【寝取られ】弱気的な彼女 【体験実話】

昔つきあってた彼女なんだが、当時20歳。黒髪のストレートで、ルックスは超カワイイわけではないが、誰もが準高得点をつけるタイプ。
でもよー、すっごい気弱で、人にまともに対応できないんだよ。やさしいのはいいんだけど。それでいて胸は大きくてウエストはきゅっとくびれてるし、わりと無防備な格好の服ばっか着るからよく痴漢されてた。道じゃ抱きつかれておっぱい揉まれたり、電車ではお尻をなでられるのはあたりまえで、指入れまでされたことがあった。状況を聞いたら、尻なでは後ろから電車に乗るときにスカートをまくられてその後は触りまくられるらしい。

ある最悪な日は、電車で隣の駅に到着した時、ドア越しに獲物を狙うような目をしたコ汚いおやじ(通勤ラッシュ時なのにスーツでもなければ手ぶら。確信犯だよな)と目があって、あ、逃げなきゃと思ったが、おやじの突撃であっという間に車両のはじに追いやられたらしい。さらに相手は二人いたらしく、おまけに近くにいた若めの男までどさくさで参加しやがって、合計3人から攻撃された。スカートはまくられ、パンティはずり下げられ、ブラウスの胸のあたりのボタンをはずされそこから手を入れられて揉まれるわ乳首をいじられるわ。あげくに指を前と後ろ両方に入れられた。若めの男はキスまでしてこようとしたらしい。

こっちはつきあってから、指どころかキスもしてなかったからすげえ怒り狂った。そこまでやられるとは不思議だが、3人に攻撃されると、手が6本もあるわけだから、こっちの手を押さえたらほかが伸びてくるので防ぎきれないし、太ももに力を入れて閉じて抵抗してたが、電車が揺れてバランスが崩れたときに股の間に足を入れられあそこをたっぷりいじられたようだ。
おまけに彼女は気が弱いから声は出せないしショックで気分が悪くなりふらふらだったようだ。涙を浮かべて話す彼女になにも言えなくなった。そしてそのあと、決定的なできごとが大学のサークルで起こった。

電車内でのあそことお尻に指を入れられた事件から、俺も朝早くに彼女の最寄駅によって一緒に行ったりし始めたさなか。
俺も彼女も幾つかのサークルを掛け持っていて、そのうちの2つがたまたま一緒で知り合ってつきあいだしたんだが、そのうち一つはいまどき珍しく、上下関係が厳しくて先輩には逆らえない雰囲気のところで、サークル内では2人の仲は秘密だった。

その日は、俺はバイトに行っていた。ブサイクで嫌われている先輩が、同輩の一人に携帯をかけてきて、結構重要な練習をたまたま休んだ彼女に説明するから、同輩と彼女でとある飲み屋に来てくれと言ってきたので、二人で向かったらしかった。
説明がおわり、あとはくつろいで世間話を始めてそれなりに飲んで、彼女が帰ろうとしたら、2次会をやるから、その時にその先輩の知り合いが偉いひとだけど来てくれて、為になるから来いと言われたらしい。ここでも彼女の気の弱さが出て、強く言われたので時間も遅いが行くことにしたようだった。
同輩は興味本位で誘われるままに行くことにした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2013年5月31日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】美人な母親とハ○まくり【体験実話】

1ヶ月程前の夜、近所のスーパーの駐車場で当て逃げを見てしまいました。
RV車はバックで狭く空いたスペースに駐車しようとしたのですが、止まっ
ていた軽自動車のヘッドライトにバンパーの角をぶつけたのです。女性が慌
てて車から降りてきて、壊れた箇所を確かめていました。でも僕が見ていた
ことに気付かなかったのでしょう、すぐに車に乗って走り去ってしまいまし
た。
僕はその女性に見覚えがありました。間違いなく中学の同級生の健○の母親
です。1、2度家に遊びに行った程度でしたが、すごい美人だったのでよく
覚えていたのです。
僕は卒業アルバムで健○の家の電話番号を調べました。次の日、少し凄みの
ある声を使いながら電話を掛けました。
「はい、○○○でございます。」
「○○○さんの奥さんだね。あんた、きのう○○スーパーで当て逃げしたで
 しょ。オレ見てたんだよ。」
「・・・あなた一体誰なの? どうやって家の電話番号を・・・」

体験実話集関連タグ

|||||

2013年5月29日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【浮気・不倫】妻と会社の後輩 【体験実話】

