【寝取られ】歪んだ純愛 【体験実話】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。
俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。
スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り返ると、女が立っていた。
目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。
俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】エロ雑誌モデルの妻【体験実話】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】自慢の母(1)【体験実話】

僕は14歳の春に、母と2人で知らない土地に引っ越したため
中学では転校生だった。そのためか、僕はクラスで虐めにあった。
転校生が全員そうなるわけではないだろうから、僕の性格に問題があったのかもしれない。
うちの家庭は、僕と母の2人暮らしで、
母は昼はスーパーでパート。夕方から近所のテニススクールでテニスのコーチをしていた。
そんな家庭だったので、母に心配をかけたくなくて、虐められていることなど到底言い出すことはできず、ひたすら耐える毎日だった。

ある時、母と2人で歩いていると、虐めの中心人物である村松とばったり出くわした。
村松は母を見ると、「こんにちは」と笑顔で挨拶をした。
母も「あら、村松君、こんにちは」と挨拶を交わした。
僕が??なぜ、母は村松を知っているんだ?という顔をしていると、母が
「テニスの生徒さんよ」と言った。
村松も??疑問に思ったのか「健太君は、コーチとどういう関係?」と僕に質問してきた。
僕は黙っていたが、母が「うちの息子。あ、そっか、そういえば同じ年よね。もしかして同じクラスだったの?」と答えた。

体験実話集関連タグ

|||

2014年5月15日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】生意気な年上女を寝取ったった【体験実話】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺はただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
すると偶然にも、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。
俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めていたのだから。
俺は嫌そうな顔をしている翔太を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど近くにスーパーがあったので、そこで万引きさせることにした。
半ば引きずるようにスーパーまで連れて行くと、翔太は万引きしたくないとゴネはじめた。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、なんとか万引きさせようとしていた。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り向くと、女が立っていた。
俺と目が合うと女は「やめなさい!」と叱り付けやがった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年5月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】友達夫婦と 4【体験実話】

 KとY子の忘れられない夜から1月経ちました。妻は普段通りで何の変化も見せません。朝夕めっきりと寒くなってきて吐く息も白くなって来ました。厚めのオレンジのトレ−ナーと白のスカート、足には紺のハイソックス。こんな姿の妻にあの夜の姿を重ねてみます。2歳の娘をあやし、家事もてきぱきとこなしています。
 何の変化も無いと言いましたが1つだけ変わった所があります。私に対して体の欲求を素直に示すようになった所です。今朝も元気になっている私の分身をずっと握っていました。そして私を積極的にからかう様になったことも変化の1つです。新聞を読んでいると後から穿いてるスカートで私の顔を覆って来ます。また寝ている顔の上にスカートのまま跨って見せつける様に挑発して来ます。スカートの長さの大分短くなって膝上10cm位の物を家では穿いています。微妙な長さで、立ち上がったり屈んだりする時に下着がチラチラします。妻もわざと見せるように動きを大きくしたりします。
 テーブルの上には3本のビデオテープが有ります。昨日の夜はこのビデオを見ながら激しく妻を後背位で激しく攻め立てました。嫉妬と妻への愛、何かゾクゾクする感情によく襲われ昼間でも妻を押し倒す事が有ります。

 電話が鳴りました。少し話をしていた妻が子機を持って来て 
「Y子ちゃんから」
と取り次いできました。電話に出るといつもの明るい声が耳を擽ります。
「まだ怒っているの?M子ぼやいてたわよ。」
「別にそう言う訳じゃないけど…」
「ウチの亭主が話が有るんだって。時間大丈夫?」
「…いいですよ」
今度はKののどかな声が聞こえてきます。そのまま書くと長くなるので、まとめて下に書きます。
「少しは落ち着いたか?奥さんや私たちを赦せとは言わないから現実だけは認めるべき。あなたも逃避するだけじゃなく少し心を開いてみないか?今日、私たち夫婦と少し付き合って欲しい所がある」
こんな内容でした。私は少し不可思議な感情に包まれながら承諾してしまいました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】旦那を守りのために 【体験実話】

