【人妻】アパート 表【体験実話】

若い頃の実話の思い出です。表は感じたまま書きつづります。
高校を卒業してまもなく一人暮らしを始めた。風呂無しボロアパートの1階に部屋を借りた。
親元を離れて自由な暮らしを夢見たが、彼女も出来ずAV鑑賞の毎日に満たされない欲求が膨らんでいった。
刺激を求めて近所を徘徊しても何かあるはずもなく、アパートに戻り一人寂しく過ごしていた。
いつしか、同じ棟に住む平山さんという50前後の女性にも性欲を感じてしまう有様で、平山さんの自転車のサドルに触りちんこを勃起させる様な変質者ぶりだった。
隣の棟に木村さんという夫婦と小学校1年生くらいの男の子の家族が住んでいて、そこの奥さんが平山さんは仲が良いようで、立ち話をしているところを見かけた。木村さんの奥さんの方がはるかに若くて美人なのだが、性欲は向かなかったのが不思議だった。
ある朝、ゴミを捨てに行くと平山さんとすれ違った。ゴミ捨て場には袋が2つ置いてあり、衝動的に手前の袋を持って来てしまった。部屋に入りゴミ袋を開ける時は身震いするほど興奮した。しかし、ゴミ袋の中から小学校の手紙が出てきてしまい、間違えて木村さんのゴミ袋を持って着てしまったことに気づいた。残念な気持ちでゴミ捨て場に戻そうとしたが、バレてはいけないので袋を入れ替えることにした。ガサガサと入れ替えていると怪しげな紙袋を発見、中を開けるとたくさんのティッシュと一緒に使用済みのコンドームが数個出てきた。衝撃的だった。当たり前だが、あの夫婦はセックスしてるんだと思い物凄く興奮してしまった。
その夜、木村さんが住んでいる棟をうろついてみた。蚊取り線香の匂いがして、軒下には子供の海水パンツとバスタオルが干してあった。すりガラスの向こうには蛍光灯の明かりとテレビの光がチラチラして団らんが伺えた。「明かりが消えたらもう一度徘徊しよう」そう思い部屋に戻り、向かいの部屋の様子をうかがう事にした。11時過ぎに電気が消える、静かに近づき耳を澄ます、今にもいやらしい声が聞こえてきそうで股間が硬くなった。木村さんの奥さんは中肉中背だが引き締まった感じの体で、少し目の小さい可愛い顔立ちだった。「あの奥さんがセックスしてるかも」そう思いスウェットのパンツに手を入れちんこをしごいた。暗い部屋に青白い明かりがつき、テレビの音声が聞こえてきた。
「???」なんだ?
耳を済ますと、テレビの音に紛れた微かないやらしい声が聞こえる。
「んーーん、はぁ~~」みたいな感じで、興奮が頂点に達してその場に射精してしまった。
「子供を寝かせてからテレビの音声でごまかしながらセックスするんだ」そう想像した。電気が消えた後にテレビがつく日は週に3回くらいあった。その度に聞き耳を立てセンズリをした。
その日も部屋の明かりが消えて10分位経つとテレビがついた。スウェット姿で近づき窓に耳を寄せた。ガラッ!突然窓が開き「こんばんは。」ニコニコした奥さんがいた。
「あっ、こんばんは・・」焦って返事をした。
「何してるんですか?」疑いの眼差しで奥さんが話す。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2013年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】ネトラレ 【体験実話】

俺と奈緒は、やっと結婚1年目を迎えた夫婦だ。

俺達は社内結婚なのだが、奈緒は入社当時から評判の美人で
少しおっとりしているものの、明るく素直な性格で誰からも好かれる娘だ。
俺は容姿も性格も地味で目立たない存在だったので、奈緒と結婚が決まったときは
周囲の同僚にかなり驚かれ「どんな弱み握って脅したんだ」とかからかわれたり
女性社員の間では「ヨシキさんって凄い巨チンらしいよ」という噂が流れた為
俺を見る目がちょっと変わった程だった。

ギリギリ人並みのモノしか持ち合せてない俺はちょっと嬉しかったのだが、
どうやら奈緒は怒っているみたいだった。

そんなある日、俺の部署で定年退職する上司の送別会があった。
俺はその上司に凄くお世話になっていたので、
その日は彼の好きな酒にトコトン付き合うつもりで、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】妻の不倫告白その後 お酒の上での痴態【体験実話】

