【人妻】表裏【体験実話】

私はあるサークルで妻と知り合った。
妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際を申し込んだ。
妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか性的に問題があるのかとさえ思った事もある。
その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスを強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信など無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した。
すると意外にも初夜では拒む事無くスムーズに終わり、妻が処女だった事にも安心して今まで拒んでいた理由を聞くと、信じられない事に「結婚して、子供が欲しいからという目的があれば良いけれど、そうではなくて、ただ本能を曝け出すだけの行為は、恥ずかしくて出来なかった」と言う。
その後も私が誘えば拒否する事も無く、子供もすぐに出来たのだが、何年経っても妻はあくまでも受身で何もせず、私が覆い被さる体位以外は嫌がって受け付けない。
そのような妻は、他人からもセックスとは無縁に見えるらしく、家で友人達と飲んだ時に「子供が一人いるという事は、優子さんも、最低でも一回はセックスをした事になるよな」とからかわれたほどだ。
確かに妻は、拒みはしないが好きな方では無かったと思う。
おそらく自分を全て曝け出す事が恥ずかしくて、楽しむどころでは無かったのだろう。
そんな妻が変わり始めたのは、35歳を過ぎた頃からだ。
その頃娘が自分の部屋で眠るようになった事も大きかった様だが、徐々に感じ方が激しくなり、言葉には出さないものの色気のある下着を着けるなどして、遠回しにではあるが妻からも誘って来るようになる。
おまけにどの様な体位も拒まなくなり、私もその様な妻の変化が嬉しくて、妻の要求には全て応えていたが、半年もして娘が小学校に上がった頃には、生理の時以外毎晩のように迫られるようになり、5歳上の私には流石に毎晩は応えられない。
「あのー・・・・・・言い難いのだけれど・・・・・・」
「夫婦じゃないか。何でも言ってみろよ」
「アダルト・・・ビデオを・・・・・・」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月19日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】母娘【体験実話】

「康さん、やっと一緒に暮らせるのね。」
「美佐、長かったけどやっと夫婦になれたんだよ。」
康と美佐はお互いバツいちであったが康が出入りする会社の事務員として働いていた美佐にアプローチしたのだった。
美佐には20になる娘のめぐみがいたが人なつっこい性格の康に嫌悪感も抱かず、母親の結婚に賛成してくれた。
 「これからはお父さんって呼ばなきゃね!」
めぐみは愛くるしい笑顔で康を見つめる。
栗毛色の髪が光り、母である美佐に負けない健康美にあふれたしなやかな身体が印象的だ。
 (これから楽しみだな…)
人を和ませる笑顔の裏に陵辱の一面があることをそのとき母娘は知る由もなかった。
「さあ、お祝いに乾杯しましょう!」
美佐が二人をダイニングに招きワインを注ぐ。
「じゃあ、三人の新しい人生に乾杯!」
康はにこやかに二人のグラスを合わせる。これまでの苦労話やめぐみの幼少時代の話に花が咲き。
三人はみんな顔を赤く染め、気がつくと23時を回っていた。
「ん?めぐみは明日学校だろ?そろそろお開きにしようか。」

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月18日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】この夏の出来事【体験実話】

海の日の前日に嫁の父親が骨折して嫁が病院に看病に行くことになりました。
海の日は子供会で市民プールに行くことになっており、嫁が行けなくなったので私が代わりに子供を連れて行きました。
バスに乗ると子供は友達と座ったため、私は1人で座っていました。
そろそろ出発の時間にギリギリ間に合った親子がいました。その子供も友達の所に座ったのでお母さんが
「となりよろしいですか?」
と言うので
「どうぞどうぞ」
と言い座ってもらいました。
色々話をしているとそのお母さんは若林さんと言う私と同じ36歳でバツイチでした。
とても素朴な普通の奥さんです。
旦那の暴力で別れて6年だそうです。
そしてプールに着き、水着に着替えてプールサイドのイスに座っていると若林さんが水着に着替えて現われると私は若林さんに釘付けになりました。
普通体型と思っていたのですがすごい巨乳でワンピースの水着から飛び出しそうな乳房で前屈みになると迫力のある谷間が見えて膨らみの上の方にあるホクロもそそります。
プールに入っている時も若林さんの胸ばかり見て子供そっちのけでした。
若林さんが

