【泣ける】10年前の俺すげぇぇぇぇwwwwwww【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/18(日)04:58:15.06ID:F724ONsR0<>

10年後の1へ
十歳の頃、二十歳になった自分に。

元気 勇気 天気

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【泣ける】夢をあきらめた先にあった世界【体験実話】

「新体操」と「バトン」、夢をあきらめた先にあった世界

2013.8.2418:00(1/4ページ)[スポーツ写真館]
「新体操」の本多里香さん(左)と、「バトン」の石原比佐恵さん(右)。2人が夢をあきらめた先にあったのが、チアだった

 プロ野球12球団で『チアチーム』を抱えているのは10球団。そのうち2球団の『キャプテン』が、高校時代の同級生という“奇縁”で結ばれていた。

オリックスの『Bs Dreams』でキャプテンを務める石原比佐恵(22)と、中日の『チアドラゴンズ』でリーダーを務める本多里香(21)は、ともに愛知県内の同じ高校に通い、比佐恵はバトントワリングで、里香は新体操でそれぞれ世界大会に出場した真のアスリート。

その後、比佐恵は大阪で、里香は地元愛知で、それぞれの目指す道を歩んだ。高校卒業から3年後の昨年、2人はプロ野球球団のチアとして再会。今季はオールスターの舞台で“共演”を果たした。2人の『同級生物語』を、5回にわたって、つづってみた。

 それは一体、どれくらいの確率なのだろうか。

体験実話集関連タグ

||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【寝取られ】女優の彼女が濡れ場相手に…【体験実話】

俺の寝取られエロゲみたいな体験を聞け
かなり前、俺が若気の至りで役者やってた頃の話の話
当時のスペック
俺  19才
   役者としてはヤンキー系デブマッチョキャラ
   実際は気弱デブ
彼女 19才
   役者としてはショートヘア&スレンダーな強気系
美人
   実際は強気だが甘えん坊で泣き虫
高校出て声優になろうと上京して、うっかり俳優になった
声優系でも舞台系でもなく映像系の事務所に所属し、レッスンを受けながらオーディションを受け続ける日々
彼女とはそこで出会った
彼女は高校から演劇部に所属していて、自分なりの演劇論を持っていた。
美人ではあるのだが気が強い、というか言い方がキツいところがあり、

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年1月29日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】た・ね・う・ま 【体験実話】

むか〜し昔のことじゃった…
あまりに昔すぎて、覚えてないことや記憶違いもたくさんあると思う。

俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。
親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。
いわゆる「田舎の名士」の端くれだったんだろう。

田舎の秀才だった俺は、東京にある某「ものすごく有名な大学」に進学したんだが、
合格発表の翌日には「△△家の息子が×大に現役合格した」と集落中が知ってる。
それくらい地縁・血縁の濃い土地柄だった。

地元一帯は某保守政党の金城湯池で、両親とも某2世議員の熱心な支持者。
祖父と先代議員の時代からの付き合いで、後援会じゃそこそこ偉かったらしい。
俺も子供時代、何度か選挙集会に連れて行かれた。今じゃ黒歴史だけどな。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【寝取られ】俺の寝取られエロゲみたいな体験を聞け 【体験実話】

かなり前、俺が若気の至りで役者やってた頃の話の話

当時のスペック

俺 19才
  役者としてはヤンキー系デブマッチョキャラ
  実際は気弱デブ

彼女19才
  役者としてはショートヘア&スレンダーな強気系
美人
  実際は強気だが甘えん坊で泣き虫

高校出て声優になろうと上京して、うっかり俳優になった
声優系でも舞台系でもなく映像系の事務所に所属し、レッスンを受けながらオーディションを受け続ける日々

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2013年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【泣ける】芸能人にまつわるなんか良い話 【体験実話】

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/09(火)00:36:24.56ID:Y9gYT3FbO
数年前の正月番組で、須磨海岸の海辺で相撲をやるといういかにも若手らしい企画をやっていた。
落ちたらもちろん冷たい海へ
そしてシャンプーハットの小出水は若手らしく勢いよく海へ落ちた。とテレビはここまで。
その舞台裏では大変な事になってた。小出水は震えが止まらず、顔は青ざめ、身体は完全に冷え切っていた。
海岸につくられた控え室にはスタッフ、芸人がたくさん集まっており、小出水が控え室に入った時、暖房器具の周りには芸人が集まり身体を温めていた。
小出水の異変に気づいたケンコバは「小出水が横になるスペースをつくれ!!!」と突然、叫び、自分に巻いてたタオルを小出水に掛け寝かした。しばらく意識は戻らなかったがケンコバのすばやい対応により意識が回復した。
意識が戻って目を開けたら目の前にサバンナの高橋が「良かった、生きてるわ」と泣いていたらしい。意識が戻ったとき、小出水はケンコバを探したが周りいなかった。
海辺でタバコを吸ってるケンコバへ小出水は歩み寄りケンコバに「ありがとうございました」と言い
コバヤシは「何のこと?俺はずっとナンパしてた」と嘘をついた。
小出水は、その時、その嘘が嬉しかったと話してた。