私の妻、美紀はお酒に弱く酔いだすと調子に乗り更にハイに成り大胆にHに成り最後は意識が無くなる所まで行くそうです
今までも何回か泥酔・昏睡して朝目が覚めると、隣に覚えが無い男が寝てた事が、数回有ったと妻に告白されました
今日は先に書いた妻のパート先での歓迎会での出来事を麗子の証言も入れ妻の告白どうりに詳しく書きます
歓迎会も夜9時ごろに成り他の社員やパートさんたちがゾロゾロ帰りだしました、妻も少しだけ飲んでいてこの時は、
ほろ酔い程度でした、
妻も麗子も帰ろうかなと立ち上がりました
社員A「駄目だよ美紀さんまだ帰っちゃ2次会始まるよ奥さんの為の歓迎会なんだから」
麗子「まだ帰らないで旦那さんと子供大丈夫?」
美紀「多分大丈夫、遅くなるなら麗子のマンションに泊めてもらうと旦那に言っているから」
麗子「そうなんだ」麗子はこの時嫌な予感がしていたそうです、麗子の告白によると過去にこんな事件が有ったそうです
2人で居酒屋で飲んでいると妻は少し酔ってきたそうですそして麗子に、私の悪口をぼやきはじめました、そうしていると
20代後半ぐらいの独身男2人が妻と麗子に声をかけて来ましたいわゆるナンパです、妻は直ぐ相席をOkしました
男A「いやー2人ともお綺麗ですね独身ですか?」
美紀「私は結婚しています」男B「ええー旦那さんが羨ましー」美紀「いえいえ旦那とは喧嘩ばかりしています」
麗子は独身で彼氏が待っているので今日は早く帰りたい

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2013年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】ニューハーフに寝取られ【体験実話】

私は39歳、妻は37歳で結婚して10年、子供は小3と小1の普通の家庭です。
妻は専業主婦で子育てに専念している普通の女性です。 性生活も地味で、結婚以来
妻から求めることはなく、内容も私の一方的なものでした。 最近は月に一度あるかどうかに減っていますが、特に仲は悪くなく円満な夫婦でした。
妻に少し変化を感じたのは子供が小学校に上がってからです。 友達と昼間に出掛けたり、
友達が家に遊びに来る機会が多くなって、着るものとか身だしなみも気を使うようになったと思います。 
元々美人系でスタイルの良かった妻です、ヘアスタイルや化粧まで少し変わると、仕事中心で家のことに無頓着だった私でも気付きます。 それでも子育てが一段落して、妻が綺麗になることは良い事かな程度に思っていました。
しかしある時、脱衣かごの中で妻のピンクの下着を見たときは少し驚きました。 それまで妻は白かベージュ系の下着しか着けずセクシーなものは嫌がっていました。
それからこっそり妻の下着などが入れてありそうなところをチェックしました。 出てきました、奥の方からカラフルなビキニやTバック、スケスケのスリップのようなものまで今まで見たことがないものばかりでした。  その時私は妻が浮気をしているのではないかと確信しました。
その夜私は妻を求めました。 いつもの一方的なセックスではなく、妻を責めるように時間をかけて徹底的に下半身を愛撫しました。 
妻は逃れるように「今日はどうしたの、ダメダメ」と言っていましたが、大洪水状態になり、最後は「アー、ダメー」と言いながら下半身を痙攣させながら逝ってしまいました。
そんな妻を見るのは初めてでした。 興奮した私は、すぐに妻に挿入し突きまくりました。
いつもは無言のセックスなのに、「感じるのか?、エッチな身体だな?、誰がこんな身体にした?、どこが感じるんだ?・・」など言葉攻めにしながら突きまくった。 妻は「アーアー」としか言わず、最後は顎をガクガクさせながら逝った。 「今日のあなたはどうしたの」と言われたが、その日は二人ともそのまま眠った。
私は妻が激しく感じたことに驚いたし、同時に凄い嫉妬感を感じ、何とか浮気の事実を確認しようと思いました。 
私は会社を休んで妻の行動を監視しました。 といっても一人で出来ることは知れています、分譲の一戸建てなのですが、かなり離れたところから玄関の出入りを見る程度です。
最初の日は、12時頃女性二人が訪ねて来て3時前に帰りました、妻は外出はしませんでした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2013年10月1日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】公認?浮気デート 「大好きな人がいます」 【体験実話】

