【近親相姦】馬鹿兄妹 そろそろ終劇【体験実話】

http://moemoe.homeip.net/view.php/7966の続き
妹のHをのぞき見るには、結局冬休みまで待たねばならなかった。
それまでにはそれなりに、おだてたりおどしたりw色々とあったんだけども。
んで、年の瀬のある日。
うちは商売してる関係で年末はそれなりに忙しくて、暇なときなら家に帰ってきて
昼休みをとる両親も、こんな時期は店にかかりっきりだった。
リスクはあったけど、年明けまで待ってられない俺は早速妹に交渉開始。
「お前、あの約束そろそろいいんじゃねえの?」
「は?マジで言ってんの?」
「おう、悪い?」
「悪いよw」
「まあ、お前に選ぶ権利無いじゃん、明日か明後日あたりは
 親父達も店忙しそうだからいけるだろ?」
「え~あたしから誘うの?」
「いつもは違うのか?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】俺と従姉妹と友達と【体験実話】

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「○ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。
俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」
母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」
当初は本当にお守なんか面倒だった。

当日、新宿駅まで迎えに行く。
人ごみの中、○○を探していると
「☆兄!」

日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、○○だった。
○○と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは○○がまだ小学生のときだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】いとこんにゃく【体験実話】

現在従妹と同居中です。
俺28,従妹現役で合格したので、18です。
最初は別に同棲とかではなくて。

大学2回生の時から弟と二人で広めのアパート借りて
住んでいたんですけど、弟が去年転勤して引っ越しました。
独りで住むには家賃が高いので
単身者用の部屋探そうと思ったんですけど、
去年実家に帰った時に、叔母と母から
従妹が4月から大学入学のために上京するけど、
東京で独り暮らしはあまりさせたくない。
でもちょうどあんたところの部屋が空いてるから
そこで面倒見てやってくれ。ということでした。
というか、俺の意向は関係なく、ほぼ決定事項のようでした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹とダンジョン攻略2【体験実話】

の続き

特定されるのも困るので妄想と思ってくれ。

のぼせてきたのだろうか…
ドクンドクンと自分の血流を感じるようになった。
(そろのろ出ないと湯あたりしそうだな・・・)
湯船に浸かりながらボーッと妹が髪を洗うのを見ていた。
俺「おーい、俺そろそろ出るわ。」
妹は俺に背を向けており、振り返らず答えた。
妹「え、もうちょっと居てよ。」
俺「ダメ、そろそろ出ないと湯あたりしそう。」
妹「え〜、ちょっと待って!」
手早く泡を流し、タオルを頭に巻いた。
妹「じゃ、出よっか。」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月10日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【泣ける】【メシマズ】元嫁と糞父あぼーん 【体験実話】

737:名無しさん@HOME投稿日:2014/03/24(月)16:30:19.10
過去最悪の出来事と言えば、元嫁と糞父が不倫してたことだな
あそこまで人を憎んだのは後にも先にも、あの時だったな

738:名無しさん@HOME投稿日:2014/03/24(月)16:48:48.46
>>737

それはひどい出来事でつねw
でもこれってあちこちで見るのですけど
そんなに多い出来事でしょうかね〜
世も末。

739:名無しさん@HOME投稿日:2014/03/24(月)17:30:07.02

体験実話集関連タグ

||||||

2015年2月9日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【近親相姦】従妹【体験実話】

従妹のカオルはJC3のギャル系。冬休みって事でウチに遊びにきた。
早速、渋谷に付き合わされた。お年玉貰ったら買うモノを下見だそうだ。
「中学生はバイト出来ないからね~」と言うので冗談で「エンコウとかしてな
いの?」と聞いたら
「友達でヤッてる子は居るけど、ウチは知らんオヤジとエッチなんて無理」だと。
そんな話をしてたらカオルが突然「そうだ!シュウちゃんが援助してくれれば
イインダ」
と大声で言い出したので食事してた店を出るハメになった。流石に断ったけど
粘るカオル。「さっきのコートでいいからさー」と引き下がりません。
しかもコートは9800円だったので心が揺れました。
カオルはカオルは細身なのに巨乳と言うナイスバディで脚なんか綺麗なのです。
なんだかんだで結局ホテルに入りました。昼間だけど満室に近かった。
「実は彼氏と喧嘩してて一ヶ月もエッチしてなくてさー欲求不満だったんだ」
とカミングアウトされた。週に3~4日はしてたらしい。
「シュウちゃんとキスなんて照れるね」と言いながらシッカリと舌を入れてき

