【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【体験実話】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。
私は、震える手でそのヒモをつかんだ。
『早くぅ。引っ張ってみて!』
果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。

私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、
『ん……フゥン』
と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。

それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。
『へへ。垂れちゃったね』
果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。

「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」
私は、あまりのことに声を荒げてしまった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】ぎりぎりの初体験 続【体験実話】

遅くなってすいません。
あれから何度もいもうとにせまったのですがなかなかやらせてくれません。
何で??ってきいても
嫌になったから の一点張り。
しかたないんで強攻策にでることにしました。
妹は小6で学校の課外クラブでばすけぶに所属しています。
そして昨日12時〔正午〕に帰ってきたときいつものように汗を流すために風呂に入りました。
そのとき父は仕事の休憩でいったん家に戻って食事をしています。
今思うと無謀ですがいもうとが風呂から出てきたとき父がトイレにいきました。
はだかの妹に後ろから抱きつきおっぱいを激しくもみました。
「ひゃっ・・・ん??」と妹。
妹がたったまま今度は少しはえているマン毛を激しく舐めると
「ちょっ・・・お兄・・ンッ・・ちゃん  ァンっ」
父がでてきたのでやめました。このときちくられていたら人生終わってました。
でも妹はなにごともなかったかのように着替えています。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2015年1月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お漏らし3姉妹【体験実話】

姉「ちょっと部屋こいや」姉「……」姉「来て下さいね」
姉1「ちょっと……お前ここに座れ」トントン
姉2「……座って……」
姉3「お姉ちゃん達は怒ってるんじゃありませんからね」
姉1「俺は怒ってるわ、姉3は甘いんだよ」
姉2「……」
姉3「まぁまぁ、弟くんにも事情があったんですよ。そうですよね?」
……
姉1「ダンマリかよ。ったく、自分のしたこと分かってんだろ?」
姉2「……パンツ……」
姉3「そのぅ……たまたま紛れてしまったんですよね?」
姉1「なわけねーだろ、何だよこの染みは」
姉2「……カピカピ……」
姉3「……えーっと、ど、どういうことですか?」
姉1「こいつ、パンツおかずに抜いてやがってんだよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お漏らし3姉妹【体験実話】

姉「ちょっと部屋こいや」姉「……」姉「来て下さいね」

姉1「ちょっと……お前ここに座れ」トントン

姉2「……座って……」

姉3「お姉ちゃん達は怒ってるんじゃありませんからね」

姉1「俺は怒ってるわ、姉3は甘いんだよ」

姉2「……」

姉3「まぁまぁ、弟くんにも事情があったんですよ。そうですよね?」

……

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉紀子と【体験実話】

前編:従妹アキ、従姉紀子との・・・(近親相姦の体験談)

==========================================================
リンク:
==========================================================

<>644:えっちな18禁さん:2008/04/06(日)00:57:40ID:ymcYa2CA0<>
お久しぶりです。
レスをくれた人にはレスをするのがオレのジャスティスでしたが
このスレを開いていない間にレスをくれた人、申し訳ない。
未だにコメントくれている人がいるみたいで
びっくりするやら嬉しいやらです。ありがとうございます。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉とシコタン 最終章 運命の一夜 編【体験実話】

<>522:253:2011/07/20(水)00:30:00.34ID:SylL0ogO0<>
運命の日を間近に控えた俺たち姉弟に、ハァハァな展開はしばらくなし

夏休み終盤には集中講義なるものがあり、姉は普通に学校に通ってた
電車も学生が夏休みで目立ったラッシュもなく、姉は一人でも平気とのこと
俺は俺でバイトの時間を増やしたり、部活の合宿などもあったもんで

口内射精を終えた俺たちの向かう先はもはやエチーしかないと思われたが、
微妙な距離感を保ったまま普通の姉弟として数日間を過ごしていた

前述した自営業を営む両親の仕事を手伝い小銭を稼ぐなど、意外と働き者の俺
そんな俺を孝行息子だと両親ではなくなぜか姉が褒めてくれる

<>523:253:2011/07/20(水)00:32:51.83ID:SylL0ogO0<>
いや、違うんだ

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹「うつぶせの妹に後ろから挿入してみたくないですか?」【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土)18:36:33.80ID:F/tDIsq4O<>

兄「は?」

妹「?」

兄「いやいや・・・今なんて?」

妹「だから寝転がってる妹を後ろから乱暴にハメハメしたくないですかって聞いたんですよ」

兄「・・・熱でもあるのか?」

妹「私は至って真面目です」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】今日久々に実家に電話かけた【体験実話】

251:Mr.名無しさん:2010/01/19(火)01:04:33
今日久々に実家に電話かけた

母「俺君から電話かかってきたよ〜」
姉「ぅおおおおおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」
母「春先には帰って来れるん?」
姉「おねえちゃんだよぉおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」
母「こっちは旅行の予定立てとんよ」
姉「親孝行ぉ♪親孝行ぉ♪(受話器から離れてるとこから歌ってる)」
母「そうなんよ、おねえちゃんが連れてってくれるんよ〜」
姉「帰って〜来いよ〜♪(受話器から離れてるとこからry)」
母「それで俺君も」
姉「さびしいぞ!くぁwせdrふじこ!(受話器から離れてry)」
母「来れるんやったら一緒に」
姉「混浴だー!家族風呂だー!(ry)」

体験実話集関連タグ

||

2014年8月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】早口妹【体験実話】

数年前の話
すでに社会人だった俺は時々妹に小遣いをあげてた
高校の帰りにファミレスでメシ誘って、食べたあとに小遣いあげたら
「援交みたい(笑)」
と無邪気に言われたのがキッカケ
ちょ、オマ、声デカいしw
とテンパりまくったけど、なんか単なる可愛い妹が急にエロ可愛いい妹になってしまいハァハァした

「援交とかしてる友達いんの?つか、オマエまさか?」
「するわけないでしょ、お兄ちゃんがくれる小遣いだって貯金してるくらいのマジメな妹ですっ」
って言ったあとベェーって舌出して悪戯っぽい微笑み

なんか弾けてしまい
「処女?w」
って聞いちまった(笑)

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年8月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら 【体験実話】

嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。

最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。
体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。
それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。

そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。
それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。

目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。

そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。

希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