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/09(火)00:47:31.05ID:Y9gYT3FbO
中川家剛がパニック症候群で復帰できるかすら分からない状態になった時
礼二は「『中川家』の名前を残していれば、いつか兄が戻って来た時に居場所があって仕事しやすいだろう」とレポーターやナレーター等で活動を続けた

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月14日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【泣ける】10年前の俺すげぇぇぇぇwwwwwww 【体験実話】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/18(日)04:58:15.06ID:F724ONsR0

10年後の1へ
十歳の頃、二十歳になった自分に。

元気 勇気 天気

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年8月15日 | 体験実話集カテゴリー:泣ける体験実話

【複数・乱交】芸能事務所の寮 【体験実話】

親のコネで芸能事務所を立ち上げて3年。
地味な活動しかしてきてないけど、ひとりだけ食品関係のオーディションで優勝させた。
結局その子を東京の大手プロダクションに移籍させたとき移籍金4000万円もらって、
その金で5LDKの中古一戸建てを寮として購入した。
ちなみに俺28歳独身、チャラい外見でマネージャーみたいな仕事も全部自分でしてる。
在宅でタレントの世話するのは人数も少ないし別に大変じゃないけど、
正直ハーレムを作りたいというのもあった。
とにかくその大手プロダクションに売った女の子の実績も手伝って、
親たちは自分の娘もぜひ!って感じで喜んで入寮させる状況だった。
部屋数が俺の部屋を除くと4部屋、今現在まともに稼動してるタレントは3人。
ひとまず入寮させてみた。

一人目は芸能事務所立ち上げたときからいる19歳の子で、名前は梢(こずえ)。
大手プロダクションに移籍させた子と一緒に入ったんだが、かなり差がついてしまった。
というのもこの梢、正直ギャルっぽい雰囲気すぎて、出会い系チラシの仕事ばかり。

体験実話集関連タグ

|||||||

2013年7月16日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】ランドセル(FAINAL) 【体験実話】

<第一章 夜明け>
年が明け、新緑の季節を迎えようとする3月の終わり、私達兄妹に転機が訪れようとしていた。
父が仙台支店へ転勤を命ぜられたのだ。
当初は子供達の転校を理由に、父一人で単身赴任を考えていたようだったが、直紀たっての
希望が通り、家族全員で仙台に行くことが決まった。

母は今まで働いていたアルバイトの仕事を急遽辞め、私達兄妹は新たな学校へ転入届を提
出し、そして、直紀は担任に自分が転校する事と、転入先の場所をクラスメートには絶対知ら
せないように頼んだ。
勿論、その理由は鈴木達に知られたくない為であったが、担任も直紀が虐めにあっていた事を
薄々知っていたのか、一年の終了式を迎えた最後の日にも直紀は別れの挨拶をする事なかった。

また、ユリも直紀と同様に友達と別れの言葉も交わさないまま、最後の屈辱を迎えようとしていた。
9ケ月にも渡る忌まわしき日々。
いつものようにユリは幼い体を鈴木達に貪られ、そして、白濁色のドロドロした液体を全身に浴

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2013年5月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【恐怖】友達の親に彼女が 【体験実話】

中学、高校の頃の痛い思い出。

俺の先輩は札付きの悪で、その親父が地元で有名なヤクザの一番偉い人。
先輩の母親は薬物中毒で他界という、痛い家の悪い先輩がいた。
中学から付き合ってた彼女カナは、普通のちょっとだけ裕福な程度の家の次女。
頭は学校で一番優秀で、容姿も激カワイイ子で俺の自慢だった。
若い頃は俺も結構悪い事をしたもので、その先輩と授業抜け出しては遊びまくった。

中学のあるとき先輩の家で、先輩の彼女と、俺と、俺の彼女と、先輩の友達、と先輩の5人でプチ宴会みたいなのをやる事になった。
行ってみたら凄いデカイ和風の家で、黒塗りの高そうな車もいっぱいあった。
ガラの悪い、明らかに堅気とは思えない人たちが出たり入ったりしていた。

5人の予定が、何故か先輩の彼女はこないので、4人で遊ぶ事になった。
不良といってもまだ子供で普通にプレステしたりして遊んでいた。
「負けたヤツは浣腸な」なんて言って罰ゲームであそんでたけど、当然俺の彼女もいたので、彼女が負けたときは「先輩、女はちょっと・・・」と俺は必死に止めようとした。

体験実話集関連タグ

|||||

2013年4月24日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話
1 / 212

このページの先頭へ