311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0
12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。
1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。
今から緊張しています。
転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。

316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0
314
確かに、そうなのですが
実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして
本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^
やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと
312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。
休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが
ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月11日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】転職後の悲劇(壮大な釣りか、はたまたネタか) 【体験実話】

311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0
12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。
1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。
今から緊張しています。
転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。

316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0
314
確かに、そうなのですが
実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして
本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^
やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと
312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。
休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが
ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2013年11月19日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】ついに妹と一線を越えてしまいました 【体験実話】

秋・・・忘れもしない9/25僕の23才の誕生日がやってきます。
この日は偶然にも定休日の月曜日で僕は仕事が休みでした。
妹にはそれとなく誕生日に挿入させて欲しいと頼んでありました。
「なおちゃんの一番大事なとこちょうだいなっ!」と冗談っぽくでしたが、なんとなく期待はしていました。妹も挿入させてくれるような雰囲気のことも言ったような気がします。
前日の9/24僕は仕事から帰るとき、プリペイド式ケイタイを購入。実は妹はケイタイをすごく欲しがっていたのですが親がまだ早いと言って買い与えてなかったので僕が挿入させてくれたら自分からもプレゼントとしてあげようと思っていました。
9/25の朝がやってきました。夏休みの時のように親が仕事に出かけたのを見計らって妹の部屋に潜入。
パジャマで寝ている妹の布団に潜り込みました。
妹は目を覚ましましたが「うーん・・・あと5分寝させて・・・」と言って布団から出ようとしません。
僕はかまわずパジャマのボタンをはずすとかわいいジュニアブラがあらわになりました。
実は妹はブラを3枚しか持っておらずすべてジュニアブラ(タンクトップを短く切ってブラにしたようなホックのないタイプ)で、ピンクのギンガム、純白に水色の小さいリボン、
それと今日つけている白なのですが水色で文字がプリントされたタイプで僕はこのブラだけはあんまり好きではありませんでした。
記念すべき初挿入日になるかもという日にこのブラではちょっとなと少し贅沢になってきていた僕は妹のタンスからギンガムの上下を出して着替えさせました。(お気に入りの白の方は干してありました。)
妹をビデオがセッティングしてある自分の部屋に連れていき、まずケイタイを見せました。
「ほしい?」と聞くと「くれるの??まじで???いいの???」と予想通りの喜びようでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年11月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】中間テスト 【体験実話】

前編:3年前の春頃の話です

ゴールデンウィーク終了後僕は毎日のように自分の部屋でのビデオを見ながらオナニーしました。
僕は仕事で帰りが遅く、母親は毎日パートですが4時頃には帰宅しています。
僕が早番で仕事がオワリ即帰っても5時半過ぎになるので妹にいたずらするのはもう不可能のように思えましたし、妹も何事もなかったように普通に話してきていました。
夏休みまで待つしかないと思っていた5月下旬月曜休みの僕が昼前に起き出すとリビングに制服姿の妹がご飯を食べ終えたところでした。
「あれ?学校は?」と聞くと
「中間テスト」とのことでした。
そうか!コレはチャンス!しかも制服です!!もう僕は一気に目が覚め寝起きも手伝いティンコビンビン状態になりました。
まずは普通に会話をし、テストはいつまで?明日の教科は?と聞きました。
もう教科は何か忘れましたが翌日は妹の得意教科と苦手教科の2つの試験があるとのことでした。
僕は苦手教科の方を「お兄ちゃん得意だから教えてあげる」といって断られたような気がしますがなんだかんだ言って妹の部屋に入っていきました。
妹も注額に入学して初めてのテストだったので何を勉強するのかどういったものなのかもあまり解っておらず、部屋に入っても勉強を始める気配がありませんでした。
僕は「勉強もいいけど、集中せずにやったら意味ないし、もやもやしながらやっても身につかんよ」とまた訳の分からない理論で言いました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年11月7日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】村松 【体験実話】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。
俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。
スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り返ると、女が立っていた。
目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。
俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。

体験実話集関連タグ

||||||||

2013年9月22日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 212

このページの先頭へ