発端でした。

スナックのママは40代後半で、私とは2回肉体関係があります。
妻と喧嘩をしてムシャクシャしている時に、いろいろ話を聞いてもらいなんとなく身体の関係ができてしまったという感じでした。ただ、私自身妻と別れる気はまったくありませんし、ママは×1ですが私に離婚を迫ることもなく、時々飲みにいっては他愛もない話をして帰るというパターンでした。

今年の夏前のことでしたが、浮気隠しということと、私がどんなところで飲んでいるか妻に見せておくのもいいかなと思い、妻をスナックに連れて行くことにしました。
その日は他に客もなく、私と妻はカウンターに座り、ママと3人で飲みました。ママは妻のことを「きれいな方ね」と言って褒めちぎっていました。最初は冗談かなと思っていましたが、妻がトイレに行った時も私に言いました。
「奥様 すごくきれいな方じゃないの。スタイルいいし気品があるわ。こんなきれいな奥さんいるのに、雄治さんて悪い人ね」
確かに妻は胸もまあまあ大きいし、出産して15年以上たち、最近ややふっくらしてきたとはいえ、肉感的な体型はそそるものがありました。
「それって褒めてくれてるのかどうかわかんないな…」
私は笑いながらも満更ではありませんでした。

するとトイレから戻ってきた妻に、ママは思いがけないことを言いました。
「奥さんって本当に素敵だわ。もしよかったらこのお店手伝ってくださらないかしら…?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【修羅場】偽装離婚DQN夫婦 【体験実話】

基本傍観者なのですれ違いならスマソ。

俺男…19歳 大学生ぼろアパート住まい。
隣男…多分40代、モロ元ヤン、ピザ
隣子…多分40代、ピザ
♂♀…隣家の子供、小学校低学年
ババ子…隣男の浮気相手、30代後半?
正確に言うと隣じゃなくって3軒隣。

家のアパートは6畳と3畳で、アパート内は同じ間取りと聞いていたけど
その小さい家に一家4人で暮らしてるらしく、
「すげー家だな」とは思ってた。
隣男はスウェットにサンダル、隣子は超ミニでフットい足にピンヒールサンダルか
ジャージにキティサンダルって感じで、もちろん二人とも金髪。
ド田舎のヤンキーがそのまま年取った感じ。

体験実話集関連タグ

|||||

2013年10月10日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【寝取られ】妻に貞操帯を着けられた日は 【体験実話】

私達は、私が32歳、妻34歳の仲の良い夫婦です。
妻は年上ですが、小柄で可憐でどう見ても20代にしか見えない
ミニスカートの似合う女性です。
結婚して6年目ですが、今でも新婚のように 人がうらやむ様な熱々の夫婦です。

でも私たち夫婦は、3〜4ヶ月に一度、決して人には言えない秘密のプレイを
行っているのです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その朝、仕事に出掛けようとした私を妻が呼び止め、
「あなた、今日はこれを着けて行ってね・・」と銀色の鎖で出来た品物を私に手渡しました。
私はその鎖を手にしたとたん全身が「かっ」と熱くなり、怪しく微笑む妻を見つめるのでした。

もう三週間ほどセックスはおろか、オナニーさえ禁止されていた私は、振るえる手でズボンと

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】妻が他人棒に夢中になるまで【体験実話】

ありきたりの話かもしれませんが私と妻の事を書きたいと思います。

私は41、妻の美穂(仮名)は36で結婚十年目で、妻は昼間近所で事務のパートをしています。
三年ほど前に妻の高校時代の同窓会があり、妻は出席しました。
その時はなにもなかったのですが、久しぶりに元彼と会ったとの言葉を聞いて急に妻の過去の性体験が気になりベッドに入ってから元彼について聞きました。
「もしかして同窓会で会った元彼って美穂の初めての相手?」
「さあね?」
「高校生の時に初めてエッチしたって言ってたよな?」
「どうしても聞きたい?」
「そりゃ美穂の事は全部知っておきたいから…」
「話したらやきもち妬かない?」
「妬くけどちゃんと知っておきたい。」
「じゃあ話すね。今日会った元彼が初エッチの相手だよ」
その時に激しいドキドキ感が私を襲い、頭がクラクラしました。
言葉が出なくなってしまった私に