公認?浮気デート 
公認?浮気デート Bside+後日談 

のさらに後日談

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

457:えっちな18禁さん:sage:2010/12/02(木)00:15:21ID:3uW9g4B10(7)
どうもシンジです。
もう来ないとか言いつつ、専用スレまで作られたと聞いて
実は少し前からこのスレ見てた。

何か熱い意見が多くて俺が入って来辛かったりw
でもなるほどなぁと思える意見があって参考になったよ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月30日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】妻の裏切り 【体験実話】

妻の裏切り 1
僕は大手家電メーカーに勤める35歳のサラリーマン。
昨年の春から3年の予定で大阪に単身赴任している。
月に1回、週末を家族と過ごすために東京晴海にある自宅マンションへ戻る。
妻は現在31歳。163cmで45kg。柴崎コウ似のスレンダーな美人だ。
彼女が大学在学中の21歳の時に長女を妊娠して「できちゃった!結婚」
24歳で次女を出産後、週に3日銀座のクラブでアルバイトをしていた。
持ち前の容姿と色気で多くの指名客を持ち、チーママとして頑張っていた。
妻が出勤する水曜日と金曜日は僕が早めに家に帰って子守役。
土曜日は家族団欒のあと、妻が出勤。
そんな毎日の繰り返しで4年の月日が流れていったが、僕の転勤を機に妻の仕事は一旦休止していた。
僕は毎月第2週の週末に自宅へ戻っていたが、昨年のある夏の日、前の週に帰ったにも関わらず急に家族に会いたくなり、連絡もせずに最終の新幹線に飛び乗って自宅へ戻った。
自宅のドアを開けると妻が驚いた顔で出迎えてくれるはずだった・・・。
ところが家の中は「し~ん」と静まり返っている。
私たちのベッドに寝ているはずの妻の姿がない。どこへ行ったのだろう???

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】プール男【体験実話】

プール男
俺の中二の夏の話。
ちょうどオナニーを覚えたてだった頃に体育のプールシーズンが重なり大変な事に・・・。
まぁ端的に言うと女子のスクール水着姿見るとどうしても勃起しちゃうわけで・・・
しかも、うちの学校のスクール女子用水着は誰が考案したのか斜めに白いラインがあるの。
それが丁度乳首のところに重なるんだけど薄っすら乳首が透けて見えるんだよね。
俺の発育が早かっただけなのかもしれんが、どうして他の男子は起たないのか不思議だった。
まぁでもみんな「透けてるよな」とかコソコソ言ってたけどね。
もう中二だと発育早い子は巨乳ちゃんとかいてもうこれがたまらないわけ。
ここで活字にしちゃうと笑い話なんだけど、実際には水泳の時間に俺の海パンだけ前が膨らんでたら相当やばい。
特に中二って性的目覚めてる奴と目覚めてない奴の分岐点的成長期だから微妙で少しでも前がモッコリしてると目ざとく「お前何立ってんだよ」とかからかわれてしまう。
とりあえず俺はトイレにいくふりして勃起が治まるのを待った。
が、治まっても結局女子見ちゃうとまた起ってしまう・・・。
結局性的に初めて目覚めた記念すべき最初の水泳の授業は殆どトイレで過ごす事に…。
しかしながら二度目三度目の水泳の授業でもやっぱり起っちゃうんだよな。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月22日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】あの頃は 【体験実話】

