【人妻】孕まされていた妻【体験実話】

私30歳妻28歳結婚して1年経ちましたそろそろ子供でもと
週3回ぐらい中出しSEXしています
妻の男性経験人数は私を入れて3人だと結婚する前に妻から
告白されましたそれと私と婚約する前に彼氏がいた事と妊娠して彼氏との子供も堕ろした事が有るの正直に告白してくれました、私は妻を愛していましたし過去の事は気にしないで良いからと私がプロポーズし、無事結婚しました。
しかしここ最近妻の下着が派手になり、携帯もロックを掛けています、少し前妻の会社の1泊慰安旅行が有りました妻の
変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした…
まさかこんな事に成ってたなんて…
妻の行っている会社は中々の中堅企業で妻は事務のOLを
しています。
結婚式にも妻の上司や同期の女の子が沢山出席してくれた
のを覚えています、妻の同期の女の子独身で仮にA子としておきます、A子さんと私は何回か逢った事は有りますが
挨拶するぐらいの仲でした、妻が留守の時家にA子さん
からTELが有り私が妻は留守だと伝えるとA子さんは
私に用事が有る様で何か言いたげでした私は最近の妻の様子が変なのでもしかしたら妻に何か有ったのか?ふと頭に過りました、因みに妻は身長165cmで巨乳です少しポッチャリですが、決して太くなく腰にくびれも有り顔も美人な方です
私はA子さんに妻に何か有ったのですか?と質問すると

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月20日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】販売員【体験実話】

もう、10年くらい前の話です。
職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。
これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが
、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。
いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの
人気者でした。いっつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していました
ね。
おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛くて性格の良い彼女に惹か
れていました。
そんなある日、いつものように階段を上がってくる彼女。
階段を下りていたおれと目が合い、「こんにちは〜」と声をかけてきました。
「またお尻触られちゃいましたよ」
明るくこぼす彼女。
いつもの乳飲料をもらい、お金を払っていると、彼女がちょっと小さな声で言いました。
「こんど遊びに連れてってくださいよ♪」

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月17日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】妹・裕子と従兄妹の佳乃【体験実話】

前回の投稿から大分間が空いてしまいましたが、続きです。
晴れて?裕子と俺は変態兄妹となった翌日、俺は早目に起床しホームセンターへ買い物に行ってきた。何を買ったのかと言うと、ビニールプールだ。とは言うものの、子供用ではなく?子供用だけど、大人でも十分浸かれる程のサイズ…直径が約3メートル、深さが約60センチ、大人が二人三人余裕で浸かれるほどのサイズだ。
なぜ、そんなデカイのを買ってきたかというと、勿論、裕子とのプレーを楽しむ為だった。早速、庭でセッティングをしていると、寝ぼけ眼な裕子がオレのお古のTシャツ姿で起きてきた。昨日の一件からオレに対しての羞恥心は全く無くなっていて、真っ白なTシャツの下はスッポンポン、乳首の位置が透けて尖ってるのではっきり分かる。しかも丈が微妙な長さなので、ちょっとでも屈んだり、背伸びをすれば大事な所が丸見え状態になる。
「お兄ちゃん、おはよ〜♪なにしてんのぉ〜?」
「おうっ!やっと起きたかっ」
「えへへ〜」
「今日はな、このプールの中でやろうと思ってな、いくら日陰でも流石に昨日は暑かったからな」
「へぇ〜♪いいねぇー♪やろう!やろう!♪」
すっかり、その気になった裕子は庭の隅にあるホースを引っ張って来て、水を溜め始めた。
そんなやっていると、玄関脇のから裏庭へ通じる通路の終わりから聞き覚えのある女の声が聞こえてきた。
「やっほ〜♪こんちわー♪」
声のする方へ振り向くと、そこには近所に住む、俺と同じ年の従兄妹の佳乃が立っていた。
「やっぱり、こっちだったんだね?呼び鈴鳴らしても返事ないし、でも、功ちゃんの車はあるから、多分ここかなぁって、勝手に入ってきちゃった♪」
そう言う佳乃の姿を見るや、裕子は「あー!シーちゃんだぁ〜♪」と、佳乃の傍へ駆け寄り軽く抱きついた。
裕子は佳乃の事を「シーちゃん」と呼ぶ。一人っ子の佳乃は裕子の事を実の妹の様に可愛がり、裕子も佳乃の事を実の姉の様に慕っていて、だけど「よしのチャン」とは呼びにくいらしく「よしの」の「し」の字を使って「シーちゃん」と呼ぶようになった。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【人妻】沖縄旅行【体験実話】

