【近親相姦】義理の兄との秘密18【体験実話】

兄はさらにエスカレートした要求をするようになり、私を電車に乗せ、パイパンの綺麗な割れ目を、みんなにみてもらおうと言い出し、連れ出されました。
この日は、薄手のわりと体のラインがわかる膝上20センチのワンピース一枚で、もちろんノーパンで、ブラだけは目立つからつけていいといわれ、電車に乗ったとたんに、人は少なかったけど注目の的となり、男性の視線を体中に感じていました、すぐにドア横の席に座るように言われ、兄は対角線の席に座り様子を見ていました、私の正面には、中年男性が大股を開いて座っていて、ギラギラした目ですぐに私を舐めるように見てきたので、見られたいはずなのに、少し怖くなって、始め私は膝をきつく閉じ、手でワンピースの裾を抑えていました、男性に目を合わせると、すぐにそらし新聞を読み始めたので、私は少しホッとし、兄を見ると、手をどかして、寝たふりするようにジェスチャーされ、私は言うとおりに、軽く腕を組んでうつむいて寝たふりをしました、だんだん本当に眠くなってしまい、ウトウトしていると、膝が少し開いてしまっていて、気がつくと、前の男性が新聞をたたんで私の下半身を凝視していて、開いた股関を膨らませているのがわかりました、私は薄目を開けて見ていると、少しづつお尻を前にずらし目線を低くしているのがわかりました、完全に私の割れ目が前の男性に見られているとわかると、私もだんだん感じてきてしまい、少しづつ濡れてくるのがわかりました、男性の視線を感じながら、少しづつ膝を開いていくと、さらに感じてきてしまい、おそらく男性の位置からも、私の割れ目が濡れてきているのが見えていたと思います、駅に着くとその男性は降りてしまい、代わりに二人組の若い男性サラリーマンが乗ってきて、私の前に座りました、私はまた、寝たふりをして男性の様子をうかがっていると、やはり私の下半身をチラチラと見て、いい足してんなぁとか言っているのが聞こえて来たので、膝を少し開いてみると、寝てんのかな、お前のところからパンツ見えんじゃねぇととなりの男性がいうと、正面の男性が、マジかよ、ノーパンみてーだそというと、二人で私の割れ目が見えてるのを確認すると、スマホを取り出し、自分たちを撮る振りをして、完全に私の割れ目を狙って撮り始めたので、私は興奮してきてしまい、膝をさらに開いて完全に割れ目が写るようにしてあげてしまいました、すると、男性達のピッタリとしたズボンの股関が大きく膨らんでいました、駅に着くと二人は降りてしまいました。続く

体験実話集関連タグ

||||||

2018年1月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義理の兄との秘密16【体験実話】

私は兄とボーリングにも行きました。
兄の要望で白で薄手のタイトのミニスカートに黒のパンティーを穿いて、完全に透けてパンティーが丸見えの状態で、みんなの視線を集めていました。
私達のレーンの右となりには、中年夫婦、左となりには、子連れの家族がいました。
どちらの男性も私の下半身をチラチラと見てくるのがわかったけど、兄もそれに気づき、見てるから、サービスしてあげなよというので、投げた後に少し脚を開いて前屈みになり、黒のパンティーの股関が見えるようにして、靴を直す振りをしてあげました、振り返ると両サイドから視線が集中していました、兄も今の良かったよ、みんな釘付けだったよ、俺も入れたくなったよというので、私も興奮してきてしまいました。兄が投げているときは、右となりの中年男性に見えるように、わざと膝を開いて座り大げさに脚をばたつかせたりして中を見せていました、見られていると、だんだん濡れてきてしまい、みんなに見られてたら濡れてきちゃたと、兄にいうと、じゃあトイレでパンティー脱いできて、と言われ、言うとおりにパンティーを脱いでみると、すでにパンティーはびしょびしょに濡れていました、丸めてバッグにしまい。レーンに戻りノーパンのまま、椅子に座り、またとなりの中年男性に膝を開いて見せると、明らかに表情が変わったのがわかったので、私はわざと、あっ、見られちゃたという素振りで膝を閉じると、男性は見てないよという感じで目をそらしたので、本当は私のパイパンの割れ目を良く見たいんでしょというように、また投げた後に前屈みになり、靴を直す振りをして、投げようとして待っていた中年男性の目の前にお尻を突き出し、間近で生の割れ目を見せてあげました、となりの男性も黒のパンティーを穿いてないのに気づいたのか、さっきよりも興奮した顔つきで下半身を見てくるのがわかり、今度は左となりの男性から見える位置に座り、膝を開いてみました、男性は明らかに表情を変え食い入るように私の割れ目を見ていました、私も感じすぎて、椅子まで濡らしてしまいました。続く

