【近親相姦】従妹へのいたづら 2【体験実話】

厨荷の頃から2年後の冬…。

恒一になるまで、自分自身の都合で叔父の家へ行く家族行事は欠席していたのだが、
ようやく都合がついて恒一の冬にチャンスが巡って来た。
実は夏にも行ったのだが、従妹がバレー部の合宿で行った日の夕方から不在だったため、
この時は何も出来なかった。

年始の挨拶で対面したとき、従妹は上は白のセーター、
下は黒いストッキングを履きその上に黒のミニスカートを着ていた。
白のセーターの上からも相変わらず胸が大きいのが見て取れた。
スポーツをやっているせいか、引き締まった足をしていて、太腿は太いのにふくらはぎはスラリとしていて、
足首はキュっと細くなっていた。かなりの美脚に見えた。
背は前より少し伸びたが、全体的には小柄な印象だった。顔も少し大人びていた。
内心どきどきしつつも、夜がくるのが楽しみになっていた。
叔父の家族はいつも親戚であるうちの家族より先に風呂を済ませる。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】人妻の体って萌えない? 【体験実話】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが

昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?

と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。

見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、

ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。

 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・

しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。

着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年10月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】コンドーム買ってくるから部屋で待っててね【体験実話】

私は8年前に結婚しましたが子供が出来ず四年前の秋に妻の浮気が原因で離婚して、
今では実家に身を寄せて、サラリーマンと農業の二足の草鞋はいて居ります。
実家には両親と行かず後家の姉と暮らしております。

私は今年36歳姉は41歳です。因みに母は63歳父は68歳になります。

姉は性格もよく、容姿は天海祐希に似たスレンダー美人です。
しかし生まれつき両腕に障害があり、彼氏は出来ても中々結婚には至らず、
40を過ぎた今も実家で暮らしています。
三年前のある日、両親が農業組合の旅行に出かけて、
姉と私との二人きりに成った夜の事でした。
姉に夕食を食べさせ、風呂に入ろうと思った時です。
姉は両手が不自由な為、いつも母と二人で風呂に入っていたのですが、
今日はその母がいない姉は、
「今日はお風呂に入れないなぁ、我慢するしかないか」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ3 【体験実話】

浴室の中からは、景子と浩介の”キャッキャ、ウフフ”と言う感じの、楽しそうな声が聞こえてくる。
俺は、信じられない思いで、それを脱衣場で聞いている。

ちょくちょく遊びに来る独身の親友”浩介”に、自慢の意味も込めて、景子の胸チラをわざと見せたりして楽しんでいた。ちょっとしたスリルと優越感。それを楽しみ、夫婦生活のちょっとしたネタにするくらいのつもりだった。

それなのに、いま景子は、顔や髪にまでかけられた浩介の精子を洗い流している。そこまでのことをするつもりはなかった。口では、嫁に浩介とセックスまでして欲しいなんて言っていたが、そんなのは口だけだった。

いま、浴室の中には2人が全裸でいる。もう、今すぐにでも止めたい気持ちだ。でも、体が動かない。それどころか、気配を消している俺がいる。その上、痛いくらいに勃起したペニスをしごきたくて仕方ないと思っている……。

『ちょっとぉ〜! 自分で洗うって!』
「いいから、いいからw 髪の毛洗ってなよ。下は俺が洗ってあげるからw」
『そこは汚れてないって! ダメだよぉ……ダメ……ン……ばか……』

体験実話集関連タグ

|||||||

2014年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】姉とシコタン 最終章 運命の一夜 編【体験実話】

<>522:253:2011/07/20(水)00:30:00.34ID:SylL0ogO0<>
運命の日を間近に控えた俺たち姉弟に、ハァハァな展開はしばらくなし

夏休み終盤には集中講義なるものがあり、姉は普通に学校に通ってた
電車も学生が夏休みで目立ったラッシュもなく、姉は一人でも平気とのこと
俺は俺でバイトの時間を増やしたり、部活の合宿などもあったもんで