ここ数年出会い系、、ツーショットで30代の人妻と会うけど全員援助交際ばかり。脱がす事もなく自分から裸になり、恥かしがること無く風呂に入ればちんちんをまるで風俗嬢のように慣れた手つきで洗う、フェラチオすれば、舐めるのもしつこく、69も平気、おまんこ見られるのも平気、舐めたらもっともっとと尻押し付ける、コンドームつけるのも中にはフェラチオしながら付ける奴、下着は、カラフルでセクシーランジェリー、Tバック。どこが主婦だと思うよ本当に。素人、風俗同じだよ。昔は主婦は白のブラに白パンティー付いててもリボン、たまにピンク、ブルーだとオシャレしたなと思えた。洗濯しつくしたパンティーなんか濡れると良く染みて、それが生活感あって良かったけど。
浮気始めての人妻なんか良かったね、拒んで拒んでちんちん受け入れて感じてるくせに「あなたごめんなさい」と泣く奴もいるし、H終わった後、後悔してベットで半泣き、フェラチオした事無い、69した事無い、騎乗位も無い、多かった。そんな人妻今は居ないよ。
大学時代、20歳の時、27のOLと同棲してたから、結構年上好きの20代だった。20年位前25歳で岐阜に転勤で住んでた、廃業した喫茶店の跡のテレクラ良く行ってた。
早取りだから、とにかく会話した女、会うのが大変。女子高生でも主婦でも会えればあってた。会えば岐南のホテルに直行。主婦は20代、30代10数人会ったと思う、半分ぐらいは浮気も初めて、中には、結構有名なやらせる人妻もいたけど。町でティッシュ貰って電話したのが多かった。ほとんどが1回限り、嘘の連絡先教えてバイバイ。当時あまりコンドームしなかったから生で中出ししたり、腹出ししてたけどね。1人だけ半年位続いた主婦が居た、栄子と言う名前だったと思う。34歳だった。テレクラ初体験、ティッシュに興味を持って電話してきた。長い時間会話した、その日は会えないと言った。自宅の電話番号教えてくれた、掛ける時は、農協を装ってかけてと言われた、試しに翌日かけると、本当の番号、約束して土曜日の昼前新岐阜の駅前で待ち合わせた。その時「電話番号教えたの少し後悔してるし怖い」と言ってた。見た目悪かったら帰ろうと思いながらプレリュードで迎えに行った。指定した場所に栄子はいた、見た目は悪くなく、いかにも可愛い奥さんと言う感じだった。声をかけ車に乗せると恥かしそうにしてた「想像より綺麗だった」と言うと「どきどきして来るの止めようかと思った」言っていた。何時もの岐南のホテルまで20分、そのままホテルに。駐車場でごねたけど付いてきた。部屋に入りしばらくして抱きしめた、セーターの上から触る胸は大きかった。「ごめんそんなつもりは無いの、決心付いてない」とか言った。無視して触り続けた。「シャワーだけお願い」と言った。「じゃあ先に浴びてと」とシャワーへ行かせた、多分躊躇いながら脱いでた、長い時間の後風呂場へ。シャワーの音がする、俺は、脱いでお風呂のドアを開けて入った。シャワー抱えて「キャー」と言って座り込んだ、手で胸を隠しながら。お風呂から出て、見ないでと言われた。無視して立ち上がらせて俺は、後ろから抱きしめて「洗ってやる」と手に石鹸つけて胸を両手で洗って刺激した「お願い、止めて」と言うが無視。背中に俺のチンポが当たるらしく「それそれあてないで」と尻から手を入れ無理やりまんこ洗うと、充分ぱっかり開いてた。「俺のも洗って」と言えば恐る恐る触り洗った。嫌がるのを湯船に入れて、後ろから抱きしめ乳首弄りながら入ると声を出した。手でクリを触ろうとすると股を閉じる、こじ開け無理無理触ると。「お願いそこまでにして」と言いながら良い声を出した。風呂から上がるとパンティーを履きバスタオルを巻いた。ベットに無理やり連れ込むと「まだ決心付いてない、私結婚してるの」結婚してるのは最初から知ってるのにそんな事を言う。「浮気怖いの」「うん」「入れなければ浮気にならない、途中まで出気持ち良いよ」「私年上だけどいいの、絶対に無理やりしないで、本当まだ決心付いてない」ここまで来て、何言ってると思いながら、キスした、舌を入れるとぎこちない。身体舐めだした、乳首を摘んで舐めると声を出し身体くねらせた。「熱い熱い」と言う。
子供を産んでるから乳首はでかかった。下半身を地から入れてた、無理にパンティーの上から撫でると声を一段と出す。しまいに染みが付きだした。脱がそうとするとゴムのところを持って拒む、何とか脱がせて、無理やり股間を舐めると「もう止めよ、そこまでストップ」と言うがクリを吸い出すと声が小さくなる。尻の穴まで舐めると「そこ汚い、止めて」と。「気持ちいいだろ」「気持ちい、初めて、こんな事されるの、でもお終いにして」69に無理やり持ち込むと「恥かしい、見ないで、止めて」しっかり舐めてやった、栄子の前にはお立ったおれのチンポ「舐めて」と言えば「した事無いからやり方判らない」「ソフトクリーム舐めるみたいに」と言うとぎこちなくした、でもそれも俺が指入れしたら快感得るので止まった。
チンポにぎって俺の上で倒れこんだ。下にすると「お願い、そこまでは良いけど入れないでね」止まるわけない。
「こうすると気持ち良いよ」とチンポでクリ擦り付ける。栄子は乱れた、「入れないから、入り口で遊ぶね」と割れ目にチンポをあてこすると尻が動いた。「少しだけ入れる感じね」「少しだけよ」亀頭で押し開け少し入れるとまた乱れる栄子。もう少しもう少しと言う度にチンポは半分中へ、判ってるはずでも「まだ入ってないよね」と言う。「浮気怖いの」「怖い、裏切れない」「でも気持ち良いでしょ、もっと良くなりたいでしょ」「うん」栄子の手を取り半分は入ってるチンポ触らせた、「ここまで入ってたら浮気してるって」
「いやあ、抜いて」奥までずぶりと入れて2,3回腰振って、「抜くの」とクリ撫でて聞くと「抜かないで」と小さい声で結構良い感じのそこで肉が絡みついてきた。「クリ撫でながら動かずに入ると「お願い動いて」「浮気はどうですか」「聞かないで」「旦那のとどっちが良い」「貴方の、大きい」バックででかい尻抱えてやると尻をフリフリ「お前助平だな」「違うちがうの、助平じゃない」「じゃあ止める」「止めたらダメ」「いま旦那仕事かな、子供何してるかな」
「狂いそう、言わないで」バックで騎乗位させ丸見えと冷やかすと「恥かしいよ、こんなの初めて」若いけど遅漏だったから長持ちした。当然避妊はしてない。嫌がるのを無理やり「中でいって」と言わせて遠慮無しに中出ししてやった。
後に流れる精液手で触らせて「浮気の証拠」と触らせてやると震えてた。「若い貴方にこんな事されて狂いそう」と言った。その日は、確か後2回した、避妊はしなかった。
ホテルで俺の連絡先を聞く「こちらから連絡するから」と拒んだ。3日位して連絡してやると、「もう連絡来ないのかと思った、嬉しい、会ってお願い」会ってやると約束して半年続けた、待ち合わせはホテル街の入り口にある吉野家の駐車場。栄子はおれの若い身体求めてそれでも来た。ホテル代も栄子持ち、目隠しも縛りもバイブもした。アナルは痛がったので指入れまで。週1位であったような記憶がある。最後までこちらの連絡先教えなかった。嫌がったが避妊はしなかった。もう今時いないな栄子見たいな奴、今会えババアだろうな俺もおっさんだけど。飽きてきて連絡止めた。27歳で神戸に転勤辞令でた、行く前に最後電話してやった、「酷い、探したよ、今何処、会って、妊娠したの、産んだよ、多分貴方の子」それ聞いて電話切ったよまずいとか思って、でも良い時代だったな。