結婚して5年が経つ妻(32)とは、もう丸2年以上セックスレス状態。
別に仲が悪い訳でもなく、週末には普通にデートしたりしてる。
セックスの相性があんまりよくなかったという背景もあったし、
馴れ合い過ぎて、男女というよりも、家族としての関係になっていたんだと思う。

ただ客観的に見て、妻は歳の割に若く見えるし、巨乳タイプではないが、
胸はいい形だし、腰もくびれてる。脚の形だって悪くない。
出産経験もないし、仕事もバリバリしてるので、雰囲気も若い。
俺以外に男いるのかな、とか疑ったこともあったけど、そんな素振りもない。

俺はといえば、妻には全く関心ないものの、性欲は旺盛。
出会い系サイトで出会った女やヘルスやソープやらで、
週に1回は外で抜き、週に3回は妻が寝静まったあとに、
オナニーで抜いていた。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月28日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【複数・乱交】同僚と酔って3P 【体験実話】

営業二課のT主任が結婚休暇を取ると聞いた時、そのお相手は当然業務課の
ユカだとばかり思いました。
上手く隠しているつもりだったのでしょうが、よほど鈍い者以外は二人の
関係に気付いていました。
なにしろ間抜けな真似をしていたのですから。
同じ日に有給を取ったり、T主任の一泊出張時にユカが休んだり、もちろん
二人が一緒のところを直接目撃した奴もいました。
不倫でもなければ社内恋愛が禁止されているわけでもない。
別段支障もない筈なのに、妙にコソコソすることでもしろ周囲からは反感を
持たれていました。
T主任はまだしも、前述のように仕事の皺寄せを受ける女性たちから、ユカは
ハブられるようになっていました。

ついにその二人が結婚か、という俺の想像は大ハズレでした。
主任の結婚相手は会社とは無関係な女だというのです。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2013年5月28日 | 体験実話集カテゴリー:複数・乱交の体験実話

【寝取られ】メガネデブ戦隊 【体験実話】

もう5年前の話です。
僕が大学4年、彼女のマミは違う大学(N女子大学)の2年生でした。
マミとは提携サークルで知り合いました。

マミはサークルに入った時には18才。誰から見ても若々しく、美しい女でした。
今で強いて言えば、吉岡美穂タイプ(違うといえば違うけど、雰囲気は)
身長159センチで、サイズは上から89-61-90といったナイスバディでした。
当然、先輩、同期、後輩含めてみんなが狙っていたのは明らかでした。
マミは1年生の時にはほとんどサークルにも顔を出さない子だったのですが、
(会ったのは新歓コンパの時だけ)
2年生になってから、積極的に参加するようになりました。

彼女と付き合いだしたのは、忘れもしない彼女が2年目のコンパの時。
ダメもとで酔った勢いで「今度映画に行こうよ」と誘ったら、
マミは意外にも「いいですよ」と言ってくれたのです。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2013年5月27日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【寝取られ】寝取られ系 最高傑作 【体験実話】

僕は妻の理恵と、幸せな新婚生活を送っていました。
結婚してから理恵を想う気持ちは冷めるどころか、日毎に深くなっているのを
感じていましたし、ほぼ毎晩、お互いの心と体で愛を確かめ合い、
ふたりの気持ちが一つであることを実感していました。
その日も、十分に愛を確かめ合った後、ベッドで余韻を楽しんでいました。
いろんな会話をしているうちに、話題は同僚の浮気のことに移っていました。
「もし私が浮気してたら、どうする?」
人差し指で僕の乳首を弄りながら、理恵は冗談っぽく訊いて来ます。
「そんなことがあったら、怒り狂うだろうな・・・」
僕は天井に目を向けたまま、笑顔でそう答えました。
理恵が他の男と浮気をするなんて、今まで考えたこともありません。
しかし、あまりにも現実とかけ離れているそんなシーンを想像してみると、
激しい嫉妬を感じるその先に、別な感覚があることに気付きました。
一見嫉妬とは正反対であるように思え、実は嫉妬の延長線上にある
その奇妙な感覚・・・僕はその感覚が頭の中ではっきりとしてくるにつれ、

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年5月26日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】人妻【体験実話】

