【近親相姦】暇なので友達の妹にキモメールを送ろうのまとめ【体験実話】

984名前:(‘A`)[sage]投稿日:04/09/0322:15
花の金曜夜

俺もキモメールを送ろうかと思った
相手はダチの妹

990名前:984[sage]投稿日:04/09/0322:19
なんて送ろうかな
酔いつぶれたダチを送ったときにアド聞いただけで
メール自体は3ヶ月ぶりくらいの相手なんだよな

997名前:984◆L0OpurxOrk[sage]投稿日:04/09/0322:23
件名:眠れない夜、キミのせいだよ・・・・・
本文:ちゅう!ちゅうしてくれよちゅう!ハジメテのちゅう!

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】未亡人になった妹【体験実話】

<>538名前:512[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:21:47.67ID:WTXWPqm/0[1/15]<>
とりあえず書いただけ。
誰かの影響をだいぶ受けているんでどこかで聞いた事があるような文になっているのは
許して。あと大分脚色付きで書いてみた。面白くなかったらスイマセン。

<>539名前:未亡人になった妹[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:23:51.46ID:WTXWPqm/0[2/15]<>
うちの妹は私の事を昔からずっとお兄ちゃんと呼んでくれています。
妹とは高校、大学時代と男友達のようにスポーツ観戦や食事に出かける事が多かったと記憶しています。

去年の夏、妹の旦那が事故であっさりと亡くなってしまいました。
四十九日が過ぎて形見分けって大げさなものではないけれど遺品を親しかった人間や親きょうだいなどで分けると
いう事で私達夫妻は妹のマンションに行きました。私は亡くなった方の服や時計とかは何となくイヤだったので電化
製品なんかが良いななんて思っていました。

近いだけあって来るの早いw。お兄ちゃんたちが一番最初、どれでも好きな物持っていってイイよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】はとこと・・・・【体験実話】

私には近くに鳩子が住んでいて、小学校まで一緒に遊んでいました。のおにいちゃんは2つ上で背が高くてかっこいいかなって感じです。この間久しぶりに会ったので、ゲームして、なんとなーく眠くなってきちゃって。おにいちゃんの部屋で寝ちゃってて
親は何処いったか分からないけど居なくて・・・。6時くらいに起きたらおにいちゃんがいなくて帰ろうかなと思って靴はいたら。なんかすんごい力で引き戻されて、な、なんだよ!とか思ったらおにいちゃんがひっぱてて、急に部屋つれてかれて、えーなんか
やばくねー。とか思ったら「一緒に寝よう」とかいわれて、まぁ寝るだけならいいかなって思って一緒に寝たら抱きつかれて、うわっ!逃げろとか思ったけど、あいては170cmくらいはある人だからかなうわけなくて・・・。キスされておっぱい触られて手が下の方に来て。泣いて「やめて」っていったけど止めてくれなくて、で、もうぐしょぐしょ。でもおにいちゃんやさしいから挿れないで止めてくれた。それからは今までどうりあそんでくれるおにいちゃんになった。よかった。

体験実話集関連タグ

||

2015年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った 【体験実話】

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。
なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。

僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。
一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。

僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。

僕は身長175cm、体重60kgと痩せ型で、顔もごくごく普通だ。
そんな僕に対して、真美は本当に可愛いと思う。最近消えてしまったが、グラドルの山真美に似ていると思う。

どうして僕なんかを好きになってくれたのか、未だに謎だ。僕といると安心すると言ってくれるので、ありがたいことだと思ってる。

ただ、一つ心配事がある。真美がまだ大学生活を送っているということだ。ゼミの飲み会、サークルの飲み会、心配の種は尽きない。でも、真美は見た目のエロさとは違い、すごく恥ずかしがりで、貞操観念もしっかりしていると思う。そこは、信じるしかないと思っている。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】詩織【体験実話】

