【近親相姦】姐弟【体験実話】


“タッチ〜”は非常に早い土曜日の朝は言った、本当の早期いることを確認します。 8つの時、親も出て行く。
これは、非常に混雑してトリプル未満の四〇〇フィート家である。 私は兄と私の細胞ベッド、彼の次のセル内のと同じ部屋で寝る。 快適で、また、非常に便利で良いが服を着る。 私は彼一六は、17歳です。 朝は、あまりにも不快で覆われて、小Xueさんは、マークマークです。 液体の流出が濡れて下着を持っています。
浴室の思想は、彼女を洗浄するが、あまりにも早く土曜日の朝に一緒に。 彼は良いしないように要請します。 だから、まだベッドの中で、優しくクリトリスをこすりタッチ指を助けることができなかった、Aiyeもゆっくりと流れる。
“うーん…ああ… …”快楽の絶え間ない流入。
“シスター!は騒々しいので、早く、[OK]を?”彼の兄弟によると、そして年間静かに、
高速の指は、本当に危険な、停止するが、幸いにもしなかった彼は目を覚ます。
彼女もやと言えば、彼女は私の友人は、昨日、私は持っている彼女の神秘的なトイレに行くと私に電気の陰茎を取り出した。
“見て!多くの素晴らしいものを!”彼女は言った
“そこに募集しない、ああ、のようなものは”私は尋ねた
“これは何ですので、!あなたはしなかった使用?”
“コースではない!”
“良い​​試みが必要です。”彼女はすぐに私のスカートをオフに設定します。
“DIDはあなたはそれを試して今で言う?”
“もちろん、それは時間がかかるかもしれない!条件は、クラスの30分前に存在することができます!”

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年10月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お姉ちゃんのなかに弟がインする【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/22(金)21:29:09.28ID:TmH46rvl0<>
お姉ちゃんのおまんこに弟のおちんちんがインするのは清く正しいスキンシップの延長だよね。
男女のただれた関係に陥ることなく、お姉ちゃんのおまんこはお姉ちゃんのまま弟の亀頭をいい子いい子ってピュアになでてくれる。

<>5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/22(金)21:40:25.42ID:TmH46rvl0<>
弟もお姉ちゃんを征服するとか支配するなんて男の悪意を持たずにお姉ちゃんを目上の存在として敬いながら、お姉ちゃんのおまんこにインアウトインする。
お姉ちゃんは礼節を守りつつ激しく暴れる弟の甘えを心とおまんこで受け入れ、自然にリラックスしながら弟を上から見つめ、精をやさしく愛情深く搾り取ってあげる。

<>9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/22(金)22:08:01.80ID:q6SyeTXG0<>
「もう。お姉ちゃんにちゃんと甘えないとダメでしょ。めっ」とお姉ちゃんに真剣なまなざしで睨まれ叱られ「ああ、僕はなんて悪い弟なんだ」と反省するとお姉ちゃんは清らかに自分のロングスカートを持ち上げ「ほら。おいで」と威厳と慈悲を持って言いました。
反省した弟はお姉ちゃんのスカートの中に清く正しく入り込むとお姉ちゃんの温かで自然な愛情に包まれるのを感じ、じわ…と自然に涙が浮かんでくるのでした。弟はスカートの中から「お姉ちゃん!」と切なげに叫ぶと、お姉ちゃんは騎士をねぎらうお姫さまのように気品ある手で、しかし愛情たっぷりに弟の頭をなでてくれました。

<>10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/22(金)22:20:01.50ID:Gw7YX/E+0<>
弟は喜びのあまりわああっと泣きだし、お姉ちゃんはますますやさしく温かく弟の頭をなでてくれるのでした。
弟は耐えきれなくなって細くしまったお姉ちゃんの足首をつかんで泣き崩れていましたが、しばらく泣いて安心すると「お姉ちゃんのおまんこを弟のまますすりたい」と思い「でもそんなこと」と考えるや否やお姉ちゃんは自分のパンティを少しずらすと「いいよ」と許してくれました。その声があまりにも高く優しく神聖で自信とリラックスに満ちていたせいか、弟は自然に弟らしくお姉ちゃんのおまんこをすすり始めました。

体験実話集関連タグ

|||||

2014年9月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】お兄ちゃんが欲しいよぅ【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月)22:26:58.99ID:8OSpUSKT0<>

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」

姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」

弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」

姉「そんなマンガじゃないんだし」

弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」

姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月26日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【泣ける】俺が姉の子だと判明したwww【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日)16:59:40.48ID:1pr0yZla0<>

今まで姉だと思ってたのに母親だったwww
年離れてるけどまさかねwww

<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日)17:00:08.57ID:2fOZFPym0<>
何歳差?
2
十五

<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日)17:01:32.73ID:1RgMGdKCO<>
何で判明したの
8

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年5月18日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【近親相姦】姉「弟くんは今日からお兄ちゃんです」【体験実話】

