【複数・乱交】万引き女子大生の末路 【体験実話】

この間の土曜、私が所属する社会人サークルであったおいしい体験の報告です。

このサークルのメンバーは30代〜50代の20人前後で、表向きはそこそこの規模の異業種交流会のようなものを催していますが、裏ではメンバー間のスワッピングや、SNSなどで知り合った人妻との乱交パーティーなどをしています。

最後の人妻相手の乱交から2ヶ月が経ち、そろそろ次がないかな、と思っていたところ、メンバーのKさんから嬉しいお誘いが。

Kさん「セフレの女子大生を複数プレイデビューさせたいんだけど、今度の土曜、都合つかない?」

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年7月28日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【近親相姦】嫁が上司に襲われた【体験実話】

<>216名前:名無し@18歳未満の入場禁止[sage]投稿日:2009/12/17(日)21:01:37ID:1rUivV1d0<>
1が来ないようだから、代わりに俺が書き込んでみる。
誰も見てないようだから、チラシの裏代わりに使わせてもらおう。

俺、現在単身赴任中なリーマン。
先月、急に本社に戻る用が出来た。
普段は月に1日しか帰れないので、
急に帰って嫁を驚かそう&喜ばせようと思い、自宅に向かった。
自宅についてそっと玄関を空けたら奥の寝室からなにやら話し声。
ドアを空けてみたら・・・

嫁が全裸で四つんばいになってて、男がバックからパコパコしてやがった!

<>217名前:名無し@18歳未満の入場禁止[sage]投稿日:2009/12/17(日)21:05:43ID:1rUivV1d0<>

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月23日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】エロい写メから始まる体験談【体験実話】

868名前:(‘A`)2006/05/24(水)01:45:560

喪友達の妹がちっこくて大人しくて無茶苦茶可愛くてベタ惚れ(俺の一方的な片思いだが)だった時期があるんだ。

で、喪友達とは喪板の妹スレのノリで
「じゃあお前の妹くれよ」
「やるよ、あんなの」
みたいなお決まりのやりとりをメールするのがお約束化してたんだが、
その日は深夜に
「そろそろオナニーして寝るから○○さんのぱんつ盗撮してきてくれ」
ってメール送ったら
「よし、少し待ってろ」って返信が来て、十数分。
ああ、こりゃ無視されたな、と思ったが、いつものことなのでさて寝るか、と布団に潜ろうとしたら
「寝てたみたいだからバッチリだ」
という返信とともに、ベッドの上で太ももとぱんつ晒して眠ってるそいつの妹の写真が。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】へっ? なんで…?? 【体験実話】

『はい!』という声とともに、誰かが俺の背中をポンと叩いた。

ハッと我に返る。俺は自宅の居間でソファに腰掛けていた。
隣に座った奈津美が、つぶらな瞳で俺を見上げてる。

奈津美は高校の同級生。半年くらい前から付き合ってる。
かなり可愛くて、AKBの「たかみな」似…と俺は思ってるんだけどな。

『ほら、彼女もシタがってるよ。ヤッてあげな』

頭の中で誰かの声がする。抱き寄せたら、奈津美の方からキスしてきた。

2人とも性欲旺盛な16歳。まあ、人並みにやることはやってるわけで、

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2015年2月17日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】妹ガチ告白した!【体験実話】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/30(金)00:29:43.12ID:Dp4nleHv0<>
時間ちょうだいって言われた
きっと明日は家族会議

<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/30(金)00:30:20.26ID:8ZAlFPop0<>
おっさん暇なのか?

