【近親相姦】お医者さんごっこ【体験実話】

俺が小学校の頃、毎年夏休みになると3つ年上のいとこが東京から2週間くらい遊びにやってきた。
3つも年上で、俺は引っ込み思案、彼女は行動的な姉御肌だったので、
俺はいつも彼女の言いなり状態。
目鼻立ちがくっきりしていて、まあ美人だったので、一緒に出かけるのは悪くなかった。
夜は2人っきりで寝ていたんだが、
俺が小学5年、彼女が中学になった頃から彼女が妙な行動をとるようになってきた。

ふとんに入ると彼女は俺の手を股間に押し当てて
「熱くなってない?」と聞いてくる。
「あったかいよ。」というと、今度は「直接触ってみて」と俺の手をパンツに引きこんだ。
相手は中学生なのでもう毛が生えている。
彼女に導かれるままに割れ目に指をあてがわされる。
「どんな感じ?」と聞かれ「ぬるぬるしてる」と答えると彼女は「指を入れてみて」という。
恐る恐る指を入れるがこっちも消防なのであまり深くは入れられない、というか、
女性の股間がどうなってるかわからない。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月24日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】従姉【体験実話】

従姉との年齢差は、叔母というには近すぎて姉というには離れすぎの7歳。
小柄で丸顔、髪はベリーショートにしててあまり色気のあるタイプではない。
でもそばかす顔でいつもニコニコしてて気さくな従姉とは最初から仲がよかった。
大学を出るまで従姉の家に下宿していたので、ヒマさえあればお互いの部屋を
行き来して、呑んだりダベったりしていた(下ネタ含む)。
就職した今も、東京出張の折には宿泊地として使わせてもらってる。

その日も週末出張を終えて従姉の家に投宿、お疲れさまの晩酌を二人でしていた。
久しぶりなので話は尽きず、酒もピッチが上がってたと思う。
話題は次第にシモ系になっていき、お約束の「テル君最近どうなの?使ってる?」
「いやあ、忙しいし週末はこうして出張多いしなかなかね。テル姉こそどうなの?」
(名前の頭が二人とも同じ文字なので)
「んふふ〜、心配しなくても現役バリバリで使ってるわよ。実は今日もよ」
「え?」
「いや、彼氏が夜に来んの」

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2015年1月20日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】大陰唇の膨らみに欲情して【体験実話】

妹が陸上部に入部していて、脚と腰が痛いとのことでマッサージをしてくれと、俺の部屋に入ってきた。
ふと下心がわき、了解した。
妹は着替えてくるといって部屋を出て、しばらくするとユニホーム姿で現れた。
ユニホームは、セパレートタイプで黒いブルマを穿いていた。
妹をうつぶせにして、脚から揉んでマッサージをしていった。
そして、後背位の体位にさせて、尻を突き出すように言った。
俺は急いでズボンと下着を脱ぎ、フル勃起したペニスを手でそえて、
妹の股間のブルマ越しに膨らんだ大陰唇を亀頭でついた。
そして膣口付近にあてがい、ブルマごと一気に突き上げた。
両手は妹のくびれた腰を鷲掴みにし、膣奥深くに差し込んだ。
亀頭が全部入ったところで、しばらく余韻にひたり、
全部挿入したくなったので、ブルマを脱がし、
亀頭を割れ目にそってなぞり、我慢汁を塗りたくった。
膣口に亀頭をあてがい、挿入した。
今度は両手は乳房を鷲掴みにし、突きまくった。

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年1月17日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】未亡人になった妹【体験実話】

<>538名前:512[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:21:47.67ID:WTXWPqm/0[1/15]<>
とりあえず書いただけ。
誰かの影響をだいぶ受けているんでどこかで聞いた事があるような文になっているのは
許して。あと大分脚色付きで書いてみた。面白くなかったらスイマセン。

<>539名前:未亡人になった妹[sage]投稿日:2011/08/24(水)21:23:51.46ID:WTXWPqm/0[2/15]<>
うちの妹は私の事を昔からずっとお兄ちゃんと呼んでくれています。
妹とは高校、大学時代と男友達のようにスポーツ観戦や食事に出かける事が多かったと記憶しています。