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年2月9日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】かろうじて処女の妹のフェラ 【体験実話】

の続き

しばしテレビをボーッと見ていた
「お兄ちゃんっ…゚(゚´Д`゚)゚」
振り返ると、袖とか腹の部分を濡らした妹がいた

やはり俺の服はちょっと大きくブカブカだったみたいで、
袖を何度まくってもズリ落ちてくるらしく、皿洗いでびしょびしょになってた

貸してあげたばかりの服は台無しで、代わりを用意してやることに

タンスを物色していると
「半袖でもいいよ?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義姉との思わぬ展開が・・【体験実話】

私達は共働き夫婦です。子供も社会人になりそれぞれ家を出てマンションを借りての生活をしています。
日曜日が仕事の妻が私に実家の義姉のあるものを持って行ってほしいと頼まれ、別段用事のない私は10時過ぎ妻の実家に行った。前もって連絡しをしていた義姉とは久しぶりの再会だった。その義姉は3年ほど前離婚して実家に帰り一人暮らしをしていた。行くと昼前であり、義姉は昼食の用意をしてくれており、私の大好きなビールも冷やしてくれていた。その晩には仕事を終えると妻が車で迎えに来てくれることになっていたので、それまではのんびり出来ることになっていた。
妻と違い義姉はお酒も結構いけることは妻から聞いていた。私はランニングシャツに替えズボンというラフな格好で行っていました。義姉も50歳前とは云え、ジーンズにノースリ—ブのシャツを来ていた。義姉は妻とは違って胸も大きく、お尻も張っていて、義姉を初めて見たころは相当のボリュームのある体型であったことははっきり覚えている。
しゃがんだり、腰を突き出す格好の姿勢を取っている時は股上が浅いジーンズを穿いているせいで、お尻の割れ目の半分近く丸見えであった。尻フェチの私はそれが気になってチラチラと見ていた。シャツから浮き出る両方の乳首もぽつんと飛び出て50歳前の義姉ではあるが興奮させられていた。3本ぐらいビールを飲んだ私はリラックスしていたこともあり、あおむけに寝て
休んでいた。飲んでいる時はテーブルの向こうに座っていた義姉が気が付くと私の横に座っていた。
「健二さん、妹とは仲良くやっているの?わたしなんかもう離婚して3年、一人寂しく暮らしているけど、なにか欲求不満なことでもあるの?」と。私は「えっ?なんでですか?」と聞き返すと「今日、健二さんが来てから、なんども私のお尻や胸ばかり
舐めるように見ているから・・・・。こんな50歳前の私など見る価値もないのに・・・」と、妻と違いいつもはっきりものをいう義姉が言った。「気がついていたんですか?でも義姉さんの身体はすごくむっちりしていて健康な男だったら誰でも見てしまいますよ。」と。義姉は「お上手ね。こんなおばさんを捕まえて。でももし健二さんがいうことが当たっていたらこうして一人いることはないでしょう?離婚してからずっと男気のない生活なのよ。」「えっ、本当ですか?そんなもったいない。私だったらほっておきませんよ」と。義姉は私のすぐ横に寄って来て「もし、今の言葉が本心なら、寂しい私を抱いてくれる?」というや、覆いかぶさるようにキスをして来た。少し口元からビールの匂いが感じられた。舌まで入れてきた義姉さんの行動に私は完全にスイッチが入ってしまった。一度身体を離れ、急いで服を脱いだ。そばで義姉さんも同じように服を脱ぎ始めた。
お互い全裸になると私の手を取り隣の部屋に導いてくれた。どうやら義姉さんが寝ている部屋らしくセミベットが置かれていた。胸を揉み、乳首を吸い始めると義理姉さんは「ああ・・ひさしぶり・・・・もっと・・・気持ちよくして・・」と信じられない言葉が飛び出した。私は69体位になり義姉さんの両足を広げ股間に顔をうずめ恥ずかしい部分を舐め始めた。義姉さんはぱくりと私の勃起しているペニスを舐めてくれている。久しぶりのセックスにもう根元まで精液が来ている感じだったので急いで正常位になり一気に根元まで挿入すると義姉さんは両脚を高く上げ、これ以上ないというくらい卑猥なかっこうになった。
2人の身体がピストン運動でばちばちと音がして一層卑猥な状況を醸し出していた。そして射精してしまった。
終わって2人とも仰向けになって息を整えている間も義姉さんの手は私にペニスを握ってしごいていた。
興奮のためか私のペニスをまもなく勃起してきた。それを合図のように義姉さんは「今度はバックでして・・・」と四つん場になって私の方に大きなお尻を突き出して来た。お●●こもアナルも丸見えの状態。私は急いで義姉さんのお尻を両手で掴み
おもわぬ行動に出て見た。・・・それは義姉さんのアナルに舌をはわしたんです。最初はお尻を左右に振って嫌がっていたみたいだったけど、それでも執拗に舐め続けると、抵抗をやめ、むしろなめやすいようにより尻を付きだして来た。気をよくした私は両手でお尻を広げ、舌の先をアナルに突き出すようにした。一度も経験したことのないアナルへのペニスを挿入したくなり、手でペニスを握りアナルに当てた。腰を前に突き出すと少し中に入った焦がした。カリの部分をいれようとすると義姉さんは「痛い。入らないよ。ちょと待って・・・とベットのそばの鏡台の中からビンを取り出し私に渡した。見るとそれは乳液だった。私はたくさん手に取りだし、義姉さんのアナルが真っ白になるくらい塗りつけ、再度の挿入を試みた。義姉さんは「あわてないでゆっくり入れて・・・とより両脚を広げた。ゆっくりゆっくりと挿入した。そして・・とうとう根元まで入ってしまった。ものすごい締め付けになんともいえない興奮を覚えた。そしてぴすとん運動を始めた。それから2時間ほどして妻が迎えに来た。ふたりはまったくなにもなかったようにふるまった。翌日会社で仕事をしていると私の携帯に義姉さんから電話が入った。「昨日のこと、あれっきりにするの?それとも・・・又・・・してくれる?」とまるで恋人に囁くような声が聞こえてきた。私は意地悪く「義姉さんはどうしたいんですか?」と聞くと「意地悪ねえ・・・すっかり火をつけてしまって・・・妹だけでなく、私にも半分わけて・・・・ち●ぽを・・・」と。「判った。じゃあ、今度、機会を作っていく時までに、義姉さんの
あそこの毛が舐める時口に入ってやりにくいから・・つるつるに剃っておいてよ」というと、以外にも「いいわよ。あんなものいらないから、こどものようにツルツルにしておくから、思いきり舐めたり吸ったりしてよ。約束よ」と言って電話を切った。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ノーパンでデート【体験実話】