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【人妻】スポ少の合宿で  (2日目)【体験実話】

その日の、午後3時位に宿舎に向かう事になった。
妻は、寝室で着替えていた。
妻 「何着ようか?」
私 「ワンピース良いんじゃない!前ファスナーの可愛いのあったよね」
妻 「あ~この間買ったやつ」
私 「そうそう!あれで決まり」
妻 「ちょっと短いんだよね。屈むと見えちゃうし」
私 「若さの特権!今しか着れないよ
妻 「そうかな?パパがいいんならそれにする!」
私 「下着もTバックの透け透けがいいなぁ」
妻 「何考えてるんだか!」 そう言いながらも,Tバックを用意していた。
合宿所に行くと、まだ子供達はグランドで練習していた。
俺達もグランドに向かい、他の親に挨拶して回った。
そんな中、ニヤけているお父さん3人の姿があった。間違いなく期待する目だった。
「今日も泊まる事になったんです」

体験実話集関連タグ

||||||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:人妻との体験実話

【近親相姦】尿道炎【体験実話】

俺には中3と中1の娘がいます。
半年ぐらい前の日曜日だっと思います。部活から昼下がりに家に長女が帰ってきたとき
「お父さん、病院いきたい」というので「どうしたんだ?」っと風邪でもあるまいと。
「おしっこすると痛い」というんです。けっこう我慢してたみたいで、「ちょっと見せてみろよ」
というと「絶対いや」と娘。「ええやないか」と俺。
もう何年も娘の裸は見てないけど、正直、そんなエッチな感情ではなく、心配でみておきたいと
なんとか説得して、半分強引にパンツを下げて、足を広げてみたんです。
娘のあそこは、母親とそっくりだなと。毛の生え方も似てるし、まだ処女膜はついてました。
性病ではないだろうと。ちょっと安心しました。
安心したのか、俺の下半身は勃起してしまった。
その後、病院に連れて行ったら、診察は尿道炎ということでした。
帰りの車のなかで俺が「きたない手でさわるからそうなるんやで」と
「。。。。」娘は顔まっかにしてました。思い当たることがあるんだろうと直感でわかりました。
「お前も年頃だから、自分でさわることもあるだろうし、別に悪いことでもないけど」
とフォローのつもりで言ったんだけど図星だなと。。。。

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年7月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【寝取られ】妻の初体験スレよりコピペ抜粋【体験実話】

371:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:投稿日:2009/09/0513:37:34
妻「今度、誕生日でしょう。何か欲しいものある?」

オレ「お前の処女がほしい・・・・・」

一週間、口をきいてくれません。

39名前:ほほほ投稿日:2000/12/02(土)12:53
 中国に、死後、三途の川を渡るとき、女性は最初に契りを交わした男性に背負われて三途の川を渡り、
黄泉の国では、男は女性を背負い、女は背負っている男性を慈しみ、協力しあって暮らしていかなければならない、
という昔話があるそうです。

 男性はむやみやたらに処女の人とやっちゃうと、たくさんの女性を背負わなければならなくなり、

体験実話集関連タグ

|||||||||

2014年7月12日 | 体験実話集カテゴリー:寝取られの体験実話

【浮気・不倫】★ごめんね、と、がんばって、の狭間で★【体験実話】

私は妻と子供が1人いる29歳で、彼女は同じ29歳で子供は2人です。
私は結婚して4年目になりました。彼女は結婚9年目だそうです。
出会いは1年前に私が働いている会社に彼女が派遣社員として入ってきた事でした。
席も近く年が同じという事もあって、すぐに仲良くなりました。休み時間に一緒にお茶
を飲んだり、たまに昼飯を食いに行ったりと普通の友達といった感じでした。

ですが、3、4ヶ月ほど前の事です。彼女は急に一週間ほど会社を休みました。
「子供が病気になった」と言っていたそうですが、この頃の子供にはよくある事なので
あまり気にも止めていませんでした。
そして彼女が出社してきた日の昼間、お茶室にコーヒーを入れに行くと彼女が
お茶室のシンクを掃除していました。
「子供、大変だったね?」「え?・・・ええ」何か奥歯に物が挟まったような感じです。
私は不思議に思って「何の病気?おたふく?水疱瘡?」「え?・・・うん、おたふく」
何か上の空で話をしている感じでした。「・・・何かあったの?」「・・・・・・」
彼女は何も言わず黙って行ってしまいました。

