【恐怖】塔の上のアインスト•シュヴィツア 【体験実話】

アインスト#8226;シュヴィツア

体験実話集関連タグ


2015年7月20日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】LINEによるママ友いじめ 【体験実話】

 栃木県の南西部に位置する佐野市の中心部から車で30分ほど行ったところに、白い鉄筋コンクリート造りの小学校の校舎がある。山が間近に迫り、田畑が広がるのどかな一帯には、昼間は子供たちの遊ぶ声が響く。児童は一学年10〜15人程度で、全校でも70人ちょっとという小学校だ。

 そんな小さな学校を揺るがす“事件”が今年の4月、立て続けに起きた。1週間の間に、在籍する児童の母親2人が相次いで自殺したのだ。発端は4月16日、小4の娘を持つA子さんが亡くなったことだった。

「A子さんが首を吊っているのを見つけたのは娘さんでした。娘さんは特殊学級に通っていて、本当にかわいらしい子。その子が自分で救急車を呼びました。だけど、A子さんの家は山の中腹にあり、道も細く、救急車が道に迷ってしまった。娘さんは泣きじゃくりながら家の下の大きな道路まで下りてきて、救急車を待っていました」(近隣住民)

「お母さんが…お母さんが…」。声にならない声で泣きじゃくりながら助けを求める幼い子供に静かな街は騒然となった。

 A子さんの葬儀には、子供が同じ学校に通うママ友のB美さんが参列していた。A子さんとB美さんはママ友の中でも、親友といえるぐらい、何でも相談できる仲だった。B美さんの知人によると、A子さんの告別式でB美さんは友人代表としてこう手紙を読んだという。

「私がAちゃんの代わりになって子供のことを守ってあげるからね」

 だが、その約束は果たされなかった。A子さんが亡くなった1週間後、B美さんも自ら命を絶ったのだ。

「B美さんは男の子3人、女の子1人の4人の母。PTAの活動にも積極的に参加する、子供好きの活発で、きれいなお母さんでした。葬儀では、娘さんがお小遣いの1000円札を握りしめて火葬場の職員に“これをあげるからお母さんを焼かないで”と泣いていました。見ていて本当につらくて、つらくて…」(前出・B美さんの知人)

体験実話集関連タグ

|

2015年7月19日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【体験実話】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>
ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは

■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」
《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》

2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を
追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。

「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど
入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。
私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」

初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に
魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた

体験実話集関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】幽霊の掟 【体験実話】

「痛っ」
ドンッと背中を押され僕は前のめりに崩れ落ちた。

「っと、何するんだよ!さち・・・・・・さち?」

振り返ると、そこには粉々に砕け散った植木鉢と横たわったさち。
そしてそのさちの真っ白な身体を包み込むように広がっていく真っ赤な鮮血。

「よかった。怪我ない?」
そういってさちは震える口角をゆっくりと緩めた。

「なんなんだよ!おまえ幽霊だろ!なんで幽霊のお前が血流してるんだよ」

そう、さちは僕にとりついた幽霊だった。
いつも僕の背中越しに僕をからかっては喜んでいた。

体験実話集関連タグ


2015年6月7日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】ブランド腕時計 【体験実話】

ブランド腕時計
ブランド腕時計、雑貨、小物、クロエなどの最新作!
★2015年人気新素材入荷ルイ?ヴィトン財布専門サイト問屋
★2015年人気腕時計ロレックス新素入荷
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
A/S/SS/N品質シリアル付きも有り付属品完備!
100%品質保証!満足保障!
リピーター率100%!☆*..:
当店商品:送┃  料┃  無┃  料┃

体験実話集関連タグ


2015年5月14日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】【北海道新聞セクハラ怪死事件】北海道新聞社員、函館支社の嘱託看護師に「愛人になれ」と体触り暴行!→看護師、自宅の火災で死亡!→女性の両親が北海道新聞男性社員2人を告訴 【体験実話】

<>1:マカダミア★:2015/05/07(木)19:16:46.73ID:???*.net<>
北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、
女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を
北海道警函館中央署に告訴した。

告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=
当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。

父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に
自宅の火災で死亡した。

北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、
今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。

;

体験実話集関連タグ

|||||||

2015年5月11日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】母との初体験 【体験実話】

ブランド激安市場|

ブランドスーパーコピー財布

ブランドスーパーコピーバッグ、財布、時計。

人気ブランドバッグコピー財布コピー、ルイヴィトン財布激安。

ブランドスーパーコピー,ブランドスーパーコピー商品、

ブランドコピー財布、偽物バッグコピー財布コピーN級品、

ブランドスーパーコピー商品、グッチ財布コピー,ミュウミュウ財布激安。

ブランドスーパーコピー銀座、ブランドスーパーコピー財布。

体験実話集関連タグ


2015年5月5日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】危険地域のテロ被害「責任は本人にある」83% 【体験実話】