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月4日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】イヴとなった妻【体験実話】

 「20年間私の妻を想い続けた男」と言う投稿に驚いた夫です。あまりに私の体験に似ていて、まるで自分のことのように、ドキドキしながら読んだことを覚えています。ところが、その文章はそれきり、途中で切れたかのように終わってしまい、(あくまで私の感じです。作者の方、間違っていたらごめんなさい)続きを待ったのですが、ついに見つけることができませんでした。そして、何回か探したのですが、現在その投稿自体を見失っています。
 それで、今回は私自身の体験をお話ししたいと思います。ただ、このように似通った内容の文章を載せることに、躊躇があるのも事実です。パクリだと非難されたり削除されたり。そうなったら、それはそれで仕方ないことなのですが、やはりどうしても、このHPを訪れる皆さんには、わたし達のこの体験をお伝えしたいと思い、投稿することにしました。

 夫の私が言うのも変ですが、今年36歳になる妻はかなりの美人です。スタイルもよく、胸が大きいため、買い物に行ったり、街を歩いたりしていても、中年男性にじっと見られたり、若い男につけられたりしています。夫であるわたしが一緒のときでも、男たちの妻に対する視線を感じることがたびたびあります。
 職場で出会った、私達の関係も12年。3年ほど付き合いましたから、私達の結婚生活も9年になります。私はそのころ、バツイチでした。出会った時の24歳の妻は、驚いたことにバージンでした。厳格な家庭や、複数の年の離れた兄たち、それに慎み深い妻の性格から、そんな驚くべきことになったのだと思います。美人であるがゆえに、どこでもとても目立つ24歳の女性が未経験だとは・・・。
 あまりの感激に、私は妻を女性として磨こうと考えました。そのときは結婚するかどうかも分からなかったのに、6つ年上の私なりに、妻に惚れ込んだと言うことでしょう。逢瀬の際には、全身に美白ローションを塗ったり、安全かみそりで体毛を剃ったり、胸を大きくするようにマッサージしたり・・・。奥手の妻の羞恥を一枚ずつはがすようにしながら、妻を愛で、愛してきました。最初にお話したような魅力的な人妻になったのは、少なくとも数%くらいは自分の手柄であると自負もしています。

 1年ほど前、妻が高校時代のクラブの集まりに出席しました。結婚してから、妻がそのような集まりに参加するのは、初めてのことでした。一番下の子供が小学校に行くようになって何となく、ひと段落着いたという安堵感からかも知れません。結婚してから、妻を狼たちの群れの中に放すのは初めてでしたから、私としてはずいぶん気にしていました。長い年月、魅力的に育ててきた妻なのですから。
 集まりは昼間だったので、妻が帰ってきたのは8時ころでした。妻が帰ってきたとき、とてもほっとしましたが、妻にはそんなそぶりは見せませんでした。同時に少し物足りない感覚がありました。それこそが、このサイトを毎日のように訪れる、私の性癖の片鱗なのでしょうが。
 その夜子供たちが寝てから、妻とベッドに入り、今日のコトを聞き出してゆきました。その日はたぶん、何もなかったのでしょう。自然に、話は昔のことに移ってゆきます。高校時代はほぼ毎週、ラブレターをもらっていたこと。高校3年、車でOBの先輩に自宅まで送ってもらったとき、無理やりキスをされたこと。驚かれるでしょうが、そんなことすら僕には言ったことがないくらい、妻はつつましい性格なのです。
 高校1年のころから、繰り返し妻に手紙を送ってくる男が居たそうです。その男は学校で出会っても挨拶をするくらいで、話しかけてきたり、しつこくされたことは一度もなかったそうです。ほぼ一ヶ月に1~2通、彼は手紙をよこしていたそうです。それは高校の間中続きました。そんな男は粘着質で、オタクっぽい男なのだろう、とたいして考えもなく僕が言ったら、妻はムキになって否定します。
 「そんなことはないわ。彼はごく普通の子だったわ」
 「いいえ、それどころかとても優秀で、それもガリベンタイプでなくて、とても知的な感じ」
 「わたしは一度も彼を好きになったことはないけれど、彼はずっとわたしを褒めてくれていたわ」
 「褒めてくれると言うより、いつもわたしを見ていて、賛美してくれる感じ」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月1日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】寝取られ日記 【体験実話】