久しぶりに出会い系サイトを覗くと、「36歳人妻、割り切った交際希望」とあった。早速返事をすると、「是非お逢いしたい」との返事が返ってきた。「最初はお話だけでもいいですか?」との問いかけに、いつものように「勿論いいですよ」と答えておいた。内心はその気は全くなかった。当然味見はするつもり満々であった。
 数日後、大阪梅田のマルビルで待ち合わせた。直前のメールで「申し訳ありません。1時間ほど遅れます」と伝えてきたので「イイよ。慌てないで。ゆっくり待っていますよ」と優しく返信しておいた。やがて長身でグラマラスな肢体を黒のスーツで身を包んだ黒縁眼鏡のキャリアウーマンが近づいてきた。そそられる身体に思わず自慢の極太は臨戦態勢に入った。「こういうお話しだから、部屋でゆっくり話しませんか」と誘うと「そうですね」と素直に予約しておいた22階のダブルルームに付いてきた。もうこれで味見OKと言うことである。
ベットに私は座り、彼女は椅子に腰を掛けて向かい合いながら、付き合う上での条件を確認して、そっと手を差しのばし「ここにおいで」と誘うと、瞬間ためらいを見せたものの、素直に私の隣に座った。そっと抱き寄せキスをすると抵抗なく受け入れ、ディープに移っても自ら舌を絡めて応じてきた。白のブラウスのボタンを外すと、淡いピンクのレースで縁取られたブラが見え、Cカップの白い乳房が目に飛び込んできた。それをそっと揉みしだき、直ぐに乳首を探り当てて摘むと「ああ〜」と声を漏らした。そのままおっぱいへの愛撫をしつつディープキスを続け、捲れあがったスカートの裾に手を忍ばせ、太ももを押し広げると、これまたなんの抵抗もなく股を拡げ、ブラとお揃いの紐パンが露わになった。その中心部にはもう染みが出来ていた。
「こんなに濡らして。厭らしい奥さんだね」と言うと、「いや〜。はずかしい」と強く抱きついてきた。そのまま押し倒し、パンティの上から割れ目に沿って愛撫をすると「ああ、イイ。気持ちいい」と声を漏らし、一段と濡れそぼってきた。スカートを捲り上げ、紐を解いてパンティを取ると、クロッチのところに粘液の盛り上がりがあり、そことサーモンピンクの淫口とが透明な糸が繋がっていた。その淫口にも淫汁が溢れ貯まって垂れようとさえしていた。私は躊躇せずに、その淫口に吸い付き、わざとジュルジュルと音を立てながら得意の舐め吸いを始めた。「いや〜。汚い。洗ってないのに〜。ダメー。ああ、イイ、イイ、気持ちいいー」と甲高い声を上げて、腰をグラインドさせ始めた。暫くクリから淫口の周りそしてアナルまで丁寧かつ執拗に舐め吸った後、クリを舐め吸いつつ、左手の人差し指と中指を淫穴に突き入れ、Gスポットをはじめ快感スポットへの指腹タッチ攻撃を始めると、もう悶え狂い始め「アア、イイ。アアア、イイワー、モット、モット、モットしてー」と激しく腰を揺すり、愛液を飛び散らせて潮を吹き、右手で右の乳首を摘みクリクリト刺激を与えると、「アア、ダメ〜。逝く〜。逝く〜」と最初のアクメへと昇りつめていった。ガクガクと両足が痙攣し、のけぞりながら余韻を楽しむ彼女を上から眺めつつ、私は素早く服を脱ぎ捨て全裸になって、彼女に覆い被さった。
髪を撫でながら「どう?これが欲しいかな」と私のいきり立つ極太を握らせると、最初力なく握っていたが、「オオ、大きい〜。凄いわ」と目を開き私を見つめながら握る手に力が入った。「欲しい?」と再び聞くと、「うん」と言いつつ何度も頷いた。「脱ぎなよ」と促すと、力なく起き上がり、服を脱ぎ始めた。手伝って脱がすと揉みし抱いたときにその張りと弾力を感じていたが、胸は本当に崩れもなく美乳であった。腰のくびれといい、私の大好きな張りのある大きな尻といい申し分のない体だった。その後は69で互いの性器を嘗め合い、彼女に騎乗位で嵌めるように促すと、「着けてください」と小さな声で言うので、用意したコンドームを着けたが、窮屈そうなのを見て「本当に大きいよね」と嬉しそうに言いつつ、自分で極太を掴み淫穴に宛がい腰を沈めていった。
「アア、きつい。アア。いい。気持ちいいー」と後はもう狂ったように腰を前後左右、上下に打ち動かして、時折突き上げる私の突きに悲鳴を上げつつ、何度も何度もアクメに達したのである。その後は正上位、バック、松葉崩し、座位と色々と楽しんだのは言うまでもなかった。この女もご他聞に漏れず、こうなることも覚悟でやって来ていたのである。別れ際に「有難うございました。こんな良い出会いをさせてもらって嬉しいです」と抱きつきキスを求めてきた。いい顔であった。一段と美しく見えた。
 昨日二度目の出会いをした。いざ挿入となったとき、「このまま入れてください。生が欲しい。私は貴方を信じていますから」と生入れを求めてきた。思う存分私の生入れを楽しませたのは言うまでもない。「もう、ぜんぜん違う。アア、生は最高—」と悶え狂ってくれたのは言うまでもない。久しぶりにいい女と出会った。愛人契約はどこへやら、もう私無しではダメ、毎日抱いてとおねだりする女になっている。嬉しいことである。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2013年5月12日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】3pしたがる友人に誘われて彼女が…【体験実話】