去年の夏、妹の旦那が事故であっさりと亡くなってしまいました。
四十九日が過ぎて形見分けって大げさなものではないけれど遺品を親しかった人間や親きょうだいなどで分けると
いう事で私達夫妻は妹のマンションに行きました。私は亡くなった方の服や時計とかは何となくイヤだったので電化
製品なんかが良いななんて思っていました。

近いだけあって来るの早いw。お兄ちゃんたちが一番最初、どれでも好きな物持っていってイイよ」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】マッサージが…【体験実話】

去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。
流石にそのまま寝られては困るので俺はうつ伏せになっている妹に馬乗りになる様な格好で、肩を揉み始めた。すると「あ~気持ちいい~♪」と言い、更に俺は背中を親指で指圧をしてやった。だけどスーツのジャケットが邪魔で上手く出来ないし皺になってしまうので、妹に脱ぐように言うと、素直に上下…ジャケットとスカートを脱いでブラウス姿になると再びベッドにうつぶせになった。もう一度馬乗りの体制になり、肩揉みから始め、背筋を指圧すると「う~ん…折角やって貰うなら地肌に直接指圧して欲しいな…だからちょっと待って…」そう言うと、馬乗りになっていた俺に退くように言うとブラウスのボタンを外し始め、脱ぎ去ってしまった。ストッキングは滅多に履く事の無い妹はその日も当然のごとく履いてなくブラとパンツだけの下着姿になってしまった。そんな姿にちょっとドキッとしてしまった。思えば妹の肌をこんなにも間直で見たのは確か妹が中学に上がるちょっと前位に一緒に風呂に入っていた以来だと…以来10年ちょっと…妹はもう大人…白い肌にくびれた腰のラインとプリッとしたお尻とスラット伸びた美脚…、実の兄とは言え目の前のこの女体を見て、しかも直に触って何も感じないわけが無い…俺の息子は反応し始めていた。
下着姿になった妹は再び俯せに横たわり「ど~ぞ~♪」と、まるでマッサージ店に来たお客にでもなったかの様な態度だった。
俺はまた跨がり指圧マッサージを始めた。
肩から背筋…背骨の両側を親指で押しながら腰へ向かって行く。
「あ~気持ちイイ♪」腰を重点に指圧を始めると「あーそこそこ、そこサイコー♪」妹が言う場所を更に念入りにマッサージを続けると「そーう、そこが凝るんだよね~」といかに新人社員の仕事が大変かを強調するかの様にいう更に俺は尻の外側…エクボの部分を掌の手首に近い所の柔らかい肉で両側から挟み込む様に押すと「おっ!何それ?イイ感じ♪」
それから再び親指で足の付け根ヒップとの境目辺りを押し上げる様に押す「お~♪気持ちイイ~」一旦そこから離れ足先へ移動し足裏マッサージを始めたすると「おー!超~気持ちイイ~♪あ~ん♪」声だけ聞くとイヤラシ事をしている様な誤解を受けそうだった。
足裏全体を指圧し、アキレス腱の両側を摘む様に足首からふくらはぎに向けて移動し、特にアキレス腱からふくらはぎの境目辺りを重点的に下から上に撫でる感じでマッサージした。
「あ~ん♪そこ超~気持ちイイ~♪もっと、してぇ~♪」
ほんと声だけ聞かれたら絶対、Hな事してると思われても仕方ない感じだった。
そんな疲れた切った妹をもっと喜ばせようとマッサージに集中した。
足から再び上半身へ移ると、今度は妹に確認しながら指圧をした。
「この辺はどうだ?」「ん~もうちょっと下…そうそう、そこ!」そこは丁度ブラジャーのベルト部分だった。
そのブラジャーの材質がツルツルとしていて滑って指圧しにくいので「なぁサチ、外していいか?」と聞くと、「イイよ~」と、何の躊躇も無く答えた。
ブラジャーのホックに手を掛け外すと、それを左右に広げ背中に障害物が無い状態にした。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月12日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】義娘とオマンコ【体験実話】

