【近親相姦】年下の姉、、策略【体験実話】

カテゴリー:近親相姦の体験実話
tag:


俺は、2人兄弟で、大学2回生だ。母子家庭だが、兄貴とは、
13歳離れている。この度、母が他界して、新婚の兄貴が、実家を相続して、3人暮らしが始まった。
兄貴は、予備校の講師で、去年自分の生徒だった。
予備校生、千明と結婚した。年下の姉が、出来た訳だが、兄貴には、悪いが、千明さんとか、姉さんとか、呼ばべず、千明なのには、理由がある。千明は、俺の後輩で、高校時代に彼女持ちの、俺に付きまとっていた女だからだ。兄貴から、驚くぞと、婚約者って紹介された時は、表向きは、平静を装ったが、内心は、千明への、猜疑心で、一杯だった。 兄貴夫婦は、下で俺は、2階 で生活した。
入試シーズンが近くなり。兄貴の帰宅が、遅くなりはじめた。俺は、なるべく、遊んだりして、千明と2人になる時間を減らしていたが、バイトの金が回らなくなり、仕方なく、早く帰宅した。千明は、サークルが忙しく、バイトする暇がないトホホだな(苦笑)。千明は、背中流そうかとか、
ここぞとばかりに、風呂は覗くし、薄着で、歩きまわり、誘惑する。
部屋に鍵をして、なるべく、出ない様にしてる、
すると、千明は、強行策に出てきた。トイレや風呂は、無防備だから、
例えば、トイレのペーパーをなくして、呼ぶのを待ち、
ドアを最大限開き、俺の制止を聞かずに、凝視しする。こんな行為が、逆効果だと気付かないのか。会話すらなくなる。(千明は話しかけてくるが無視してる)
千明は、腹を立て、裸で、風呂に侵入してきた。
いくら、嫌いな女でも、健康な大学生が、ルックスは、Aクラスでナイスボディの全裸の女に、欲情しない訳がない。
初めは、我慢したが、千明は、股を開き、AVさながらの指マンをする。
我慢できるかってーの(苦笑)
2人は、肉体関係に陥り、兄貴の目を盗み、千明の要求に、身を任せた。入試シーズンが、終わり。夏に、

テニスサークルの合宿に 行く。サークルでは、ほとんどが、カップルで、俺と、短足ゴリラ君とメガネブスと、ガリ勉ちゃん、楽しくなりそうだな(苦笑)。すると、兄貴が、出張と合宿が重なるので、千明を合宿に、参加させてくれと、千明は、結婚で大学を諦めたからせめて、大学生の体験をさせたいと。心の中で、千明は、違う体験するぞって、叫んだ。拒むのも、変だから了承した。
合宿で、千明を紹介する時、俺を、制止して、後輩って自己紹介した。嫌な予感が、頭をよぎった。

合宿中の、体験はまた、次の機会に


体験実話集関連タグ

|||||||||||||||

【近親相姦】年下の姉、、策略【体験実話】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


寝取られ体験実話集 前後のページナビ!

2014年11月13日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