俺(中村) 32歳 フツメン ちょっと最近太め 176センチ
友人(永井) 28歳 結構イケメン(永井大に似てる) 筋肉質 178センチ
俺の彼女(美香) 26歳 色白 Dカップ 可愛い感じ 顔はアナウンサーの加藤綾子に似ている 体型も普通 161センチ
永井の彼女(希美) 24歳 色黒可愛い Eカップぐらい 痩せで巨乳 芸能人だとちょっと不細工な佐々木希 156センチ
俺は会社のしがない事務員。多少実績があったので、今は中小企業の係長的な役職。でも事務員みたいなもん。(笑)
永井はバリバリの営業。イケメン、さわやか。
永井とは前の会社からの仲間。前の会社が潰れてしまったので、2人で路頭に迷っていると、今の会社の社長と飲み屋で意気投合。なぜか働くことにw
それがもう6年ぐらい前の話。永井は女にモテるが、あまり興味がない。
彼女の希美ちゃんとももう2年ぐらいになるが、セックスがめんどくさいらしい。
俺は美香とは3年目。美香は違う会社で事務職。特別美人というわけではないが、色が白くて可愛かった。
永井から強引に誘われた合コンで美香と出会う。お互いにあまりしゃべらなかったが、なぜかお互いに好印象。(笑)
なんか知らないがトントン拍子に付き合うことに。
合コンには希美ちゃんもいた。希美ちゃんと美香も同じ会社。まあ紆余曲折あって美香ちゃんと永井が付き合うことに。
先日、永井の彼女の希美ちゃんから連絡があった。
「中村君、最近彼女とどうなの?」みたいな話から始まって、話も長くなりそうなのでじゃあ、喫茶店で合おうか・・・ということになった。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年5月10日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】ランドセル(FAINAL) 【体験実話】

<第一章 夜明け>
年が明け、新緑の季節を迎えようとする3月の終わり、私達兄妹に転機が訪れようとしていた。
父が仙台支店へ転勤を命ぜられたのだ。
当初は子供達の転校を理由に、父一人で単身赴任を考えていたようだったが、直紀たっての
希望が通り、家族全員で仙台に行くことが決まった。

母は今まで働いていたアルバイトの仕事を急遽辞め、私達兄妹は新たな学校へ転入届を提
出し、そして、直紀は担任に自分が転校する事と、転入先の場所をクラスメートには絶対知ら
せないように頼んだ。
勿論、その理由は鈴木達に知られたくない為であったが、担任も直紀が虐めにあっていた事を
薄々知っていたのか、一年の終了式を迎えた最後の日にも直紀は別れの挨拶をする事なかった。

また、ユリも直紀と同様に友達と別れの言葉も交わさないまま、最後の屈辱を迎えようとしていた。
9ケ月にも渡る忌まわしき日々。
いつものようにユリは幼い体を鈴木達に貪られ、そして、白濁色のドロドロした液体を全身に浴

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2013年5月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】うめぐさ 【体験実話】

344うめぐさ◆tdilF8XmvAsage04/05/0405:41ID:LxD8f1CK
ホテルの一室。
後ろ手にドアを閉める。リナをそっと抱き寄せる。予想に反してなすがまま。
無言の時が流れる。初めて触れる女の体。服の上から柔らかさとぬくもりが伝わる。
唇を重ねる。
「だめ・・」リナが身を引く。
もう一度強く抱き寄せ、大胆に唇を重ね舌を絡ませる。
リナの舌が無意識に反応する。抵抗はない。
「んっ・・・」リナの声が漏れる。
(なぜ拒ばまないのだろう・・・)
そう思いつつも、後輩の心は唇を許された喜びと、女という柔らかい異生物への
好奇心に満たされていた。大好きな男にしか見せないもうひとつの顔。
その全てを知ることは後輩にとって抗うことの出来ない誘惑だった。

345うめぐさ◆tdilF8XmvAsage04/05/0405:44ID:LxD8f1CK

体験実話集関連タグ

||||||||

2013年5月6日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話
30 / 32« 先頭...1020...2829303132

このページの先頭へ