義娘とオマンコ投稿者:HE-SUKE投稿日:9月27日(火) 17時29分45秒
私は1年前お互い×1だった女性と結婚、49才と44才です。22才の義
娘が一人います。娘はアパートで一人暮らしをしていますが、週に1〜2回
は夕飯を食べに私のマンションにやってきます。先週の事でした、私が早番
の仕事を終えて午後4時頃帰ってくると娘が私達夫婦のベットで寝ていまし
た。
娘はこだわらない性格なのか、私に好意を持っているのか分かりませんが、
私が食べかけのリンゴをそれ頂戴と言って食べたりする子でした。そんな子
がまだ暑い日でしたのでタンクトップで寝ています。巨乳ではないですが乳
首が見えそうなくらいはだけていますし、ミニのスカートは捲くれ上がって
ピンクのパンティーもしっかり見えてます。それを見た途端わたしの心臓は
バクバク、チンポはギイ〜ンでした。起こさないようにそっと足元に膝立ち
で近寄り充分に盛り上がったオマンコに触ってみました。汗なのか何か分か
りませんがシットリとパンティーが湿っています。目を覚まさないようにソ
ットなぜたりニオイを嗅いだりしていると我慢できなくなってしまい目を覚

体験実話集関連タグ

|||||||||||||

2014年12月25日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】近親交配する一族【体験実話】

世の中信じられない様な事が多々あり、これから話す事も恐らく皆さん信じられない事でしょう。それならそれで私は構いません。この様な事もあるのだと頭の片隅にでも記憶に残していただけたら幸いに思います。
私はある一族の一人です。その一族とは公にすることが出来ない特殊な能力を持った一族で、この日本の政府を裏で支える重要な能力を持った異能一族と言っても過言ではない、我々の存在は政府の極一部の人間にしか知られていない、闇の存在者なのです。
何時の時代でも国でも異能者は煙たがられ化け物でも見る様な爪弾き的存在にされ、住む所も追われ、何時しかその存在は消えてなくなる運命でもある。
そんな異能一族を政府は保護し匿ってくれる代わりに我々一族は政府に対して可能な限りの支援を陰ながらしてきたのである。
逆に言えば、それだけ我々一族の能力は政府にとって重要なものであると言える。
そんな我々にも悩みがある…それは後継者問題である。
異能力者同士の交配で生まれた子はそのまま異能力もほぼ100%発揮できるのに対して、非能力者との交配で生まれた子は半分もない程の能力しか発揮できない事もまれである。
そこで四世代に一度、近親交配する事で、能力者の血が絶える事を防いでいる。
但しそれには条件があり、闇雲に近親交配するわけではない。条件1として、世代を跨いでの交配はしてはいけない。つまり親とその兄弟…叔父、叔母、甥っ子や姪っ子も同様、ハトコ関係にある者との交配も禁止である。よって交配可能なのは兄妹と従兄妹のみに限るのである。それにも条件があり、交配出来ない兄弟、姉妹や一人っ子であった場合は、それぞれの家族間…つまり従兄妹同士の交配を認め、また、一人娘の場合はその時に相談して決める事になっている。更に我が一族では姉弟交配での男児の出生率がほぼ100%に対し、兄妹交配ではまず妊娠率が低く、更に男児の出生率が極めて低く50%を切る程で、その為、近親交配世代の家族に姉弟が居ない場合は、妊娠、男児出生率100%の従兄妹間交配を保険の意味合いで兄妹だけでなくすると言う条件がある。だが、異能力は兄妹間の子供に比べ30%程低くなる。条件2として一組の交配に対して最低2人の男児を出産しなければならない。但し母体が25歳を過ぎた時点でも妊娠しんい場合は諦める事にする。(従兄妹間交配の場合でも同様25歳を過ぎたら交配は禁止)
例として近親交配世代が2家族の場合でa家族には兄、妹、b家族には一人娘だった場合、a家族にはまず兄妹交配を開始し、その後、従兄妹との交配もするのが、ルールであり、決して兄妹より先に従兄妹間交配はしてはならないのである。それは純粋な異能力者の血をより濃いものにする為である。
更に例として3家族あったとする。その内の一家族A家族には兄・妹、そしてB家族には一人娘、それと男兄弟のC家族だった場合、A家は問題なく兄妹交配をすればよいが、B家とC家に関しては、A家族に男児が産まれなかった場合に備えて、それぞれB家C家の家族間での交配になるが、男2人に対して女一人では、同時に交配が出来ない。そこでまずは長男から交配をし、出産後3年後に次男とも交配をして第二子を出産する事。
このように、その時々で条件があり複雑だが、異能力の血を絶やさずにするには必要不可欠な事なのである。
そして、その近親交配世代が丁度自分の世代にあたっているのである。
まずは家族構成から説明すると、親父は三兄妹の次男で子供は私と妹の2人。長男にあたる叔父にも2人の子供…二卵性の双子兄妹がいる。そして長女にあたる叔母には私と同じ年の一人娘がいる。
ちなみに私の歳は20歳である。妹は3歳年下の17歳…妹と交配を始めたのは7年前の妹が10歳の時である。