昨年、3泊4日沖縄旅行に行った時の出来事を報告します。
私達は43歳同士の夫婦で、6歳になる娘が1人います。昨年
9月に連休をとることができ、妻の両親から娘の面倒を見るか
らと言ってもらって2人での沖縄旅行が実現しました。
2人きりでの旅行も娘が生まれてから初めてでしたし、夜の営
みも暫くなかったのでいい機会だと思い楽しみにしていました。
妻ですが、顔は美人な方でスタイルは吹石一恵より少しだけ
肉付きのいい身体をしていたので少し自慢に思っていました。
名前は一恵としておきます。
沖縄に到着してホテルにチェックイン後、軽くホテル内のガーデ
ンプールに行くことにしました。早速着替え、妻のビキニ姿を目
の当たりにすると相変わらずのスタイルに少しムラムラしました。
プール内はカップルが多く、子供連れはほとんどいないように感
じました。泳いだり、プールサイドチェアで休んだりを繰り返して
のんびり過ごしました。暫くして自分が1人で休んでいるとある

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【寝取られ】清楚な妻 由香2【体験実話】

妻(由香)は現在32才ピアノ教師をしています、私(拓也)は44才、会社経営をしています。
妻との出会いは、由香が18才(当時国立音大1年生)の時、私が30才の時、高級ホテルの中にある、会員制ジムで出会いました、美人で見ためからにして頭の良さそうで、お上品なタイプでした。
体型は、引き締まったヒップ、そしてくびれたウェスト、肌は白く、スリムなボデイです。
その時、私は結婚していましたが、一目惚れしてしまいました。
同い年なら絶対、声もかけられないですが、この年になると、恥ずかしさもなく声をかけ。会話もするようになりました。
国立の音大生のお嬢様だとわかりました。
由香の日々の行動を観察して、由香がよく行くCDショップで偶然出会ったよ うに。
ある日「こんにちは、偶然だね」と声をかけ
「私の知り合の子供さんにピアノを教えてあげてもらえないかな」と
そんな口実で、由香の携帯番号とアドレを聞くことに成功しました。
最初は頻繁にメールをして、由香のことがだんだん解ってきました。
いままで大学受験で彼氏も作る暇がなく、それに、超恥ずかしがり屋さんなので男性と話をするだけで緊張してしまい、彼氏どころか男友達もいないかったことを話してくれた。
それから、二人で、食事に出かけたりするようになりました。
でも、メールとか電話の時と違って、会うときはいつも恥ずかしそうにしてます、でもその姿がまた可愛いくてたまりません。
それからは、紳士を装う作戦にしました。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【人妻】念願叶って【体験実話】

<>379 :愛妻家 ◆97Q1KrYsDQ :2012/04/17(火) 21:42:22.21 ID:LnbU0VtE0<>
ぽまえら~
念願叶って抱かせたけど一発目で嫁からギブアップ宣言されたぞ~
正直興奮しすぎてやばいってさ

<>382 :愛妻家 ◆97Q1KrYsDQ :2012/04/17(火) 22:04:02.77 ID:LnbU0VtE0<>
詳しくって言っても抱かれた現場には同行しなかったからエロい話は書けないんだけど
ただやってるであろう時間の欝勃起というか興奮具合はやばい
正直あれは止められない
いわゆる完オチとか浮気とか有り得ないけど
ブレーキ壊れるのは分かる気がする
終わった後嫁が馬鹿正直なもんだから
気持ち良かったとか言われるのは
興奮とかしないで普通に凹む

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||

2014年4月11日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【人妻】友達の奥さんとお風呂で・・・【体験実話】