口内射精を終えた俺たちの向かう先はもはやエチーしかないと思われたが、
微妙な距離感を保ったまま普通の姉弟として数日間を過ごしていた

前述した自営業を営む両親の仕事を手伝い小銭を稼ぐなど、意外と働き者の俺
そんな俺を孝行息子だと両親ではなくなぜか姉が褒めてくれる

<>523:253:2011/07/20(水)00:32:51.83ID:SylL0ogO0<>
いや、違うんだ

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】人妻 香苗 3 【体験実話】

21

香苗 「…ぁ……あの……」

中嶋 「ハハッどうしたんです?そんなに驚いた顔して。僕の顔に何か付いてます?」

香苗 「い、いえ別に……あの…中嶋さんはどうして…?」

香苗は午前中、隣からの中嶋の声を聞いた時から疑問に思っていた事を中嶋に聞いてみた。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 3 【体験実話】

21

「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」

「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」

大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。

トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。

いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。

高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月3日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】性欲を隠すことを学んだ出来事【体験実話】

<>748えっちな21禁さんNew!2006/08/18(金)03:45:41ID:Xuz0bj/3O<>
女×女ですが

私が小3、従姉妹(女)が幼稚園年長の時、二人でエロい事たくさんした。
お医者さんごっこでマンコを指で開いて診察して、マンコの中のカスを取ったりした。
従姉妹のマンコはイカ腐さと体臭が混じり、ちょっと甘い香りがした。
もちろん私の方が性欲強くて、私はやめたくないのに従姉妹が途中で
「やめよう。違う遊びしよう。」って言う。
その時の従姉妹の顔には罪悪感が見られた。
私は足りないから一人で隠れて服の上からまんこを押して落ち着かせる。

<>749えっちな21禁さんNew!2006/08/18(金)03:53:47ID:Xuz0bj/3O<>
ある時はいわゆる「家族ごっこ」をし、私と従姉妹は姉妹という設定で和室で遊び始めた。
お風呂に入るという場面で、私は「シャワーを浴びよう」と言って、シャワーも何もない和室で服を脱ぎ始めた。

体験実話集関連タグ

||

2014年10月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉貴の中に【体験実話】

ぼくは中2です。姉貴は高1で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。
 部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。
 ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはがまんできなくなり、チンコを出してさわっていました。
 姉貴はぼくに気付いて「ケンなん?」とのぞきました。
 ぼくは立ってるのを必死でおさえていると、姉貴は笑って「ひさしぶりにいっしょにはいろ!」と誘いました。
「彼こないん?」というと「試合やしこられへんねん」といいました。
 姉貴はめちゃ大きなオッパイで、あそこも見えてるし、見ただけで出そうな感じでした。
 ぼくがじーと見てたら、姉貴は「姉弟やしかくさんとき! うちかくしてへんやん」というので、ぼくは恥ずかしいけど見せました。
「お~、けっこうでかいやん! 彼のよりでかいんちゃう!?」と姉貴はぼくのチンコをはじいて、「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」というので「姉ちゃんかって胸でかいやん」というと「そやろ。彼氏にもまれてるしなー。Eカップやで」と笑って自分で胸を持ち上げてゆさぶりました。
 ぼくはたまらんくなって、壁にびゅっびゅっと飛ばしてしまいました。
 姉貴は「うわっ」とびっくりして「すっご~!! さわらんでも出るんや」と驚いてました。
 ぼくのチンコは、まだ上を向いたままで、姉貴は「ケン元気やなあ」とチンコをなでてきたので、ぼくも姉貴に抱きついて、胸をもんでやりました。あそこもさわったらヌルヌルしてました。
 夢中でさわったら、「もう、やめて~」とあばれたけど、胸に顔があたったので、乳首を吸ったら「あぁ~」といってぼくにもたれてきました。
 ぼくはいきおいで、姉貴の口を吸いました。姉貴はびっくりして見るけど、こんどは姉貴からべろちゅうしてきました。
 してるあいだ、姉貴のオッパイをもんだら、姉貴は「もう、ケンのあほー。まぢしたくなったやん」とぼくのチンコをにぎってもんで、「部屋にいこ!」と手をひっぱるので「うん!」といってぱぱっとふいて、まっぱだかで姉貴の部屋にいきました。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年10月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹「ちんちん見せろ」兄「嫌だ」【体験実話】

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2009/11/17(火)12:30:17.15ID:tA4HyRrmO<>
妹「まんこ見せるから」

兄「……」

妹「な、何本気にしてんだよ」

<>5名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]投稿日:2009/11/17(火)13:43:25.95ID:hUI4mFP10<>
兄「そういうことならいたしかたあるまい」

妹「え?え?」

兄「粗末な物で申し訳ないが」

妹「ま、待てよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年9月30日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