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」
姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」
弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」
姉「そんなマンガじゃないんだし」
弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」
姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」
姉「…やっぱいないって、生き別れの兄」
弟「いないかぁー」
姉「うぅ…おにいちゃん…」
弟「よし、第2案」
姉「なになに?」
弟「昔の人は言っていた、パンがなければ小麦を食えと! お兄ちゃんがいなければ…」
姉「いなければ?」
弟「お兄ちゃんを作ればいいじゃない!」
姉「それだっ!」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【泣ける】日本のマスコミがスルーしたこと 【体験実話】

モハンマド・ハミド・アンサリ上院議長、
マンモハン・シン首相、
ソームナート・チャタジー下院議長、
インド国民を代表する議員の皆様と閣僚、大使、並びにご列席の皆様、

 初めに私は、いまこの瞬間にも自然の大いなる猛威によって犠牲となり、苦しみに耐えておられる方々、ビハール州を中心とする豪雨によって多大の被害を受けたインドの皆様に、心からなるお見舞いを申し上げたいと思います。

 さて、本日私は、世界最大の民主主義国において、国権の最高機関で演説する栄誉に浴しました。これから私は、アジアを代表するもう一つの民主主義国の国民を代表し、日本とインドの未来について思うところを述べたいと思っています。

 Thedifferentstreams,havingtheirsourcesindifferentplaces,allmingletheirwaterinthesea.

 インドが生んだ偉大な宗教指導者、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ(SwamiVivekananda)の言葉をもって、本日のスピーチを始めることができますのは、私にとってこのうえない喜びであります。

 皆様、私たちは今、歴史的、地理的に、どんな場所に立っているでしょうか。この問いに答えを与えるため、私は1655年、ムガルの王子ダーラー・シコー(DaraShikoh)が著した書物の題名を借りてみたいと思います。

体験実話集関連タグ

|||

2014年1月18日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【修羅場】触らぬ神(の僕)に祟り無し 【体験実話】

608名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2008/11/22(土)16:32:54O
書かせて貰ってもよいだろうか?
対した修羅場ではないが…

609名前:608[sage]投稿日:2008/11/22(土)16:39:21O
誰もいないうちにこっそり投下。
携帯から失礼。まだ荷解きが完了してなく、PC使えず…

3日前の昼間、新しく引っ越したアパートの近くで
迷子の3才位の女の子を、嫁と散策している時に保護した。
女の子は「○○ちゃんのママいない〜」「どこ〜〜」
と泣いているばかりで話しにならず
とりあえず俺が抱っこしてあやし、少し落ち着いたところで
「おじちゃんが○○ちゃんのママを一緒に捜してあげるからね」

体験実話集関連タグ

|||

2013年9月4日 | 体験実話集カテゴリー:修羅場の体験実話

【恐怖】「僕の所へ来なさい」 【体験実話】

122名前:素敵な旦那様投稿日:04/07/2713:07
「僕の所へ来なさい」

来ませんか?来ないか?だったら悩む女だったから命令形でゲット
今でもアドバイス与えてやった方が喜ぶ
素直なのか自分がないのか…

123名前:素敵な旦那様[sage]投稿日:04/07/2713:20
122
奥さんはM女?

124名前:素敵な旦那様投稿日:04/07/2713:29

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2013年8月24日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【近親相姦】ホットケーキ 【体験実話】

ええと、まずスレ違いと言わんといてください。一応彼女らは妹です。

高校二年の秋、家に帰ると玄関に靴がたくさんあった。
来客なんて珍しい。誰が来てるのか気になったが、リビングからは大人特有のぼそぼそ声が聞こえてきたので入りづらかったし、生徒会に所属していた俺はちょうど部費や学校行事の予算をまとめる作業をしていたので疲れきっていた。
いったん部屋に戻ってうだうだしようと思い、二階に登る。すると部屋からゲームをする気配がした。(なんかあるじゃん、テレビのキーンって音)
父親がやってるもんだと思った俺は、何の疑いも持たずに部屋のドアを開ける。しかしそこにいたのは女の子二人だった。
覚えているのが、少し幼い感じの一人が片ひざを立ててゲームしていたのでパンツ丸見えだったこと。白。
そして俺と同じくらいの歳つきのもう一人が、いやに落ち着いた感じで俺を見つめていたこと。

予想外もいいとこの展開である。突っ立ったまま、パンツとその姉らしき人物を交互に見るしかできなかった。
「ごめんなさい、ちょっとお借りしてます」
口を開いたのは、俺を見つめていた方だった。
「え、いや。はあ」
よく分からず返事をしてから、ああそうか、お客さんの娘さんだと気付く。
「もしかしてお客さんで?」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年7月11日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉「弟くんは今日からお兄ちゃんです」【体験実話】

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」
姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」
弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」
姉「そんなマンガじゃないんだし」
弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」
姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」
姉「…やっぱいないって、生き別れの兄」
弟「いないかぁー」
姉「うぅ…おにいちゃん…」
弟「よし、第2案」
姉「なになに?」
弟「昔の人は言っていた、パンがなければ小麦を食えと! お兄ちゃんがいなければ…」
姉「いなければ?」
弟「お兄ちゃんを作ればいいじゃない!」
姉「それだっ!」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年5月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