体験実話集関連タグ

||||||||

2014年7月9日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【近親相姦】僕は太田達也、小学五年生…【体験実話】

僕は太田達也、小学五年生。
夏休みの間、田舎のおばさんの家に預けられる事になったんだ。

おばさんは、母さんの妹で今年30歳。
それにおばさんの家には、僕より1つ年上の女の子、美代ちゃんがいるから楽しみなんだ。
僕とおばさんと美代ちゃん、この3人で田舎の家で暮らすんだけど、僕は当日からわくわくしながら電車に乗っておばさん家に向かった。

こうやって一人で電車に乗るのは初めて。田舎まで三時間、ちょっと長いかな。でもゲームボーイもあるし退屈しないかな、多分ね。

…7月25日。
僕はお父さんとお母さんに見送られて電車に乗った。
僕の家の近くの駅から大きな駅に行って新幹線に乗って……それからまた乗り換えて田舎の小さな駅に行く。そこにおばさんが迎えにくるんだ。
この田舎の駅からおばさんの家まで車で1時間以上、朝から家を出ても昼過ぎになるんだ。
電車を何回も乗り換えて田舎の駅に……何にも無い駅前。かろうじてあった自動販売機でジュースを飲みながら待っていると、見覚えのあるRV車が駅前にやってきたんだ。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月8日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

【浮気・不倫】28歳、Fカップ、地味でおとなしめの奥さんと(完全版)【体験実話】

<>333:名無しさん@ピンキー:2008/02/05(火)00:28:36ID:emfV+Hdn<>
ああ…こんなスレ探してたよ。

どっちかというと地味でおとなしめの奥さん、俺とは本の趣味とかドンピシャ合うので、妻の目を気にしながらも良く話しをしてた。
うちのとはママ同士が仲良しで、いつも母娘で遊びに来てた。ダンナは仕事ばっかりしててほとんど家に帰らないので、家事とストレスとで大変だったらしい。
俺おっぱい星人なもんで、普段は視線が奥さんの胸に行かないよう妙に努力してたけど、すきあらば、服を押し上げる巨乳をチラ見して楽しんでた。
ある冬の夜中、寝られなくてベランダにタバコ吸いに出たときのこと

<>335:名無しさん@ピンキー:2008/02/05(火)00:30:48ID:emfV+Hdn<>
うちの団地、大きな団地で部屋数も多かったが、平日の夜中とあってほとんどの部屋の電気は消えてた。
一軒だけ、うちと同じ4階で、浴室のオレンジ色の窓明かりがついてるとこがあった。これがその奥さんの家。ん?と、つい目が行く。
曇りガラス越しでもはっきり見える肌色のシルエット。なんと奥さん、風呂ん中で立ちバックでセクスしておるわけだこれが。
奥さんってば後ろから入れられてるのに、自分で腰ふっておられたのですよ。(腰から下は見えないんですけどね)
…夜中とはいえ煌々と電気つけてお風呂エッチなど、普段の奥さんからはとても信じられないことだった。ベランダに乗り出して凝視したよ。

体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

【浮気・不倫】私の彼【体験実話】

私は43歳の主婦です。
今日、主人には友人と遊びにいくと嘘をついて、
彼のところに行ってきました。
彼との関係は2年間になります。
彼はこの春から大学生となって遠い町で一人暮らしを始めた
ばかりです。
彼とは、彼が高校2年の時からの関係です。
それから2年間、ほぼ毎週のようにセックスしていましたが、
この1ヶ月間は当然ですが会えなくなり、どうしても我慢が
できなくて、今日会いに行ってしまいました。
もう少し待てばゴールデンウィークになって帰省する彼と
会えることは分かっていたのですが、我慢できませんでした。
それだけ彼と過ごした2年間で、私が彼なしでは生きていけない
女になってしまったということなんでしょうね。
初めてしたのは自宅のリビングでした。

体験実話集関連タグ

||||||||||||||

2014年7月5日 | 体験実話集カテゴリー:浮気・不倫の体験実話

このページの先頭へ