読売新聞社の全国世論調査で、
政府が渡航しないように注意を呼びかけている海外の危険な地域に行って、
テロや事件に巻き込まれた場合、「最終的な責任は本人にある」とする意見についてどう思うかを聞いたところ、
「その通りだ」が83%に上り、「そうは思わない」の11%を大きく上回った。

「その通りだ」とした人は、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応を「適切だ」とした人の90%に達し、
適切だとは思わない人でも73%を占めた。
支持政党別にみても、自民支持層の88%、民主支持層の81%、無党派層の79%が「その通りだ」としており、「最終的には自己責任」の考え方が、広く浸透している。

 一方、海外で日本人がテロの標的となる可能性が「高まった」と思う人は81%を占め、「そうは思わない」は14%だった。

体験実話集関連タグ


2015年2月9日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】変なのに憑かれた 【体験実話】

深夜、新興分譲住宅の一室で智子は飛び起きた。半分反射的に時計を見る。『2:40AM』…また悪夢を見た。胸のドキドキが収まらない。パジャマ代わりのTシャツの中を変な汗が伝うのを感じる。
三浦智子16歳。地元の私立女子高通う普通の女子高生。…先月まで中学生だったけど―。
最近毎日この調子。3時ちょっと前に悪夢で目が覚める。あいつが来てから…。

智子は高校の心霊研究会に所属している。中学では吹奏楽とテニス部を掛け持ちして活躍していた智子。智子の中学時代をよく知る先輩から誘われての体験入部でどちらもすぐにあきらめた。中学とはレベルが違うのだ。
こういうあきらめは良いほう。物心ついたころから剣道・ピアノと親の欲目を押し付けられた智子は努力にも限界があることをよく知ってる。
だけど、とにかく先輩たちがしつこくて、帰宅部を選択する余地はなかった。なので一番暇そうな部活を探したわけだ。そこに渡りに船で中学からの親友、高橋由佳に誘われたのが心霊研究会。レギュラー争いとかそういうのはもう御免だった。文化部ならそれもないだろう。なにより、昔からいわゆる「見える」体質だったので興味があった。本当に軽い気持ち。
ところがこれが間違いで、結構ガチで度々智子の顔をひきつらせた。海外の論文を翻訳する部門、心霊スポットに突撃する部門、一般生徒の心霊関係の相談に乗ったり、心霊写真の解析を行ったり。ときには交霊術を行ったり。

そんななか、智子はこいつと出会ってしまった。むくっと上半身を起し、そいつが居るであろう場所を見る。
暗い部屋がテレビの明かりで照らされている。智子のベットの足元に腰掛けている毛むくじゃらの物体。本当に髪の毛で全体を覆ったようなおぞましい姿。
「やっぱまだいるか」声に出してみるけどそいつは無反応。暗闇の中で点けっぱなしのテレビ画面を凝視している。

部屋にこんなのが居たら、家族も黙っていないはずなんだけど、どうやらこいつはあっち側の存在らしく、今のところ私以外には見えていないみたいだ。私は勝手にモコと名付けている。名前がないと怒りをぶつけるにしても呼びようがないので。もちろんもろ見た目からとった。5秒で思いついた名前。

体験実話集関連タグ

|

2015年1月21日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話

【恐怖】調査結果 【体験実話】

何時だったか図書館でレポート書いてたとき、
煮詰まって嫌になってきたんでぜんぜん関係ない
学部の本棚を何気に見てたのよ。

「鯖街道と琵琶湖水系」って本だったと思う。
その中の一枚の写真に折り目がついてて、右肩の余白に
「21時〜5時までの車両数:4」
「民家なし」
とかいろいろ書いてあって、そんときはなんかの調査にでも行ったのかなぁ
位にしか思ってなかったけど、バス釣りのポイント探しに使えそうだったので
借りて帰りました。
その数日後、女子大生の遺体が発見されたというニュースが流れたんだけど、
その写真の場所だったんだな。当然びっくりしたけど、それだけ。
その本も返したし、何てことないと思ってたの。

体験実話集関連タグ



2015年1月9日 | 体験実話集カテゴリー:恐怖の体験実話
1 / 16012345...102030...最後 »

このページの先頭へ