体験実話集関連タグ

|||||||||

2018年1月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義理の兄との秘密9【体験実話】

その後の兄と私はさらに大胆になり、姉が家に居ても、ちょっと姿が見えなくなると、キスをしたり、触り合ったり、お風呂なんかでちょっと長い時間かかる時は、中途半端に挿入までいったりもしました、その時は必ずオナしないと寝れなくて、オナもたくさんしました。休みの日には、別々に出掛けて待ち合わせしたりもしました、だんだん野外でもする事が増え、その時は必ず私はスカートを穿くように言われ、もちろんノーパンで、いつでもどこでも、すぐに挿入出来るようにというので、私も初めはドキドキだったけど、いつの間にか癖になってしまいました。歩いていると、風で捲れそうになるドキドキや、屈んだりしたときに、後ろから見られそうになる事に快感を覚えてしまいました。そのせいで、いつも私のあそこは濡れ濡れで、すぐに兄に挿入されてしまいます、公園のベンチや、階段の踊場、電車やエレベーターの中でも、誰もいないとすぐに挿入され、太ももあたりまでヌルヌルになったまま歩いた事もあります。おそらくエスカレーターや椅子に座っている時は、私の割れ目がみんなに見られてたと思います、またそれでさらに感じてしまい、ちょっとピストンされ、クリをいじられると、何度でもすぐにイカされてしまうようになってしまいました。続く

体験実話集関連タグ

|||||||

2017年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】3年前に再婚しました。【体験実話】

妻は29歳で巨乳のマゾです。
3年前に再婚しました。調教を重ねてきて更に何か刺激的なことは
ないかと考えていたのですが、1年前に思いつき今に至ってます。
 それは妻を43歳になる独身の兄やその独身仲間に精液処理の玩具
として提供すると言うことです。
 最初は兄を家に飲みに誘い、妻にはノーパン、ノーブラで薄地の
ニットピチピチワンピースなどを着させて兄に巨乳と異常にでかい
乳首の突起を晒しました。
 妻には兄の横へ行かせてお酌させたり、酔ってくると乳首やお尻を
触られても「あん、もう~」とかいっていましたが兄の横からは
離れませんでした。妻には説得し少しだけなら、と言う約束を取っています
 兄には事前に妻のSM変態ビデオを何本も見せています。兄に私の
変態な願望も話しています・・・兄が妻に「ビデオ見せてもらったよ
凄く変態な事が好きなんだね」と言うと妻は私をトロ~ンとした目で
見つめ、私が前もって命令した言葉を兄に言いました

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月27日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹のおし●こ苦すぎワロタwwwwwwww【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:16:17.58ID:vT83z+OU0<>
胃液みたいな苦さで萎えたでござる。

<>20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/11/03(土)11:22:25.96ID:XcqC86b6O<>
妹にどう頼んだ?

<>23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:23:25.23ID:vT83z+OU0<>
20
妹が俺に飲ませたがるから、いいよって。

<>38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:41:16.11ID:5uIvfU6U0<>
ウ●コも苦いよな

<>41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:43:29.29ID:vT83z+OU0<>
38

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ノーパンでデート【体験実話】

数年前のオレが結婚直前の29歳の時の話。
結納を終えてあと3ヶ月で挙式というところ。

法事があって、親戚一同がオレの実家に集まった。
みんな下ネタが好きで何年に一度、集まって酒飲んでは盛り上がった。

嫁さん(婚約者)はまだ身内ではないので
その場にはいなかった。これが事件の始まり。

10歳年下の留美というイトコがいて、その子はオレに会う度毎に
盛んにスキスキ光線を出して来る。

この時もそうで、オレの隣に座って嫁さん(婚約者)がいないのをいいことに
体にベタベタ触って来る。オレも悪い気はしないので好きなようにさせてやってた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】うちの娘 7【体験実話】

彼女が先に脱ぐと妹も脱ぎました。
そして私も。
お菓子を食べておしゃべりしました。
互いの性器を見たり触ったり・・。
3時間が過ぎ帰りの時間です。
ワンピースを着せようとすると妹は首を振るのです。
「ハダカでいいよね?」
彼女が妹に言うとコックリ頷きます。
ここからだと7分でうちです。
妹の手をつないで歩きました。