■はじめまして 20XX年XX月XX日

ネット上の変態のみなさま初めまして、神奈川県在住の22歳の人妻、さくらと言います。このブログでは、わたしさくらがグズで低収入の寝取られM夫を裏切って、とってもお金持ちで巨チンのご主人様「S様」に身も心も寝取っていただく過程をみなさまにご報告していきたいと思います。このブログはもちろん大好きなご主人様のご命令で作成しております。さくらのすけべな写真や動画もどんどんUPしていくそうなので、さくらでいっぱいザーメン抜き抜きしてくださいね♪

【コメント:23件 トラックバック:0件】

■寝取られ変態妻♪ 20XX年XX月XX日

 みなさま、いつも沢山のえっちなコメントありがとうございます♪ さくらをもっと惨めな変態扱いして、いっぱいいじめてくださいね。

 今日もご主人様と夫の留守中に3回もバックでハメハメしていただきました〜。場所はもちろんわたしたち夫婦のお部屋です♪ 家主の夫があくせく会社で働いているときに、その寝床でゆっくり不倫相手とラブラブセックスをするのはほんとに快楽中の快楽って感じ。今日はチンカス掃除のやり方をたっぷり2時間仕込んでいただきましたぁ。

 ご主人様の命令で、今日はコメントで頂いた質問にお答えをすることにします。一番多かった「さくらはどうして夫を裏切ったのか?」というご質問ですが、答えは「夫が低収入で包茎で早漏でグズだから」「S様がとってもオチンポがおっきくてイケメンで、何でも頼めば買ってくれるお金持ちで、Mのさくらを沢山調教してくださるから」です。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年9月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【修羅場】青春物語 【体験実話】

投下します。

私子:22歳美大生
エイジ:26歳社会人、優しい、ちょっとヘラヘラしてる、ウエンツ瑛士似
ケンジ:24歳大学生、同じ大学の私子の友達、エイジの後輩、はっきりした性格、坂口憲二似
ミムラ:20歳私子・ケンジと同じ大学の音楽学部、お嬢様、ミムラ似
フジコ:25歳社会人、エイジと同級生、プライド高い、峰不二子似

〜似、はイメージしやすいようにつけてるだけです。
美大・音大の話なので、ハチクロとかのだめがもっっと庶民的になった感じを想像してください。あんなにキラキラはしてないです。

エイジ・フジコらが住んでいる家に2年前の11月に私子が入り、同居を始める。
この時点では二人はまだ私子と同じ大学に通う学生。家には他に2人同居している。
エイジ・フジコはこの時点で付き合って居たが、私子は初めて会った時からエイジに惚れる。
けれどフジコのことも人として好きだったし、壊す気もなく、特にアクションを起こさずにいた。

体験実話集関連タグ

||||||

2013年9月6日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【寝取られ】罠にはまった夫婦 【体験実話】

自分でも恥ずかしすぎる体験です。興味のある方や、下手な文章でも我慢できる方のみ読んでいただけると幸いです。

からの続き・・

どのくらい寝てしまっていたのだろうか、両手の自由を奪われて縛られている私の横に、さっきまで飲んでいたと思われるビールの小瓶が置いてあるのだが、まだ中身が残っているようで、全部飲む干す前に寝かされてしまったようだった。

部屋中が何か物々しく、すでに彼女への本格的な陵辱の儀式が行なわれようとしている雰囲気の中、ゆう子のお尻をしばらく撫で回していた白人Aは、次にゆう子のパンストとパンティを、スピーディ−のようだがパンストには絶対に傷をつけないくらいの繊細なタッチで一気に脱がしていった。

ゆう子は私達がこの部屋に入って来た時よりも、夫の私から見て、気のせいかもしれないが化粧が濃く見えたのだが、それより何より彼女の意識が、私より増して無さそうなのが一番心配だった。
今の状態でも心配なのに、これからゆう子に行なわれると思われる、彼らの悪事のことを想像してしまうと、悲しみと怒りがこみ上げてきて震えが止まらなくなっていった。

我々を空港の貸し車屋から見事に騙した女はたぶん日本人、英語の発音からするとクウォーターかもしれなく、Aは完全に100%白人、身長も180センチは悠に越える大柄男のようだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年7月19日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 212

このページの先頭へ