高2の夏休みが終わりが近付いた頃、悪友の大木と、あるクラスメートの家に行った。
理由は簡単。
そいつは竹下って言うんだけど、俺たちの宿題をやらせる為だ。
竹下はゲーマーで、そんなに友達もいないから、きっと家でゲームでもやってんだろ。
そう思って行ったら、案の定。
俺達の顔を見てドキッとしてたけど、快く?お手伝いしてくれる事になった。
カリカリと、エンピツの音だけが聞こえる。
俺と大木は、竹下から漫画借りて読んでるんだけどね。
と、突然部屋のドアが開いて、「お兄ちゃん、ただいま〜」って可愛い声。
声の方を見ると、これまた可愛い顔が。
「あっ・・・お帰り・・・」
竹下がそっちを向いて、無愛想に答える。
「あっ・・・お友達が来てたんだ・・・こんにちわ」
ちょこんと頭を下げる少女。
俺と大木は二人してとびっきりの笑顔で、「やぁ」と微笑みかける。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年1月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹の友達と【体験実話】

<>798:なまえを挿れて。:2008/04/11(金)12:05:52ID:h6D69fqo0<>
妹の友達との出来事

大学生の時、正月に友人二人と俺の家で飲み会をしてた。
TV見て他愛もない話をしていた時に妹が友人と一緒に帰ってきた。
妹の友人は妹と同じ部活の娘で何度もうちに来てるし家も近く。
妹と友人は高3。彼女たちはどこかの宴会に行った帰りだと話してた。

俺はコタツに入って皆がゲームをしてるの後ろから見てたら
下半身に違和感があった。履いているジャージをまさぐる手がある。
妹と友人は3人でゲームをしてる。その瞬間、その手はコタツにもぐり
こんだ妹の友人のA美だとわかった。A美は背も小さいしそんなにかわいくは
ないが結構胸が大きく幼児体系に近い体で胸だけはすごいことを
知っていた。
A美は俺が履いていたジャージの上から俺のアソコを触りそれが

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】友達の妹【体験実話】

大学行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、そいつがこれから学会の発表の為の作業で、どうしても手が離せないからと住んでいるアパートの部屋のカギを渡してきた。DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、そのままアパートに直行して鍵を開けてドアを開くと、部屋の中にとても慌てた風な中学生位の女の子がいた。

部屋を間違ったかと焦ったけれど、カギはアイツのものだったし、と混乱していたら女の子の方があの、ここ○○○○のお部屋ですよねと聞いてきた。俺がそうだけれど、あんただれ?と聞くと、彼女は私○○の家族ですが、そちらは?と聞かれ、自分は友人で貸していたものを返して貰いにカギを借りた事を説明するとお兄ちゃんは今日、帰って来れないんですか?と途端に不安な様子になった。とりあえず今は忙しいらしいよ、と説明すると困った風なので、どうしたのか聞くと親と喧嘩をして、兄である友人の家のカギをそっと持ってきて突然来たらしい。

友人に、来ている事を伝えるよ、と言うと安心した様子になり、自分は早速DVDを探そうと、CDやDVDを置いてあるラックのある女の子の後ろを覗き込んだ。女の子が慌てるので、何かと思ったら足元に不自然に友人のTシャツや服がグシャグシャになっていた。よく見ると、その下に本がちょっとはみ出していて、その服のかたまりを足でどかすと、友人が置いていたエロマンガやエロ本だった。どうやら、部屋で待っていたときに暇で見つけたエロ本を見ていたらしい。

足でそのエロ本を軽く蹴って出し、その本を拾ってパラパラとめくってふーん。こんなの見ていたんだと言って彼女を上目遣いに見ると顔を真下に向けて返事をしない。しゃがんで顔を見ようと思ったら、逃げようとするので両腕を掴んで無理矢理顔を覗き込むと真っ赤になって泣きそうな顔をしているのが妙にいじめたくさせるような、そんな感じに可愛く思えて興奮した。自分から逃れようと、イヤイヤして逃げようとするのを抱きついてねぇ、こんなエロ本見て興奮した?こういうの好きなんだ。