数年前のオレが結婚直前の29歳の時の話。
結納を終えてあと3ヶ月で挙式というところ。

法事があって、親戚一同がオレの実家に集まった。
みんな下ネタが好きで何年に一度、集まって酒飲んでは盛り上がった。

嫁さん(婚約者)はまだ身内ではないので
その場にはいなかった。これが事件の始まり。

10歳年下の留美というイトコがいて、その子はオレに会う度毎に
盛んにスキスキ光線を出して来る。

この時もそうで、オレの隣に座って嫁さん(婚約者)がいないのをいいことに
体にベタベタ触って来る。オレも悪い気はしないので好きなようにさせてやってた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹と妹 2【体験実話】

従姉妹と妹()の続き

中3の妹のA子と従姉妹で俺と同い年(高2)のE美が女同士でエッチしていた。

A子の性格から考えて『お前、E美とレズなのかよ』って迫ったところで
『だから何?あたしお姉ちゃんの事好きだもん、お兄ちゃん関係ないじゃん、バカじゃないの フフン』
って開き直られるのが目に見えている。となればE美に脅しをかけるべきか?悩むところだ。
具体的な何か武器がないとなあって思案していた。

少し前までレズっていた隣の部屋に侵入、って誰もいないんだから侵入もくそもねえわ。
案外とあいつ(妹)は馬鹿かもしれない、さっき読んでいてE美がA子にあげるって言っていたホモ本をバッグごと忘れて母屋に戻って行っていやがるw。
(内容物は洋物のゲイ雑誌数冊とG種ホモ同人誌多数w)

いやあ女って露骨だね、男性向けのエロ同人誌なんかよりも下手すれば過激。
こいつは使えると心の中で笑った。とりあえず俺の寝ている部屋の押入上の戸袋に隠しておいた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