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年12月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】姉貴の友達が、スタイルが良くて俺好み【体験実話】

姉妹の知人(♀)となにかあった話はだめか?
姉(24歳)と食事に行った時、偶然姉の知人(♀)24歳と会ったんだよ。
結構スタイルが良くて俺好み。 姉に根掘り葉掘り彼女のことを聞いたんだが、
「○雄、彼女は彼氏がいるんだから、手をだしちゃダメだよ」って俺の気持ちを見透かされたように言われた。
姉もある程度遊んでいる方だから男心は知っているんだろう。
姉にねばって今度ちゃんと紹介してくれる約束をとりつけた。
お陰でそこの払いは俺持ちになったけどね。
                    
姉の顔を見るたびに「早く紹介しろ」ってせっついてたんだけど、「そのうちにね」 っていつもはぐらかされてたんだ。
あきらめていた頃2ヶ月位たっていきなり、「今週紹介しようか?」って姉が言ってきた。 
約束の日、俺は残業拒否で待ち合わせ場所へすっ飛んでいったよ。
食事中に姉がトイレに席を外した時、彼女が「これから予定ある?」って聞いてき。た
ので「なんで?」と聞き返す、と「A子(姉)のいない所で相談に乗ってくれる?」ときたもんだ。 
俺に予定も異存もある訳ない。即OKして出た後の時間と場所を決めた。
姉がトイレから帰ってきても二人ともそしらぬ顔で取り止めもない話に終始した。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年12月6日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ5 【体験実話】

大学時代からの付き合いの、嫁の景子。付き合い始めてから数えると、もうすぐ10年経つ。
凄く美人なのに、男っ気のない学生時代を過ごしてきた景子は、俺と付き合い始めた時、奇跡的に処女だった。

そして結婚してからは、二人で楽しくエッチな日々を送っていた。

それが、ちょっとした好奇心から、景子に俺の親友の浩介にエッチなイタズラをさせた。

そしてそれは、どんどんエスカレートしていき、二人は身体を重ねてしまった。

俺の目の前で、正常位で愛し合い、同時にイッた二人。
とうとうここまでさせてしまったという後悔と、嫉妬、怒り、敗北感、色々な感情が俺を包むが、それ以上に信じられないほどの興奮が俺を包む。

すると、二人の視線が絡み合う。そして、浩介が唇を近づける。
『ダ、ダメ……』

体験実話集関連タグ

|||||||||||

2014年12月4日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【近親相姦】マッサージ店でバイトしてたことがあって、義理妹にそのスキルを用いてしてあげた【体験実話】

809名前:802メェル:sage投稿日:2011/02/03(木)01:45:42
大学時代にクイックマッサージ店でバイトしてたことがあって、そこで培ったスキルを用いてよく嫁さんや嫁友にマッサージするんだけど、初めて義理妹にしてあげることになりました。
その日は自分の自宅兼事務所近所の居酒屋で義理妹と二人で飲んでて、酔った勢いもあってか義理妹はノリノリだった。

店を出たあと事務所に連れていって、施術用ベッドに寝かせてマッサージ開始。
最初はうつぶせにして頭から腰まで入念にほぐしていく。普通のマッサージです。20分くらいかけたかな。
時折心地よさそうに「あ〜」とか「ん〜気持ちいい」とか声が漏れる。服の上からだけど、くびれがすごいそそる。

この時の服装がエロいんだけど、ミニスカートに黒のストッキング。
腰・お尻のマッサージしてる時にスカートがどんどん上がってきて、お尻がまる出し状態に。黒のストッキングから透けた下着が見えましたw

810名前:802メェル:sage投稿日:2011/02/03(木)01:53:43
酒が回ってるのもあって興奮しまくってた。
スカートが上がってお尻もろ見え状態なのに、義理妹は何も言わないものだからどんどんエスカレートしちゃって。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年11月27日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