【近親相姦】妹【体験実話】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年2月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【体験実話】

私はバツ一の45歳。

子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。

そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。

彼女とそこで知り合ったのです。

当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。

40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって
お見合いパーティーをしたのです。

全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】妹と海水浴【体験実話】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。
唯一、海へ泳ぎに行った位だった。
それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。
事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。
仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…
まあ、とにかく海に行く事に決まった。
で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。
それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。
そこで早速その知人に連絡すると、今年は忙しくて別荘には行っていないとの事だった…が、知人は折角だからと自由に使ってと快く貸してくれた。
俺は直ぐに知人宅へ伺い別荘を借りる上での場所や注意事項、万が一何かが起きた場合の対処に管理会社への連絡等など、色々と至れり尽くせり、やってもらった。
翌日、2泊3日の予定で俺達は知人の別荘へ向かった。
途中買い物がてら昼飯を食べて13時頃別荘に着いた。
その別荘は管理地内にあり部外者は簡単に立ち入る事が出来ないプライベート別荘地であった。
そして知人の別荘に着くと、なんと裏庭が海!しかも完全プライベートビーチ!岩山に挟まれた幅約100メートル程の白いビーチが別荘の裏に広がっていた。別荘から岩山に向かってそれぞれフェンスと垣根で仕切られて中に入るのも中を覗くのも簡単に出来なくなっていた。
また、そのフェンス沿いを監視するカメラも設置してあり不審者らしき者が映ると直ぐ様、管理棟からパトロール隊がやってくると言う、そんなセレブな所がこの日本にあったとは驚くばかりであった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】出会い【体験実話】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。妻のスペックは、バストがHからIカップの間を行ったり来たりで、ヒップは、メーター越えのデカ尻、ウエストもそれなりにあり、ややもすれば、只のデブだが、すれ違った男達が振り向く位、エロ漫画にでてくる豊満熟女のようなムチムチっぷりだ。結婚前から胸は大きく、妻の同級生たちから『ボインちゃん』と呼ばれていたようだが、子供を産むたびに、安産型と言うか、尻もムチムチと大きくなって行った。私は、8年前に倦怠期を打開しようと思い、妻のヌードを何枚か撮影して投稿したこともあったが、私の仕事の関係で万が一バレたら、えらい事になってしまうので数週間で辞めた経緯がある。なぜかと言うと、所属の課に熟女好きな部下がいて、妻の左顎にあるホクロと妻のムチムチした体に興味があり、家に誘って呑んだ時も妻をエロい目でみていたからだ。そいつは、事あるごとに妻を褒め、酔っ払った勢いで妻の胸に顔を埋めたこともあった程だからだ。その時は、妻もかわいい子供をあやし付けているようだったが、熟女サイトを漁り、万が一見つかっては と投稿を辞めたのだった。
 妻の友人で由美子(妻の高校の時からの同級生)が、一人暮らしになってしまった妻を気遣い、ショッピングや夕飯に誘ってくれ、妻も寂しさを紛らせていたようだった。由美子は、細身のセレブ系。旦那も私と同じ年だが、大手企業の部長補佐、高級住宅と呼ばれる家に済み、収入は、私の軽く1.5倍はあるだろう。しかし、この家には、子供がいない。二人っきりの生活だったので、妻と比べて由美子は良い服やバックを身につけ、アクセサリーも妻の着けている物とは違い、華やかであり、しがない公務員とは、大違いの生活をしていた。そんなある日、週1回夕食に招かれていた妻に異変が起こったのだ。妻の証言と由美子の話をまとめてみた。
 この日の夕食は、ローストビーフと洒落たおつまみ。高級ワインを呑みながら談笑しているとお客が現れた。ピンポーン
由美子『はい。どなた』
男『木村さんの部下の吉本です。』
木村(由美子の旦那)『おう。俺が呼んだんだ。入れてやれ』
由美子『はい。どうぞ~』招かれたのは、木村の部下である吉本。
吉本『補佐のご好意で来てしまいました。』と日本酒を片手にやって来た。
木村『吉本さん。気を使わないで』吉本は、昨年秋から木村の部署に赴任してきた56歳の男だった。
由美子『わ~珍しいお酒。遠慮なしに頂いておきます。』
木村『さ~。吉本さん座って下さい』と吉本を招き入れた。
由美子『はじめまして。木村の家内の由美子です。隣に居るのが、友人のサキです。』
妻『サキです。宜しくお願いします。』
吉本『吉本です。宜しくお願い致します。』
木村『さ~。呑みましょう。』暫く歓談が続き、他愛もない話に花が咲いたようだった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月1日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】30歳の既婚者です。【体験実話】

30歳の既婚者です。投稿者:営業マン投稿日:9月17日(月) 11時20分15秒
俺は結婚してるけど 浮気大好きで、取引先の事務員食いまくってます。
この仕事初めて1年ですが 50歳から20歳代の人妻ばかり食ってます。
 今はまってるのが49歳のかずみと、31歳のみか そして27歳のさや
です。みんな人妻です。まずかずみはある会社の社長婦人ですごくセレブで
グラマーできれいな人で金も援助してくれます。そのかわりのセックスは半
端じゃなくエロい。
 みかはたまたまだけど 友達の奥さんです。スタイルよくてかわいい。ア
ナルセックスもできる淫乱女です。
 今一番すきなのがさやです。スタイルはモデル並で、168あって92F61
 91でおまけにパイパンでTバックばかりはいてます。潮はバンバンでるし
あえぎ声も大きくてハスキー。突かれながら何回もイきます。縛られたり、
目隠しされるのが好きなマゾで、最近はやっと俺のちんぽがアナルに入るよ
うになりました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年7月22日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした7【体験実話】