<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/30(金)00:31:29.94ID:Dp4nleHv0<>
2
大学入ったらおっさんって妹によく言われたな

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/30(金)00:30:39.28ID:xjJiAzUf0<>

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年2月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉妹と妹 2【体験実話】

従姉妹と妹()の続き

中3の妹のA子と従姉妹で俺と同い年(高2)のE美が女同士でエッチしていた。

A子の性格から考えて『お前、E美とレズなのかよ』って迫ったところで
『だから何?あたしお姉ちゃんの事好きだもん、お兄ちゃん関係ないじゃん、バカじゃないの フフン』
って開き直られるのが目に見えている。となればE美に脅しをかけるべきか?悩むところだ。
具体的な何か武器がないとなあって思案していた。

少し前までレズっていた隣の部屋に侵入、って誰もいないんだから侵入もくそもねえわ。
案外とあいつ(妹)は馬鹿かもしれない、さっき読んでいてE美がA子にあげるって言っていたホモ本をバッグごと忘れて母屋に戻って行っていやがるw。
(内容物は洋物のゲイ雑誌数冊とG種ホモ同人誌多数w)

いやあ女って露骨だね、男性向けのエロ同人誌なんかよりも下手すれば過激。
こいつは使えると心の中で笑った。とりあえず俺の寝ている部屋の押入上の戸袋に隠しておいた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】真・抱き枕【体験実話】

俺の名は、新井武(仮名)。
俺には、妹がいて名前はりな(仮名・女優の逢沢りなに似ているのでりなにします。)といいます。
そして、今から、俺とりなの昔話に少し、付き合ってもらいたい。

十年位前か…当時「抱き枕」なるものが流行りだしたころ、
興味を持った俺とりなはとても欲しがったんだ。
でも親に買ってもらえず、気分だけでも味わおうと思い
交代で「抱き枕役」を決めて抱きついて眠ったことがあった。
最初は妹が「抱き枕役」で、俺がりなに抱きついて寝てみた。
当時りなは中学あがったばかりだったが、体もそれなりに発育していた。
日頃から、スレンダーな体に似つかわしくない胸に興味はあったが、
どうこうしようとは考えてなかった。
りなの隣に寝そべり、両腕と両足を絡ませて抱きついてみた。
確かに何か本能的に安らぐ気がして、その日はそのまま眠ってしまった。
目が覚めた時は抱きついてはいなかったが、同じ布団で眠ったのは何年ぶりかな?

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に最初で最後の口内射精【体験実話】

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、
たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。
風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら
そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。
その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、
噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちに
その行為に完全にハマっしまった。

妹の口の中で舌が亀頭に絡むその感触。
なにより大好きな妹の唇を押しのけて
自分のちんこの先が口の中に入っているという光景そのものに…

お手伝いや遊びなんかでも、お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる妹だっ
たので、
それをいいことにチャンスがあれば舐めてもらっていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年1月14日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】妹に最初で最後の口内射精【体験実話】

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、
たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。
風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら
そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。
その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、
噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちに
その行為に完全にハマっしまった。
妹の口の中で舌が亀頭に絡むその感触。
なにより大好きな妹の唇を押しのけて
自分のちんこの先が口の中に入っているという光景そのものに…
お手伝いや遊びなんかでも、お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる妹だったので、
それをいいことにチャンスがあれば舐めてもらっていた。
もちろんお父さんお母さんには内緒だよと強く念を押してから。
その日も家族が不在で家には妹と二人っきり。月に何度かあるフェラチャンス。
事前に洗面台でちんこを石鹸でしっかりと洗い流し、準備万端。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉とえっちな関係になった話聞いてもらいたい【体験実話】

初めに言っておくと実姉じゃない。
更に、そもそも俺って兄とか居ないしとても打たれ弱いんだけど。

小さい頃に親父とおふくろがいなくなって
年の離れた兄貴は実質、俺の親代わりだった。

一方、俺は物心つくのも遅くて
兄貴に養ってもらうことが当たり前って感覚の甘えん坊で
アレ欲しいコレ欲しいってのを、普通にねだってた。

中学になってねだる物も高価になっていったけど
兄貴は嫌な顔せずに
「うんうん、そうか、これが欲しいんか」って言って
残業増やして買ってくれたりした。
まぁ、流石にこの頃からは遠慮もし始めたけど。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