去年の12月に友達夫婦と僕達夫婦の4人で群馬の温泉に出かけました。
友達は中学から大学まで一緒で、今でも仲良くしています。
友達の奥さんは25歳で僕と友達の共通の友人でした。歌手のhitomiに
よく似ていて、性格もよく、かなりのレベルでした。
まだ子供もいませんのでスタイルも抜群です。去年の夏に4人で海に
行った時にそのスタイルは確認済みでした。特に、胸の谷間と「くびれ」が
たまりません!(^ ^;) 何度もやりてぇぇ!!って思ってました。
昼間はスキーを楽しんで、夜は酒を飲みながらワイワイとやってました。
冬だというのに、奥さんはミニスカートをはいていて、座敷で飲んでいた
ものですから、たまに奥さんの足が開いてパンティが見え隠れしていて
ひそかに勃起してしまっていました。友達が羨ましいなぁ〜と思いました。
「うぅ〜 ○○のヤツ!毎日あそこに入れてるんだろうなぁぁ〜」ってね。
宴もたけなわで、そろそろお開きということで、それぞれ部屋に戻りました。
僕の奥さんはかなり酔ってしまったようで、すぐにスヤスヤと寝てしまいました。
仕方ないなぁと思い、僕は風呂に入りに行きました。

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年4月6日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】母は家庭教師【体験実話】

高校受験を真剣に考えるようになって、頭の良かった母は、家庭教師代わりに
僕に個人指導。
わからないところを訊ねると、後ろに立って丁寧に教えてくれる。
柔らかいおっぱいが背中に当たっても、彼女は平気な顔。
当たり前といえば当たり前だけど、おかげで僕は勉強になんか集中できなかっ
た。
隣に座りながら勉強を教えてもらい、わからないところを鉛筆で指していく
と、ぐいっと身を乗り出してきて、参考書の文字を目で追っていく。
開いた胸元から、ブラジャーがわずかに見えて、それが見たくて何度も、参考
書に線を引いた。
落とした消しゴムを探す振りをして、スカートの中をのぞいていたら、しっか
りとばれて、頭をコツンとやられる。
「減るもんじゃないんだから、見たっていいじゃん!」
唇を尖らせたら、その唇を思いっきりつねられた。
さすがに外では気がひけるらしく、そんな姿は見たこともないけれど、家の中

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】マキを狙うやつら vol.1【体験実話】

俺の名は、市川孝敏(いちかわ たかとし)17歳。
現在、商業高校に通う高校2年生だ。
俺には、妹が1人いる。
現在、15歳の中学3年生で、芸能人に例えると掘○真希に似ているのと思う。
ということで、今後は、妹の名は、マキ(仮名)とする。

ある夏の日の・・・

俺もマキも夏休みに入った。
しかし、お互いにすることが無く暇を持て余していた。
俺はバイトも部活もしてなくて、彼女も現在はいない。(過去にはいた。ちなみに非童貞)
マキは受験生で、友達はみんな受験地獄の真っ只中。
マキの志望高は、俺の通ってる高校で、マキの学力なら楽勝ということもあって、あまり受験勉強にも身が入っていないようだった。

俺は自分の部屋で、最近出たばかりのムック『月刊 新○結衣』を見ながら、期待はずれと思いつつ、モンモンとした時を過ごしていた。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【近親相姦】母と姉と【体験実話】

僕の母さんは今41才、10年前に酒乱の父の暴力に耐えかねて13才の姉と10才の僕を連れて離婚しました。母さんの実家は伯父さん夫婦と従兄弟がいるので戻れません。母子3人で2DKの狭いアパートに住み、母さんは昼間はスーパーでパート、4時に終わってすぐ夕飯の支度をして、夕飯がすむと8時にははスナックでアルバイトのため出掛けていきます。その為疲れるのでしょう日曜日は朝11時くらい迄寝ています。子供心にもこんなに働いて大丈夫?と心配したものでした。5年程たって母さんが懸命に働いてくれたお陰で姉は高校を出て看護学校に入り看護助手として病院勤務をするようになりました。

時々夜勤があり、朝10時頃に帰ってきたりします。僕は母さんの望み通りの地域では一番の進学高校に入ることが出来ました。母さんはとても喜んでくれ合格発表を見て家に帰って報告すると喜んで僕をギュウっと抱きしめてくれたんです。その時母さんのオッパイが僕の胸に押し付けられてとても感じてしまったんです。それまで母さんのオッパイなんて全く意識がなかったんですが、それ以来母さんに女を意識し始めて特にオッパイをじっと見るようになっていました。意識して見る様になると、母さんのオッパイはとても魅力的です、大きすぎず、小さくも無く、ブラのせいもあるでしょうがとても形がいいのです。