みたいな事を耳元に、わざと息を吹きかけるみたいに言うと、彼女はやだ、離して、ちょっと、ざけんなよとか必死に言っちゃっているのが余計に無理に強がっている様で可愛くて、また抱きついた時のちっちゃくて細い感触が興奮させて、めちゃくちゃ勃起して彼女に擦りつけていた。兄ちゃんに、お前の妹お前のエロ本見て興奮してたよって言っちゃうよと言うと、違うもん!と言って振りほどこうと暴れるので、抱え上げて耳をよだれでびしょびしょにするように舐めて耳の穴の中に舌を突っ込んだ。

最初はやーとかやめてとか言っていたのが、だんだんうーとかはぁとか言葉にならなくなって、身体から力が抜けてってた。彼女を抱えたまま、ベッドの近くまで移動してベッドに彼女を投げ出すように下ろして覆い被さった。キスをしようとしたら顔をそらしたりして逃げるので、あごやほっぺをベトベトにして舐めるように口をつけた。抵抗する両手をなんとか抑えて、左手で頭の上に押さえつけ、片足を無理矢理彼女の足の間に割り込ませ、太ももでマンコを擦るように動かした。

大丈夫、言わないから。ね。言わないからみたいな事を繰り返して言い空いた右手で彼女の服を捲り上げ、ブラを横にずらすとほんのわずかの膨らみに、薄い殆ど肌色に近い乳首と乳輪を見たらたまらずむしゃぶりついていた。感触は柔らかさより、中に何かしこりがあるような感じでちょっと固く乳首に舌を強く押し当てて舐めて強く吸ったら、彼女は痛いと言ったので思い直して優しく優しく舌で転がすと、気持ち身体がのけぞった。

そして気がつくと、太ももが凄く熱く感じ、見てみるとジーンズのデニム地が濡れて、黒いインディゴになったしみが出来ていた。彼女の顔を見てねぇ、こんなに汚されちゃったよ。俺のジーンズ。みてよと言っても彼女は目を閉じたまま。また乳首を優しく、触れるか触れないか位で舐めて、右手を彼女の下半身に伸ばした。

体験実話集関連タグ

||||||||

2015年1月2日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】16歳JKの妹【体験実話】

<>1:名も無き被検体774号+2013/01/23(水)01:46:58.88ID:Pd92ORhR0<>
妹が妊娠したwwwwwwwwww
妹wwwまだ16歳wwww

<>3:名も無き被検体774号+2013/01/23(水)01:48:03.29ID:Pd92ORhR0<>
事のきっかけは2週間前wwww
家でにちゃんやってたら妹が突然リバースしたらしい。
階段をドタドタ降りてきた妹はそのまま洗面所でゲーゲーやってた。
きったねえなあと思ってたら洗面所から出てきた妹がすごい青い顔してた。

妹「なあ・・・女の子の日こぉへん」
私「は?」
妹「お母ちゃん呼んでや!!」

ギャンギャンワーワー泣き出した妹、とりあえず母を呼びに行く。

体験実話集関連タグ

||||

2015年1月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【体験実話】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。
家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。
でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。

そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。
テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。
いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。
母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。

昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。

そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。

髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年1月1日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】祐子【体験実話】

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。
祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小学生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、
たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。
俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。
「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」なんて半泣きになりながら俺のうしろにかくれたりすることもあって、
性的な対象として見ることこそなかったものの、俺はなんだかんだいって祐子のことを気に入っていた。

俺らはほんとの兄妹じゃないかと思うぐらい仲がよくて、
お互いの家に連泊したり、一緒に旅行行ったりすることなんて多々あったぐらいだ。
そして、3人とも同じ高校に進学。
ってわけで、俺と正樹は高校3年生、祐子は1年生。

祐子は活発で友達付き合いも良く、クラスでも部活でもひときわ目立ってた。
胸はDぐらいあるし、顔も可愛くて、男からもわりとモテていたみたいだ。
そして、俺が祐子を「女」として意識してしまう出来事が起こった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年12月31日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