嫁のユキが、バイト先のパン屋さんで知り合ったマコさんと仲良くなり、マコさんの旦那のケイスケさんと4人で遊ぶことが多くなり、ちょっとだけエッチな体験をするようになりました。

ただ、それもエスカレートしてしまって、前回とうとうユキとケイスケさんがセックスをしてしまいました、、、
そうなるかも知れないと、ここの所ずっと思っていて、ユキとのセックスの時もケイスケさんの事を話したりしていました。
だけど、ある程度覚悟をしていても、実際に目の前でユキが他人とセックスをしているのを見るのは、言葉では言いあらわせないくらいの、大きな衝撃でした。

だけど、本当に異常なくらいの興奮が僕を襲いました。
そして、ユキにも僕のそういった性癖が見透かされてしまって、さらにエスカレートしていきそうな感じです。

今週末は、ユキとマコさんが入れ替わるという、昔テレビであったラブちぇんという番組みたいなことをすることになっています。

ユキが、ケイスケさんと二人で土日の2日間を過ごすというのは、想像するだけで嫉妬や焦燥感や心配で、冷静ではいられなくなります。

毎日のようにそれを想像して、勝手に興奮して盛り上がり、ユキに襲いかかるのですが、

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年7月8日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】ランチ合コンでセレブ妻とのなり染め【体験実話】

その日友達3人と人妻3人とのランチ合コン

俺達はナンパや出会い系そしてジムや教室など

ありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた

熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、若妻快楽世界など

人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた

若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がはやっていて

やっと都合が会う機会ができたので

念願の合コンを迎える事ができた

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年7月7日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】毎日エロ動画見てる俺が女を釣ったw 【体験実話】

都内に住む、ひとつ年下の主婦です。

自分はバツイチでして、もう二度と結婚はごめんと思ってるので、

お金なしで割りきって付き合えて年齢が近い人妻を探していました。

独身の女性で30歳過ぎてたら、結婚とか面倒くさいこと言い出しそうですもんね。

メル友というか、セフレ的な感じの主婦が希望だったんですが、

家も近いし仲良くなってエッチできればと思ってメールを送ってみました。

最初のうちは、どうでもいい世間話をしてたんですけど、

だんだん悩みとか深い話を打ち明けてくれるようになりました。

体験実話集関連タグ

||||

2014年7月3日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】旦那に浮気された人妻を抱いたww 【体験実話】

人妻 菜穂子(自称40歳)とは出会い系サイトで知りあった。
ご主人の上着のポケットに、スナックの女の名刺が入っていただけで、浮気者扱いしてしまうほど純情で世間知らずの女だった。
菜穂子は旦那が浮気したと思い込みひどく落ち込んでいた。救いの言葉が欲しくて出会い系に登録したようだ。
俺(45歳)は、そんな菜穂子に更に追い討ちをかけた。

「その女の名刺を持つてるってことは、お店に何度も通い、Hをしまくってるね。
それに、そういう女とHするような男は、それ以外にもいろいろと遊びまくってるね」と。
そんな菜穂子と逢う約束をするのはたやすいものだった。
渋谷で待ち合わせをし、居酒屋で飲み、ラブホへ。
菜穂子は、スタイルは良いが、真面目な、どこにでもいる平凡で地味な主婦であつた。
旦那とは20歳の学生時代に知り合い処女を奉げ、そのまま24歳で結婚。
浮気経験も無く、40歳にもなって、旦那以外の男を全く知らない女だった。

俺は、なぜか処女とやる時よりも異様な昂ぶりを感じた。
ソファーに並んで座り、やさしく仕掛けるが、必死に抵抗する菜穂子。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】ドスケベな人妻【体験実話】

人妻 菜穂子(自称40歳)とは出会い系サイトで知りあった。
ご主人の上着のポケットに、スナックの女の名刺が入っていただけで、浮気者扱いしてしまうほど純情で世間知らずの女だった。
菜穂子は旦那が浮気したと思い込みひどく落ち込んでいた。救いの言葉が欲しくて出会い系に登録したようだ。
俺(45歳)は、そんな菜穂子に更に追い討ちをかけた。
「その女の名刺を持つてるってことは、お店に何度も通い、Hをしまくってるね。
それに、そういう女とHするような男は、それ以外にもいろいろと遊びまくってるね」と。
そんな菜穂子と逢う約束をするのはたやすいものだった。
渋谷で待ち合わせをし、居酒屋で飲み、ラブホへ。
菜穂子は、スタイルは良いが、真面目な、どこにでもいる平凡で地味な主婦であつた。
旦那とは20歳の学生時代に知り合い処女を奉げ、そのまま24歳で結婚。
浮気経験も無く、40歳にもなって、旦那以外の男を全く知らない女だった。
俺は、なぜか処女とやる時よりも異様な昂ぶりを感じた。
ソファーに並んで座り、やさしく仕掛けるが、必死に抵抗する菜穂子。
俺は、「じゃあ、2人とも服を着たままベッドに入り、話しだけしよう」とベッドに誘い込み、抱擁した。
ベッドの中で、菜穂子から、旦那との夜の営みの話をいろいろ聞いた。菜穂子はまだイクという事を知らないようだ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月11日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話
1 / 512345

このページの先頭へ