【近親相姦】堕ちていく、私、【体験実話】

カテゴリー:近親相姦の体験実話
tag:


私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。
義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。
あの夜までは、
ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、
(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。
ヌポッて音をたてて引き離され。
輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。
義父の為なら、
これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。
はやくから、
家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。
ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、
パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。
就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、
不の連鎖かな、

ダメンズばかり、やっと今の彼氏はまともで・・・、
私の開花は、この頃だった。
公園で彼氏と、待ち合わせ中に、トイレに入りました。うぁあっ、凄い落書き・・・エロい落書きに、用を済ませても、読みふけってた、
隣の個室の落書きも気になってたら先客が入った。
しばらく待つが、出ていかない。
すると、コンコンってノックが、ドアが開いて、んっ、キスの気配だ。
こんなところで興奮しましたが、聞き耳をたててた(肉便器使ってぇ)(ケツマン、トロトロだぞっ)、
まさか、男と男なのぉ〜。でも、私・・・聞きながらオナってた。
セックスが終わって、話してる。
投稿雑誌が何とかかんとか、
隣に入ると、ティッシュが散乱。
それと雑誌だ。
(この頃は、まだ携帯はアナログで、インターネットなんて知られてなかった)。

次はまたね。


体験実話集関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【近親相姦】堕ちていく、私、【体験実話】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


寝取られ体験実話集 前後のページナビ!

2014年10月15日 | 体験実話集カテゴリー:近親相姦の体験実話

このページの先頭へ