出典:あの頃は
リンク:

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年9月17日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】中年親父のモノにされた僕の彼女【完結版】 【体験実話】

128名前:なまえを挿れて。[sage]投稿日:20XX/06/20(火)ID:N14Jys
流れ切ってすいません 数年前に別れた婚約者との話を書いてもいいですか

 
131名前:なまえを挿れて[]投稿日:20XX/06/20(火)ID:BW15Hn
ドンと来い(屮゜Д゜)屮

135名前:なまえを挿れて[]投稿日:20XX/06/20(火)ID:wCkMq1
お、久々に投稿者キター 長編ならトリ付けてちょ

138名前:128◆nTr2xxU[sage]投稿日:20XX/06/20(火)ID:N14TrJys
ありがとうございます。トリップはこれでいいでしょうか。こういうところに
書くのは初めてなので、文章が変だったらごめんなさい。一度ワードでまとめ

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月17日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】挑発 姉のハイレグ水着 【体験実話】

「ねぇー、○○。
 ちょっと来てくれないィ?」
隣の姉の部屋から俺を呼ぶ声がしたので
行ってみることとする。
(あッッ。)
姉の部屋のドアを開けた俺は、一瞬絶句した。
姉が真っ裸でそこに立っていたからだ。
(まさか?そんな、姉貴?)
よく見ると、姉は水着を着ていた。
と言っても、超ハイレグで、胸のところも少し隠れる程度のモノだ。

「ど、どうしたんだよ。急に呼んだりして……」
姉のそんな挑発的な姿にたじろぎながらも、俺は姉に言った。
喉はもうカラカラだ。
「今年の夏サァ、これ着てみようかなァって思って試着してみたんだけど

体験実話集関連タグ

|||||||||

2013年9月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