なんとかもう一度感じたい、触りたい、吸ってみたいと思うようになり、そんな事を思い続けていて自然にオナニーをするようになっていきました。アパート住む前までは母さんと一緒に風呂に入っていたのですが、アパートの風呂は狭いので自然と1人で入るようになっていたんです。たまたま姉が夜勤の日曜日の夜、僕は勉強を終えて風呂に入ろうと裸になって風呂のドアーを開けたら母さんが入っていたんです。[アッ! 母さん ごめん、母さんが入ってたなんて思わなかった]と言って背中をむけかけた時、[いいわよ 久しぶりに一緒に入りましょ] と言ってニッコリしてくれたんです。

[でも 狭いからいいよ、後にする] [いいから、母さん今から体洗うから入りなさい] と言って立ち上がったので母さんのピンクに染まって輝くような全裸を見てしまったんです。ブラをしてないのに少しも垂れていなくて、想像していた通りの憧れのオッパイです、くびれた腰の割りにボンと張ったお尻、すぐ下に薄めのオマンコの毛が、一瞬で見て、オオー母さん綺麗だよと思いました。すぐにチンポが大きくなり始めたので慌てて、母さんに見られない様に手で隠すようにしてザットお湯をかけ飛び込むように肩までお湯に漬かっていました。体を洗っている母さんを横目で見ていると、タオルを使うとオッパイもユサユサと揺れていて、それを見ている内にますますチンポは固く大きくふくらんでしまい痛いほどです。

やがて洗い終わった母さんが[たかちゃん ちょっと横を空けて] と言って浴槽に足を片方入れ様としたので、僕が母さんの開いた股を見上げる様な感じになり、お湯?がしたたっているオマンコがモロに見えてしまいました。お互いに膝を抱えるようにしてお湯に漬かっていると目の前にはオッパイ、目の奥には今見た濃いピンクの開いたオマンコがありで僕の心臓はバクバクです、少し息も荒くなっていたようです。母さんは僕の様子を見て?と言う顔をしちます、

そして[あっ もしかして母さんの裸見て感じた? アラ オチンチン大きくなってる、そうかあ たかちゃんももう16才だもんね、女の裸見て感じなきゃ変だもんね 母さんを見てオチンチン大きくしてるなんて、母さん嬉しいな、女と見てくれてるんだ] 僕は恥ずかしくて何も言えないでいると母さんは[それにしても たかちゃんのオチンチン大きいねえ お父さんより大きいみたいよ こりゃ将来女を泣かせるかもね 母さんもう出るからね よく洗っておいてよ] なんて意味の分からない事を言って出て行きました。

僕はもう大興奮ですぐに洗い場でチンポを擦るとあっと言う間に大量のザーメンが洗い桶めがけて飛び出したんです。やっと収まったチンポをボディーソープで洗っているとまた少し勃起しだしたのでやめて体を拭くのもそこそこでパジャマ代わりのジャージを着て居間に行くと母さんがパジャマを着てコタツ入っていました。[ねえ たかちゃん 聞いてね 離婚してからもう5年過ぎたでしょ 母さんその間一度もHしたいなんて思わなかったわ でもさっきたかちゃんの大きいオチンチンを見てたまんなくなっちゃったの、母さん今とってもHしたいのオマンコしたいの たかちゃん 母さん見て大きくしてくれたじゃない母さんとオマンコしてくれない 母さんじゃいや?]

[いいよ、いいよう 僕母さんとやりたい ずっと母さんとオマンコしたいって思ってて、母さんのこと思って自分でやってたんだもん][そう 母さんのことそんなに思っててくれたの 早く気がつかなくてご免ね。たかちゃんもう経験あるの?][ううん ないない 初めてするのは 絶対母さんだって決めてたから][うわ〜嬉しい たかちゃん 好きよ 大好き 母さんが教えてあげるね キスして オッパイも吸って] と言ってパジャマをパッと脱ぎ、また母さんの裸を見ることが出来ました。僕も裸になって炬燵の中に足だけ入れた状態で母さんは僕の上に重なってネットリとしたキスを10分位も続けて、

体験実話集関連タグ

||||||||||

2014年4月4日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