妹も親の前では大人しいのです。
なので親はしらないのです。
卒園式の日。
両親と妹は一緒に出かけました。

体験実話集関連タグ

||||||

2015年1月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】サンタコスプレの妹と【体験実話】

<>544:なまえを挿れて。:2013/12/21(土)21:54:55.83ID:yX0/7E/pO<>
自己満書き込みです。
今から会ってくる。

俺38
170:62
妹33
158:43
胸は今はDぐらいかな。

関係は妹が小学生ぐらいから短大卒業ぐらいまで。
妹が結婚してからは、3、4年前にセックスしたのが最後。

こないだ妹との昔話書いて、なんだか無性に会いたくなって、連絡とったらOKもらった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月19日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 9 【体験実話】

〜121

果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】妹に犯されたわけで…【体験実話】

高校2年の妹は中学の時から遊び好きで、セックスもやりまくっているという感じでした。逆に僕は自分で言うのもなんですが、生真面目な小心者でセックスには縁がなく、18歳にして童貞でした。そんな対称的な二人ですが、兄妹仲は良いほうで、よく夜遅くまで一緒にテレビを見て話したりもしました。
ある日妹とテレビを見ていたのですが、その時妹の服装はノーブラにキャミソール、下はデニムの短パンという格好で、僕は目のやり場に困っていました。妹はそんな僕を見て「いいよ~別に見たって…」と言いましたが、その言葉に僕は一層照れてさらに意識してしまいました。
妹は僕の反応を楽しむように足を組んだり、体育座りしたり、「暑い暑い」と言ってキャミソールの紐をずらしたりしていました。しばらくして妹は僕の隣に座って来ました。僕が意識しないように移動してくれたんだと思ったのも束の間、妹はいきなり僕に寄りかかってきて、「ね、エッチする?」と聞いてきたのです。
僕は驚いて「なに言ってんだ」と言いましたが、妹は「いいじゃん別に」と言って僕のペニスに触ってきました。「おい、やめろって」と言いながらも、僕は全く抵抗せず、“やめて欲しくない”とさえ思っていました。妹は見透かすように笑い「大きくなってんじゃん」と言って、僕のジャージとパンツの中に手を入れてきました。
「ほら、脱いでよ」と妹に言われるまま僕は慌ててペニスを露出し、妹はキャミソールをまくっておっぱいをプルンと出してから、いきなりフェラチオを始めました。突然の展開で舞い上がってしまい、僕は妹にされるがままでした。
妹は立ち上がると、僕の目の前でチーッと短パンのチャックを下ろしました。妹はノーパンですぐに陰毛が見えました。妹はキスをしながら短パンを脱ぎ、僕に跨るとあそこにペニスを押し付けながら擦ってきました。
しばらくしてあそこがヌルヌルしてくると、妹は「兄貴、童貞?」と聞いてきて、僕は恥ずかしかったけれど正直に頷きました。妹は「中出しはダメだからね」と言うと、僕のペニスをチョイと摘んであそこに押し当ててクイックイッと腰を動かし、ツルンとペニスを入れてしまいました。
妹はさっきまで笑ってテレビを見ていたのが想像できないくらい、いやらしく巧みにクネクネと腰を動かしました。僕は夢中で妹の小ぶりなおっぱいを揉み、乳首を舐め回しました。妹も感じてきたのか「フゥ、フゥ…」と鼻息を荒くし、時折「ん…」と声を出していました。
僕が「出そうだよ…!」と言うと、妹は苦しそうな顔をしながら「ちょ、だめ…もうちょっと」と言って激しく腰を振りました。「やばいって!」と僕が切羽詰った声を出すと、ようやく妹は「んん、もう!」と怒った声を出し、立ち上がってペニスを抜くと、すぐにしゃがんでパクッとペニスを咥えました。
そのまま手でシコシコとペニスを扱き、僕は妹の口の中に射精させられてしまいました。「んっ、んぐ」とちょっと呻きながら、妹は精液を飲んでしまいました。ぐったりしている僕をよそ目に、妹はさっさと短パンを履いて何事もなかったかのようにソファに座ってテレビを見始めました。
僕がのろのろと服を着てからちょっとして妹はテレビを消して部屋を出て行こうとしました。出ていく途中、僕に後ろから抱きつき、「兄貴、今度ホテル行ってゆっくりやろうよ」と言ってチュッとキスしてきました。
なんか妹に犯されたような気分でしたが、あまり嫌な気分ではありませんでした。それから数日後、妹の言葉通りホテルに連れて行かれ、たっぷりセックスしました。妹が言うには、あの日僕にチラチラ見られてたので「興奮してムラムラしたから襲っちゃった」とのことです。ヤリマンなところはちょっと気に入らないけれど、結構かわいいし、身体もロリ入ってて好みだし、このまま関係が続けばいいな、と思っているわけで…。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 3012345...102030...最後 »

このページの先頭へ