【近親相姦】真夏の夜の夢[22]【体験実話】

カテゴリー:近親相姦の体験実話
tag:


 マサルのそれの先端は小さな宝石を乗せたかのようにきらきらと輝く。かなり濡れてきているようだった。
それは私が指を動かすたびに微かにクチュ、クチュと官能的な音をたてる。ミサキも私も身を乗り出しその先
端に見入っていた。ミサキの手はタマから離れ、太ももの内側へと滑り込んでいく。マサルは少し腰を宙に浮
かすように反り返ったり、そうすると思うと引いたりした。頭をしばし左右に動かすこともある。よく起きな
いな……、そう思ってもしかたがなかった。マサルの快感は体全体で表されていたのだから。
「マサル動きまくり……」、ミサキは呟いた。
 それを小刻みに動かす指にも湿り気を感じる。細くそり立つ棒の裏側から先端に蓄えられた汁が流れだして
いた。クチュ、クチュ……。私はもう一方の手の平でタマを包み込み、中身を確かめるようにそっとなでる。
クチュ、クチュ……。額から流れる汗が眼に入り視界が霞む。それでも私は両の手を休めることはしなかった。
もう少し……、もう少し……。
 もう私の二、三本の指はベトベトに濡れていた。マサルの汁……、私はマサルの顔を眺めた。前髪は汗でぐっ
しょりし額に張り付いている。その隙間から少し薄すぎる眉毛がへの字を描いている。八重歯の覗く口からはも
う絶えず「はぁ、はぁ」という息の音が聞こえる。鼻の上にはわずかに水滴が見える。こんなに幼い子もここま
で感じるものなのか……。
 クチュ、クチュ……。マサルのそれはもうツルツルとして手から滑り落ちてしまいそうなまでに濡れていた。

滑らないように掴む指に力を込める。それと同時にタマをなでる手もそれを強く揉んでいた。クチュ、クチュ…
…。その時だった、タマがわずかに上に持ち上がる感じがし、棒がビクンと振動した……。そして、先端からは
トロリと白い液体が垂れ出てきたのである。


体験実話集関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

【近親相姦】真夏の夜の夢[22]【体験実話】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


寝取られ体験実話集 前後のページナビ!

2017年12月29日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